キッチンカインズの実力派オリジナルアイテムに注目です!

ホームセンターの「カインズ」がいま超キテるのをご存じでしょうか。

昨今のコロナ禍にも負けず、関東圏や中京圏を中心に全国に220店舗(2020年8月1日現在)を展開。ホムセン業界でトップクラスの売上を誇るのがカインズです。

ここ10年の売上は約30%増加と、とにかく売れているカインズ。その大きな理由は、「オリジナル製品の充実」と「安くてダサいからの脱却」にあるようなんです。

理由1:PB製品が充実!

他のホムセンとの大きな違いは自社製品のヒットがとにかく多いこと。PB製品は約13,000製品もあり、売上の約4割を自社製品が占めるクオリティの高いPBが人気の秘密!

理由2:安いけどデザインも妥協なし!

安さがウリのPB製品は多いですが、カインズではデザインにも力を入れています。海外雑貨のようなかっこよさでさまざまなデザイン賞を受賞。「ホントにホムセンなの?」と驚くようなおしゃれな店舗も登場し、「安いけどダサい」はもはや過去のものです。

ここでは、進化を続けるカインズのPB120製品をテストし、本当にオススメできるアイテムだけをピックアップ。今回は誰でも上手に料理できるミニホットプレートをご紹介します。

キッチンお店気分で楽しめる! カインズのミニホットプレート

カインズ
【Vinte家電】ミニホットプレート
実勢価格:5980円

サイズ・重量:約W310×D230×H175mm(収納時)・約2.9㎏

「ミニホットプレート」は、レトロなモノトーンカラーで安っぽさがなく、温度を無段階で調節できるのが便利です。

キッチン低価格なのに高火力! 料理初心者でもうまくできる

特徴は高火力。熱くなるのが早く、肉も野菜もたこ焼きも絶妙の加減で焼け、プロも絶賛するおいしさでした。平面プレートとたこ焼きプレートが付属しています。

薄手の鉄板だから火がよく通るんです!

大粒たこ焼きが16個も作れます。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

カインズはガス式に負けない高火力なので素早く焼けます。

実はこのパエリア、中年の担当編集が人生で初めて作ったパエリアです。強い火力のおかげで、料理ビギナーでもうまくできました!

キッチンアイリスオーヤマの高評価ホットプレートと比較

過去に高評価だったアイリスオーヤマの「DPO-133」と温度ムラや味、コスパを比較してみました。

アイリスオーヤマ
DPO-133
実勢価格:8778円

アイリスオーヤマ「DPO-133」は両面タイプで、片面ずつ違う料理ができるところがメリット。二面同時に焼けて火力は十分ですが、焼けすぎることも。

過去の検証では「おいしく焼けるか」の点ではベストのホットプレートには及ばないという評価でしたが、収納性と両面焼ける便利さは高評価でした。

温まり速度に違いがありました

▼カインズ
温度ムラ:〇
味   :◎
コスパ :◎

▼アイリスオーヤマ
温度ムラ:〇
味   :〇
コスパ :〇

カインズ:完全ではありませんが、1分30秒で外周まで高温になりました。

アイリスオーヤマ:昇温速度は遅め。左右の鉄板で温まり方が違います。

安いカインズでも味は問題なし!

カインズ:しっかりと焼き色がついて、香ばしさも感じます。

アイリス:火力がかなり強く、肉の脂が多く出ましたが味は合格。

野菜

カインズ:しっかり火が通っているけれどシャキシャキ。

アイリス:火力があるので焦げやすいですが、焼き味は問題ありません。

たこ焼き

カインズ:プレート中央部分は高火力で最高のカリトロ具合に。

アイリス:電気式の一般的なたこ焼き機で作ったたこ焼きと同様、トロトロ感があまりありません。

結果、カインズのホットプレートは高火力がキモで、特にたこ焼きは最高の状態に焼き上げることができました! アイリスオーヤマの低価格モデルと比べて焼き加減は互角かそれを上回りました。

以上、カインズの実力派PBアイテムから、ミニホットプレートをご紹介しました。

デザイン性がありながら実力も十分、価格も抑えられているので手軽においしい料理が楽しめる一台と言えそうです。ぜひチェックしてみてくださいね。

▼おいしさと使いやすさを叶える! ホットプレートを探すならこちら

▼お家で焼肉するなら? おすすめ焼肉プレートならこちら