食品雑貨マンネリ解決!プロ直伝の「とり肉」レシピ&コツ

とり肉は手頃なお値段で、便利な食材。食べやすくてボリュームもあって、食卓によく登場する食材ではないでしょうか。

定番の唐揚げやソテーもいいですが、いつものレパートリーにちょっと飽きたなといいうときは、ぜひプロのアイデアを取り入れてみてください。

話題の料理家直伝のちょっとしたテクや、新しいお店風レシピで、マンネリを解決。とり肉がぐんとおいしく仕上がります。

家族も喜ぶ新メニュー、手軽なのでぜひ試してみてください!

食品雑貨安くておいしいとり肉の三大部位はこちらです!

ご紹介していくとり肉レシピでは、定番ともえる三大部位を使います。それぞれの特徴を活かしておいしく仕上げていきましょう!

その1:ジューシーやわらかな定番のもも肉

脂のりがよく、コクのあるジューシーさが魅力。味がよいのでどんな料理にも使える万能な部位です。

その2:安くてヘルシーなむね肉

クセがなく、あっさり淡泊な味。低脂肪・高たんぱくで栄養価にも優れています。もも肉より脂肪が少ないのでダイエットにも最適。安いのもうれしいポイントです。

その3:コク&旨みたっぷりな手羽元

羽の付け根の部分で、脂肪が少なくやわらかな肉質です。骨からうま味が出るので煮込み料理にもピッタリな部位。お安いのにコクがあって食べごたえも十分です。

それでは今回は、もも肉&むね肉の時短レシピを2種類ご紹介します!

食品雑貨甘酢だれがジュワ~!「とりむね肉de油淋鶏」

まず1つ目のレシピは「とりむね肉de油淋鶏」です。揚げずに簡単で、むね肉だからコスパも抜群です!

もも肉を揚げる油淋鶏は、作るのがちょっと大変なメニューと思われがち。でもコスパのいいむね肉を使って、たれは混ぜるだけ、とり肉は焼くだけで、手軽に絶品油淋鶏が作れちゃうんです!

おいしく仕上げるポイントはコチラ。

プロがおしえる重要ポイント

かたくなりがちなとりむね肉は少しの工夫でやわらかに!
「フォークで刺す」「下味をもみこむ」「片栗粉をまぶす」「火を入れすぎない」ことがポイント。むね肉がしっとりやわらかく仕上がります。

Mizuki 氏
料理研究家
Mizuki 氏 のコメント

簡単・時短・節約を叶えちゃいます!

とりむね肉de油淋鶏の作り方

<材料>※2人分
とりむね肉……大1枚(300g)
※もも肉、ささみでも可
●しょうゆ、マヨネーズ……各小さじ1
片栗粉……適量
サラダ油……大さじ1.5
長ねぎ……10cm
しょうが……1/3かけ
★しょうゆ、砂糖、酢……各大さじ1.5
★ごま油……小さじ1
レタス……3枚

<作り方>
1:たれを作る

混ぜるだけで完成!

長ねぎとしょうがをみじん切りにし、★と合わせてたれを作っておきます。

2:フォークで刺す

ふっくらジューシーに仕上がる!

肉の表と裏を、まんべんなくフォークで刺します。繊維をこわすことで、穴から調味料が染み込みやすくなります。

3:切って下味をつける

下味をもみこんで片栗粉をまぶす

1cm厚さのそぎ切りにし、2~3㎝幅に切りましょう。●をもみこんだあとに片栗粉をまぶします。

4:フライパンで焼く

皮目から焼いていきます

フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、とり肉を焼いていきます。

5:裏返してフタをする

蒸し焼きでパサつきを防ぎます

焼き色がついたら裏返してフタをし、弱めの中火で3分蒸し焼きにします。

6:盛りつける

ラー油をかけてもおいしい!

レタスを太めのせん切りにして器に盛り、5をのせて、1のたれをかけて完成です!

甘酢っぱい香味ダレがやみつきに!

超簡単なのに味がキマる! Mizukiさんのレシピでお料理上手感が出せちゃいます。子どもでも食べられる甘めのタレですが、大人は仕上げにラー油をかけてもおいしいです!

食品雑貨パパも大喜び! 居酒屋気分のもも肉「串なし! 塩焼き鳥」

2つ目のレシピは「もも肉の串なし! 塩焼き鳥」です。おかずはもちろん、おつまみにもピッタリな一品です。

「もも肉の串なし! 塩焼き鳥」の作り方

<材料>※2人分
とりもも肉……1枚(250g)
長ねぎ……1本
ごま油……小さじ2
塩……小さじ1/3
酒……小さじ2
(好みで)わさびチューブ……適量

<作り方>
1:とり肉は3cm大に切ります。長ねぎは3cm長さに切りましょう。
2:フライパンにごま油をひき、1を並べ入れ全体に塩を振ります(塩の分量は守ること)。
3:中火にかけ、焼き色がついたら裏返して酒をふり、フタをして弱めの中火で3分蒸し焼きにします。
※塩の分量を増やさず作り、薄ければ仕上げに足しましょう。

重要ポイント:酒をふるべし!

風味もアップ!

酒をふって蒸し焼きにすることで、ふっくらとやわらかに!

以上、もも肉&むね肉の時短レシピを2種ご紹介しました。

家族が喜ぶほめられレシピを、ぜひ試してみてくださいね。

▼使いやすくてラク! フライパンのおすすめはこちら