<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は記事作成時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

後継機の発売で旧世代に……
型落ちなら新品でも格安!

後継機の発売で旧世代に……型落ちなら新品でも格安!

テレビや洗濯機、冷蔵庫など新生活に欠かせない家電。良いものが安く買えると嬉しいですよね。「このまえ出たばかりなのにもう安くなってる」なんて家電に出会ったことはありませんか? そう、「型落ち」は最安の狩り場なんです。

新製品や新モデルが登場したらチャンス到来! 後継機に主役を奪われたモデルたちの実売価格が下がり「底値」に向かっていきます。しかも、こうした型落ち品は在庫処分、在庫一掃という名目でセールの対象にもなりやすく割安に購入できる機会も増えるんです。

ちなみに、「MacBook Pro 15.4インチ」の値動きはこんな感じ。

後継機の発売で旧世代に……型落ちなら新品でも格安!

発売後しばらくすると実売価格が安定します。新製品好きならこの時期に買うのもアリですが、お得になるのは後継機の発売後です。

幸いジャンルごとに新製品の発売が集中しやすい時期があります。例えばカメラは2月、エアコンは春、テレビは夏前、iPhoneは9月などなど。新製品シーズンを迎えたらぜひ型落ち品をチェックしてみてください。

「型落ちを底値で買う」
これが最もお得な新品購入!

型落ちで買う最大のメリットは、中古ではなく新品ということ。フリマやオークションとは違い、メーカーや量販店から販売されている新品を購入するのでメーカーの保証や量販店の保証はもちろん有効です。また、メーカーが行うキャッシュバックなどのキャンペーンの対象にもなります。

ということで、ネットを疑う家電購入ガイド『家電批評』は「良いものを安く買いたい!」そんなシンプルなミッションを達成すべく「型落ち」の現場を大調査。Amazonや楽天で購入できる、おすすめの型落ち家電を見つけ出しました。

その中から今回注目したのは、「ヒートポンプ式のドラム型洗濯機」の型落ち品。ヒートポンプ式は本体の価格が高めですが、ヒートポンプなしの製品に比べると電気料金を安く抑えることができ、洗濯物の縮みも抑えてくれます。電気料金にどれくらい差があるのかも、あわせてご紹介します!

※以下の電気料金は1kWh単価27円で計算しています。

洗濯物の縮みも抑える
パナソニック「NA-VX7900L」

洗濯物の縮みも抑えるパナソニック「NA-VX7900L」

パナソニック
NA-VX7900L
実勢価格:19万4603円


サイズ:W600×H1009×D722mm
重量:約75kg
洗濯・脱水容量:10kg
乾燥容量:6kg

洗濯物の縮みも抑えるパナソニック「NA-VX7900L」

パナソニック「NA-VX7900L」は、型落ち品のヒートポンプ式のドラム型洗濯機です。ドラム型洗濯機のメリットのひとつが、洗濯槽内で衣類が空気に触れやすいため乾燥が早いというところにあり、乾燥機能はヒーター式とヒートポンプ式があります。

65℃前後とやや低温で乾かすヒートポンプ式は価格が高めですが、空気中の熱を集めるため省エネ性が高く、洗濯物の傷みや縮みも抑えてくれます。ヒートポンプ式は型落ちでもあまり電気代に違いはないので、本体価格が安いなら型落ち品が狙い目です。

▼NA-VX7900Lの現行品「NA-VX900AL 」はこちら

洗濯物の縮みも抑えるパナソニック「NA-VX7900L」

パナソニック
NA-VX900AL
実勢価格:34万3340円


サイズ:W600×H1009×D722mm
重量:約79kg
洗濯・脱水容量:11kg
乾燥容量:6kg

洗濯物の縮みも抑えるパナソニック「NA-VX7900L」

現行品の「NA-VX900AL」は、型落ち品の「NA-VX7900L」よりもさらに電気料金がやや下がりますが、ヒートポンプなしの製品と比較すると、差は少ないと言えるでしょう。

ヒートポンプなしのドラム型洗濯機
パナソニック「Cuble NA-VG2400L」

ヒートポンプなしのドラム型洗濯機パナソニック「Cuble NA-VG2400L」

パナソニック
Cuble
NA-VG2400L
実勢価格:28万4030円


サイズ:W639×H1050×D665mm
重量:約74kg
洗濯・脱水容量:10kg
乾燥容量:5kg

ヒートポンプなしのドラム型洗濯機パナソニック「Cuble NA-VG2400L」

こちらは、ヒーター式のドラム型洗濯機の現行機パナソニック「Cuble NA-VG2400L」です。

80℃前後の高温で乾かすヒーター式は本体価格はヒートポンプ式より安めですが、電気代が高くなります。先程の、パナソニック「NA-VX900AL」よりも乾燥時の電気料金は29.43円高いので、10年使うとかなりの差に……。また、ヒーター式は洗濯物に傷みや縮みが出やすくなります。

以上、雑誌『家電批評』がおすすめする型落ち家電のご紹介でした。

最安購入の鉄則は相場を知ること!
相場検索の基本テクニック3つ

そもそも、最安で購入するなら相場を知ることが最も肝心。型落ち品などの新品でも、中古やフリマでも、「相場」は安く買うための必須情報です。

相場のチェックといえば価格.comですが、全てのショップは網羅されていません。ちょっと手間はかかりますが、複数の方法で相場を調べるのがオススメ。最後は、相場を調べるためのテクニックをお教えしますね。

テクニック1:Googleショッピングでチェックする

テクニック1:Googleショッピングでチェックする

Googleショッピングでは、新品や中古、メルカリの相場を見比べることができます。価格.comには掲載されていない最安店が見つかることもあるなど、意外と有能なんです。

テクニック2:Google Chromeにプラグインを導入する

テクニック2:Google Chromeにプラグインを導入する

WebブラウザのGoogle Chromeに「Keepa」プラグインを導入するとアマゾンの価格推移を確認できます。価格の上がり下がりが一目瞭然。底値か高値かの判別に便利です。

テクニック3:「過去落札相場検索」でチェックする

テクニック3:「過去落札相場検索」でチェックする

オークションの相場を調べるならヤフオクの「過去落札相場検索」がオススメ。ヤフオクでは過去の落札相場が検索できます。入札の締め切り前に一気に入札数が増えて高値になる傾向があるため、相場の把握は大事です。

いつ、どこで、何を、どう買えばお得に入手できるのか。このように、情報を制する者が買い物を制するのです。情報を上手く利用して、良いものを安く手に入れましょう!