スマートフォン2020年9月に発表されたApple新製品を専門家が解説!

2020年9月に発表されたApple新製品を専門家が解説!

2020年9月、アップル恒例の新製品発表会が行われました。AppleWatchやiPadの新モデル、新サブスクと発表会はなかなかのボリューム。ということで、雑誌『家電批評』がAppleの新製品ニュースをお届け! 専門家に率直な感想を伺い、Appleの新製品を解説してもらいました。

今回は、「iPad 第8世代」「Apple One」をご紹介します。

スマートフォン頭脳は一新でボディそのまま「iPad 第8世代」

頭脳は一新でボディそのまま「iPad 第8世代」

iPad 第8世代
実勢価格:
Wi-Fiモデル/3万8280円~
Wi-Fi+Cellularモデル/5万4780円~


サイズ・重量:W174.1×H250.6×D7.5mm・490g(Wi-Fi)、495g(Wi-Fi+Cellular)
チップ:A12 Bionic
画面サイズ:10.2インチ(2160×1620ピクセル)
ストレージ:32GB、128GB
カメラ:8MPカメラ、1.2MP FaceTime HDカメラ
スピーカー:2基
Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac、デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)、MIMO対応HT80

無印iPadは「第8世代」となりましたが、基本的には前モデルを踏襲して中身がパワーアップ。外観はほとんど変わらずで、カラーバリエーションもシルバー・スペースグレイ・ゴールドの3色。ホームボタンも健在で、接続端子もLightningのままです。

ただし、チップにはA12 Bionicが採用され、こちらも前モデルより40%もパフォーマンスが向上しています。さらに、A11から採用された機械学習に特化した「Neural Engine」が初めて無印iPadに搭載されました。目新しさはないものの、低価格なので初めての1台に最適です。

コスパ派必見!圧倒的な価格の魅力

コスパ派必見!圧倒的な価格の魅力

「iPad 第8世代」は、価格据え置きで中身がパワーアップ。iPadシリーズでは相変わらず最安で高コスパなので、初めての1台や子ども用に最適です。

【専門家の率直な感想】iPadはこのままで!

第7世代と価格据え置きでチップ周りが向上したマイナーアップデート。Neural Engine初搭載が最大のトピックでしょう。

小枝祐基 氏
フリーライター
小枝祐基 氏 のコメント

目新しさはないもののこの形で安定しているので、むしろ薄型化などの無理をせずに今後もリーズナブル路線のまま定期的にリリースを続けてほしいです。

▼家族で使う格安タブレットの選び方はこちら! iPad第7世代は?

スマートフォンガチのApple信者は必須!「Apple One」

ガチのApple信者は必須!「Apple One」

Apple One
月額:
1100円/月(個人)
1850円/月(ファミリー)

「Apple One」は、Apple Music、Apple TV+、Apple Arcade、iCloudストレージなど、複数のサービスがセットになっているプラン。最大1230円お得に利用することができます。

【専門家の率直な感想】本当に必要か見極めを!

Appleの4大サービスがセットで1100円。個別契約なら合計2310円なので約半額という価格は確かにお得。

とはいえ昨年開始のApple TV+は端末購入者には1年間の無料提供中で大量解約は避けられないし、Apple Arcadeもまだサービスを広げたい段階なので、人気サービスと抱き合わせたのかなという気も。

小枝祐基 氏
フリーライター
小枝祐基 氏 のコメント

切り替え検討はアリですが、価格と内容に魅力があるか見極めたいところです。

以上、2020年9月に発表されたApple新製品「iPad 第8世代」「Apple One」のご紹介でした。

気になった人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

▼iPadの選び方の基本のき! 初心者はこちら