<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『家電批評』2020年10月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

AV機器“今、アツい家電”は何?読者・識者・家電好き芸人にアンケート!

ネットを疑う家電購入ガイド『家電批評』では、毎月、数多くの家電を検証・紹介しています。しかし、別ジャンルで注目している家電や、改めて使ってみたら超便利だった以前の製品などはなかなかフォローすることができません。

そこで、いつもご協力いただいている識者の方々だけでなく、家電好きの芸人や読者の皆さま、総勢405人からアンケート調査し「家電・デジタル総選挙」を実施! 「これで暮らしを変えました」「とにかく誰かにオススメしたい」という気持ちで一票を投じてもらい、「今、アツい家電」をピックアップしました。

AV機器“家電好き芸人“ユウキロックさんが推し家電を語る!

現在ピン芸人として活動しているユウキロックさんは、幼少期からおもちゃ屋に行く感覚で家電量販店に通っていたと言います。「いつか自分で金を稼いで家電の大人買いをしてやる……!」という野望を燃やしながら育ったんだとか。

そんなユウキロックさんが、今回ゲキ推し家電として推薦してくれたのは、さまざまなウイルスを抑制することが知られる次亜塩素酸を生成し、空気を洗浄してくれると話題の家電、パナソニック「次亜塩素酸空間除菌脱臭機 ジアイーノ F-MV4100」です。

なんでも、愛犬のための「いちばん快適な空間にしてあげたい」という理由で購入したんだそう。

ちなみに、ユウキロックさんの愛犬「パンクくん」は1月10日生まれのポメラニアン(9歳)。その愛らしい癒しの姿はInstagram(@yuukirock0416)でご覧ください。

それでは、パナソニック「ジアイーノ」について、深く語ってくれたユウキロック氏の想いをお届けしましょう!

AV機器どんな臭いもすぐ消える!パナソニック「ジアイーノ F-MV4100」

※画像はAmazonより

パナソニック
次亜塩素酸空間除菌脱臭機
ジアイーノ
F-MV4100
実勢価格:13万8980円


サイズ:W398×H710×D240mm
重量:11.2kg
最大適用床面積:~18畳(~30平方メートル)
フィルター寿命:5年

※このモデルは塩タブレット自動投入機能を搭載。コロナ禍の影響で需要が急増し、2020年夏に一時期新規受注を停止していましたが、再開しています。

使用歴:2019年4月に結婚したときに買いました
購入した理由:くさやにも効く脱臭力に惹かれて
お気に入り度:プロレスで言ったら東京ドーム級!


2011年に愛犬のパンクと出会ってから、「パンちゃんが快適に過ごすための投資なら、絶対に妥協しない」がモットー。今、パンちゃんのために自分史上最も家賃が高い家に住んでいます。

ある日、散歩からの帰宅時に、パンちゃんから漂う「森のニオイ」が気になったんです。人より嗅覚が鋭い犬は、僕よりもっと気になっているのではと心配になりました。

AV機器脱臭力に感動!犬用トイレのニオイも一切なくなりました

そこで、消臭機能に特化した空気清浄機を探したんですが、「フィルターで空気を漉す」タイプだとイマイチ消臭できなかったんです。

そんなとき、テレビ番組の家電特集で出会ったのが「ジアイーノ」。塩と水から生成した次亜塩素酸を拡散させるのですが、くさやのニオイまで消えるほどパワフル。それに感動して昨年導入しました。

おかげでパンちゃんの散歩後のニオイはすぐに消えますし、犬用トイレのニオイも一切なくなりました。コロナ禍でジアイーノがなかなか手に入らない時期もあったので、いいときに買ったと思います。

塩タブレット自動投入機能があるから、僕がやるのは水を入れるくらい。空気清浄機に比べると高額ですが、ここでケチるのは考えられないですね。これからも、パンちゃんのために快適な家電を追求していきます!【談】

家電ニオイ効果は実証済み! 脱臭効果は抜群です

新型コロナウイルスの流行で注目され、2020年春からは新規受注がストップするほどだったジアイーノ。過去に雑誌『MONOQLO』編集部でも検証したところ、ユウキロックさんがゲキ押しする通り、その効果は絶大でした!

▼ジアイーノの驚きの脱臭効果がわかった記事はこちら

脱臭効果とともに、部屋中のウイルスを抑制するのがウリ。気になる除菌の仕組みや、期待できる効果についてはこちらの記事で検証しています。これからも注目していくべき脱臭&ウイルス対策家電と言えるでしょう。

▼“ウイルス対策家電”として検証したジアイーノの記事はこちら

家電『家電批評』2020年10月号はこちらでチェック!

家電批評
2020年10月号

「家電・デジタル総選挙」の詳しい結果が掲載された『家電批評』2020年10月号はこちらから購入できます。ユウキロックさん以外にも家電ツウの芸人やプロも愛用品を紹介。ぜひチェックしてみてくださいね。