家電しまった! でも大丈夫
シミや汚れ、残しません

部分汚れを簡単に綺麗にできるハンディ洗濯機。持ち運びやすく、素早く汚れを落とすことができるので、たくさんの衣装を扱うスタイリストさんが持ち歩くことも多いようです。

汚れを落とす方式は「洗剤をつけて叩いて落とす」タイプ、「水につけて超音波の振動で汚れを落とす」タイプなどがあります。

いずれも、使い方はとても簡単です。

[たたくタイプ]

しまった! でも大丈夫シミや汚れ、残しません

対象を裏返して洗剤を塗布。スイッチON!

しまった! でも大丈夫シミや汚れ、残しません

当てている部分をたたいて、汚れが繊維から押し出されます。シミを移すためのキッチンペーパーやタオルなどが必要なケースもあります。


[超音波タイプ]

しまった! でも大丈夫シミや汚れ、残しません

超音波の振動で発生させた気泡の力で汚れを落とします。水に浮かせ、そっとなでるだけで汚れがスッキリ! 

そのほか、ブラシを使ったり、手でこすったりするなど、いろんなタイプが存在しますが、今回は扱いやすいたたくタイプと洗剤を併用して落とすタイプに絞ってご紹介します。

家電ハンディ洗濯機の選び方
洗浄力と使いやすさがポイント

いろいろなモデルがあるので、どのモデルを選んだらいいか迷ってしまいそうですね。肝心なのはまず洗浄力、そして使いやすさが選び方の決め手となります。

というわけで、こんな項目をテスト・比較しました。

[洗浄能力]50pt

ハンディ洗濯機の選び方洗浄力と使いやすさがポイント

なんと言っても、一番気になるのは、どれだけシミを落とす能力があるのかというところ。そこで、JIS試験用綿布に①ミートソース②ワイン③カレーうどんのダシ④醤油⑤口紅を染み込ませ、どのくらい落ちるか比較検証しました。

[使いやすさ]30pt

ハンディ洗濯機の選び方洗浄力と使いやすさがポイント

出先でもサッと使うには、準備する道具の有無や使ってみた感覚が大切です。使用にあたり、本体以外に道具の準備が必要かどうか、また、重さや持ちやすさなどを含む、使いやすさを評価しました。

[稼働音]10pt

ハンディ洗濯機の選び方洗浄力と使いやすさがポイント

お昼休みについてしまった汚れを落とすのは、職場ですよね。うるさいと迷惑になってしまうかも……ということで、稼働時の音量をそれぞれ計測。静かなものほど高得点としました。

[携帯性]10pt

ハンディ洗濯機の選び方洗浄力と使いやすさがポイント

持ち運び時には小さくて軽いものがベター。大きさや重さなど、持ち歩くとき邪魔にならないかに加え、携帯用の袋などが付属しているかも比較しました。

では、いよいよハンディ洗濯機ランキングの発表です!

記事1位BEST洗浄能力ダントツ!
スタイリッシュな実力派

堂々の1位に輝いたのは、こちら。

洗浄能力ダントツ!スタイリッシュな実力派

シャープ
超音波ウォッシャー UW-A2
実勢価格:8480円

サイズ・重量/40×168×40mm・約100g(本体キャップ除く)
電源/ニッケル水素蓄電池付属・USB対応

[テスト結果]
洗浄能力:42pt
使いやすさ:26pt
稼働音:8pt
携帯性:4pt
総合:80pt

洗浄能力ダントツ!スタイリッシュな実力派

四角い先端は、汚れの上をゆっくりと滑らせやすい形です

汚れ部分を少量の水に浸し、この先端で軽くなぞるだけ。

洗浄能力ダントツ!スタイリッシュな実力派

ボディは女性にも持ちやすい幅で、胴が四角いのでしっかり固定できます。

質感も、ツルツルではないので滑ることもありません。デザインもスタイリッシュ。

洗浄能力ダントツ!スタイリッシュな実力派

空気中では、スイッチを入れ忘れたのかと思うほど振動を感じません。でも、水中だと超振動が発生!繊維の奥の汚れも弾き飛ばします。軽く持っているだけでOK。力はいりません、

検証でつけた5種類のシミも……

洗浄能力ダントツ!スタイリッシュな実力派

写真右列上から、ミートソース、ワイン、醤油、左列上からカレーうどん、口紅のシミです。

なかなか手強い汚ればかりですが、ここまで落とすことができました!

洗浄能力ダントツ!スタイリッシュな実力派

女性がつけてしまいやすい、かつ落としにくい口紅の汚れがほぼ完全に落ちました。

また、ランチの時についてしまいがちなミートソースや醤油も真っ白に。ワインとカレーはやや残りましたが、気にならないレベル。汚れが気になって仕事に集中できないなんてこともなさそうですよ。

また、音もほとんどなく、とても静か。バッグに入れておけば、重宝する1台です。

記事2位BEST1位の旧モデルですが
実力は遜色なし!

2位に入ったのは、1位モデルの旧タイプでした。

1位の旧モデルですが実力は遜色なし!

シャープ
超音波ウォッシャー UW-A1
実勢価格:6695円

サイズ・重量/40×168×40mm・約100g(本体キャップ除く)
ニッケル水素蓄電池付属・USB対応

[テスト結果]
洗浄能力:42pt
使いやすさ:26pt
稼働音:8pt
携帯性:4pt
総合:80pt

1位と同じく、最高の成績を叩き出しました。

1位の旧モデルですが実力は遜色なし!

1位の旧モデルだけあって、性能的には新モデルに遜色なく、しっかりと汚れを落としています。

では、なぜこちらが2位になったのでしょうか?

その理由は……

1位の旧モデルですが実力は遜色なし!

1位モデル(写真右)は「USB防水対応」と銘打ち、接続部分の防水効果が高くなっているのです。この部分に水がかかることはほとんどないかもしれませんが、より安心感を得られる点を評価し、ベスト選定としました。

なお、2位モデルは、1位モデルに付属していないパフとパフケース、スタンドが付いています。防水効果が気にならないのであれば、2位モデル購入もアリですよ。

記事3位BESTシミとり界に大波乱!
“小さな巨人”が3位入り

3位入りしたのは、なんと電源のいらない手動モデルでした。

シミとり界に大波乱!“小さな巨人”が3位入り

ライオン
トップ シミとりレスキュー
実勢価格:186円

サイズ/62×145×31mm
内容量/17ml

[テスト結果]
洗浄能力:34pt
使いやすさ:22pt
稼働音:10pt
携帯性:10pt
総合:76pt

とにかく洗浄能力が高い!

シミとり界に大波乱!“小さな巨人”が3位入り

これらの汚れが……

シミとり界に大波乱!“小さな巨人”が3位入り

ここまで落ちました!

汚れ落ち評価は超音波勢に次ぐ全体の4位。カレーうどんのダシには弱いものの、口紅・ミートソース・醤油は上々、ワインは9モデル中、最高評価でした。

シミとり界に大波乱!“小さな巨人”が3位入り

実際に使ってみると、サイズが小さく、本体が柔らかいので液体を出しやすく、軽く動かせてシミ落としが楽しくなっちゃうんです!

そのうえ、汚れを吸収するシート付きで準備も簡単、騒音もなく携帯性も最高。これは逸品であると言わざるを得ません。さらにリーズナブルな価格でコスパも最高、まさに“シミ取り界の小さな巨人”です。スタイリスト界隈では常備アイテムだそうですが、頷ける結果となりました。

4位: 布だけでなく
様々な素材に使えます

手になじみやすい形とサイズ感が好印象だった、こちらのモデルが4位にランクイン。

4位: 布だけでなく様々な素材に使えます

日本ポステック
ViTUN2.0
実勢価格:1万4480円

サイズ・重量/36×150mm・約340g
電源/USB充電

[テスト結果]
洗浄能力:38pt
使いやすさ:14pt
稼働音:8pt
携帯性:6pt
総合:66pt

汚れ落ちでは、女性がつけてしまいやすい口紅が全体2位と優秀。その他の汚れも平均的に落とすことができます。アクセサリーなども洗浄できるので、女性向きのモデルと言えるでしょう。

USBで充電できて、収納袋付き。出張の時など、荷物の片隅に入れておくと安心です。

しかし、当て布を別途用意しなければならないなど、扱いにくさも目立ちました。

5位: ハンディ洗濯機の元祖が
5位にランクイン

5位につけたのは、ハンディ洗濯機の元祖的商品。発売当時は、多くのスタイリストがこぞって持ち歩いていたというモデルです。

5位: ハンディ洗濯機の元祖が5位にランクイン

アクア
COTON
実勢価格:1397円

サイズ・重量/46×176×46mm・約200?(キャップ・電池除く)
電源/単4形アルカリ乾電池(LR03)または単4形充電ニッケル水素電池(Ni-MH)3本

[テスト結果]
洗浄能力:28pt
使いやすさ:22pt
稼働音:4pt
携帯性:6pt
総合:60pt

汚れた部分に液体洗剤を少量塗布して、スイッチオン。洗剤成分と一緒に、汚れを繊維からたたき出し、下に敷いたキッチンペーパーに汚れを移動させます。

汚れ落ちはそこそこですが、稼働音が気になりました。たたく音がかなり大きく、会社で使うのは難しいかも知れません。

6位: 持ちやすいペン型だが
ニオイが気になるかも

6位にも、手動のモデルが入りました。 

6位: 持ちやすいペン型だがニオイが気になるかも

Dr.Beckmann
シミとり 携帯用ステインペン
実勢価格:505円

サイズ/14×138mm
内容量/9ml

[テスト結果]
洗浄能力:22pt
使いやすさ:18pt
稼働音:10pt
携帯性:8pt
総合:58pt

なんと言っても、ペン型で場所を取らず、ポーチやカバンに入れやすいので、持ち運びに便利です。また、会社の引き出しに1本入れておくといいかも。持ちやすく、使用感も悪くありません。

ただ、独特の臭いが気になります。シミ落ちも今ひとつでした。

7位: 電動歯ブラシ!?
ブラシが回転します

ブラシがついたタイプのモデルが7位に入りました。

7位: 電動歯ブラシ!?ブラシが回転します

JIC
ソニックスクラバー
実勢価格:1940円

サイズ・重量/40×260×30mm・200g
電源/単3形アルカリ電池4本

[テスト結果]
洗浄能力:22pt
使いやすさ:22pt
稼働音:6pt
携帯性:6pt
総合:56pt

電動歯ブラシのような感覚で持ちやすいのが好印象な一台。ブラシが汚れを浮かせるので、エリや袖の皮脂汚れを落とすにも力がいりません。検証では、汚れ落ちはそこそこでした。

ケースがないため、使用後に濡れたブラシを処理するのが面倒かも。

8位: 安定感バツグン!
でも、汚れ落ちは……

8位は、柔らかいブラシで汚れをたたくこちらのモデルです。

8位: 安定感バツグン!でも、汚れ落ちは……

CCP
EASY PRO ZW-CL23
実勢価格:4242円

サイズ・重量/52×207×49mm・167g
電源/単4形乾電池2本

[テスト結果]
洗浄能力:18pt
使いやすさ:22pt
稼働音:6pt
携帯性:6pt
総合:52pt

立てた状態で押し付けるので安定し、使いやすい!モデル。

しかし、汚れ落ちは残念ながら最低点となってしまいました。

9位: 汚れ落ちはそこそこ
稼働音が大きすぎ

9位のモデルは、稼働音で順位を落としてしまいました。

9位: 汚れ落ちはそこそこ稼働音が大きすぎ

KOKI
シミトリ
実勢価格:980円

サイズ・重量/45×175mm・220g
電源/単4形アルカリ電池3本

[テスト結果]
洗浄能力:22pt
使いやすさ:14pt
稼働音:2pt
携帯性:4pt
総合:42pt

やや太めで六角形のボディは持ちにくい形です。

汚れ落ちはそこそこでしたが、音がうるさく最下位となってしまいました。


検証の結果、モデルによって、洗浄能力にかなり違いがあることがわかりました。

さらに、扱いやすさの面を考慮すると「ガチならシャープ」、「携帯ならトップ」という結果に。トップ3はぜひ試してもらいたいお勧めモデルです。

宴会やパーティーが多くなる冬シーズン、1台持っていると重宝ですよ。