<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は記事作成時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

家電後継機の発売で旧世代に……
型落ちなら新品でも格安!

後継機の発売で旧世代に……型落ちなら新品でも格安!

テレビや洗濯機、冷蔵庫など新生活に欠かせない家電。良いものが安く買えると嬉しいですよね。「このまえ出たばかりなのにもう安くなってる」なんて家電に出会ったことはありませんか? そう、「型落ち」は最安の狩り場なんです。

新製品や新モデルが登場したらチャンス到来! 後継機に主役を奪われたモデルたちの実売価格が下がり「底値」に向かっていきます。しかも、こうした型落ち品は在庫処分、在庫一掃という名目でセールの対象にもなりやすく割安に購入できる機会も増えるんです。

ちなみに、「MacBook Pro 15.4インチ」の値動きはこんな感じ。

後継機の発売で旧世代に……型落ちなら新品でも格安!

発売後しばらくすると実売価格が安定します。新製品好きならこの時期に買うのもアリですが、お得になるのは後継機の発売後です。

幸い、ジャンルごとに新製品の発売が集中しやすい時期があります。例えばカメラは2月、エアコンは春、テレビは夏前、iPhoneは9月などなど。新製品シーズンを迎えたらぜひ型落ち品をチェックしてみてください。

家電「型落ちを底値で買う」
これが最もお得な新品購入!

型落ちで買う最大のメリットは、中古ではなく新品ということ。フリマやオークションとは違い、メーカーや量販店から販売されている新品を購入するのでメーカーの保証や量販店の保証はもちろん有効です。また、メーカーが行うキャッシュバックなどのキャンペーンの対象にもなります。

ということで、ネットを疑う家電購入ガイド『家電批評』は「良いものを安く買いたい!」そんなシンプルなミッションを達成すべく「型落ち」の現場を大調査。Amazonや楽天で購入できる、おすすめの型落ち家電を見つけ出しました。

その中から今回は、「エアコン」を4製品ご紹介します!

家電現行品に性能は劣るがお買い得
三菱電機「MSZ-FZ4019S」

現行品に性能は劣るがお買い得三菱電機「MSZ-FZ4019S」

三菱電機
MSZ-FZ4019S
実勢価格:20万8000円


サイズ:W890×H285×D358mm
重量:22kg
畳数:14畳用
消費電力:940W(冷房)、960W(暖房)

1年前のモデルとなる三菱電機「MSZ-FZ4019S」は、現行型よりセンサー検知エリア数や感度はやや低いものの、発売当初の26万円程度からたった1年で20万を切るくらいになってきました。ほぼ最新機ですのでこの価格は魅力的です。

家電リーズナブルで機能が優秀
三菱電機「MSZ-ZW2219」

リーズナブルで機能が優秀三菱電機「MSZ-ZW2219」

三菱電機
MSZ-ZW2219
実勢価格:11万8599円


サイズ:W799×H295×D385mm
重量:16kg
畳数:6畳用
消費電力:425W(冷房)、465W(暖房)

三菱電機の「MSZ-ZW2219」は、発売当時の約22万円から、ほぼ半値近くまで下がりました。それでもセンサーは少し先の体感温度を予測して先読み運転する「ムーブアイmirA.I.」搭載で優秀です。

家電ファン自動洗浄でいつでも清潔
日立「RAS-X40J2」

ファン自動洗浄でいつでも清潔日立「RAS-X40J2」

日立
RAS-X40J2
実勢価格:15万3510円


サイズ:W798×H295×D374mm
重量:16.5kg
畳数:14畳用
消費電力:880W(冷房)、920W(暖房)

日立「RAS-X40J2」は、日立製の強みである、ファン内部までしっかり洗浄する機能を2018年モデルにも搭載しているのが◎。

家電新機能はないけど十分な性能
日立「RAS-X22J」

新機能はないけど十分な性能日立「RAS-X22J」

日立
RAS-X22J
実勢価格:14万9988円


サイズ:W798×H295×D374mm
重量:15.5kg
畳数:6畳用
消費電力:400W(冷房)、430W(暖房)

日立の「RAS-X22J」は、2019年モデルのような室外機洗浄機能は付いていませんが、室内機洗浄があって便利です。画像カメラ、温度カメラや近赤外線LED技術でお部屋にいる人を識別してそれぞれの在室時間を把握する「くらしカメラAI」も搭載されています。

以上、雑誌『家電批評』がおすすめする型落ち家電、エアコン4製品のご紹介でした。どれも型落ちと言ってもほぼ最新の機能を備えており、かなり優秀なモデルばかりです。

2018年発売のモデルは、量販店では既に販売終了していることが多いものの、ECサイトなどでは在庫が残っていることもあります。

三菱電機のエアコンは2019年発売機種からFZ、Zシリーズのセンサーが「ムーブアイ mirA.I.+」に進化しており、これが未搭載の2018年モデルはかなり値崩れしています。日立のエアコンも、室外機洗浄などの新機能が無くてもエアコンの機能が良ければお買い得です。

家電最安購入の鉄則は相場を知ること!
相場検索の基本テクニック3つ

そもそも、最安で購入するなら相場を知ることが最も肝心。型落ち品などの新品でも、中古やフリマでも、「相場」は安く買うための必須情報です。

相場のチェックといえば価格.comですが、全てのショップは網羅されていません。ちょっと手間はかかりますが、複数の方法で相場を調べるのがオススメ。最後は、相場を調べるためのテクニックをお教えしますね。

テクニック1:Googleショッピングでチェックする

テクニック1:Googleショッピングでチェックする

Googleショッピングでは、新品や中古、メルカリの相場を見比べることができます。価格.comには掲載されていない最安店が見つかることもあるなど、意外と有能なんです。

テクニック2:Google Chromeにプラグインを導入する

テクニック2:Google Chromeにプラグインを導入する

WebブラウザのGoogle Chromeに「Keepa」プラグインを導入するとアマゾンの価格推移を確認できます。価格の上がり下がりが一目瞭然。底値か高値かの判別に便利です。

テクニック3:「過去落札相場検索」でチェックする

テクニック3:「過去落札相場検索」でチェックする

オークションの相場を調べるならヤフオクの「過去落札相場検索」がオススメ。ヤフオクでは過去の落札相場が検索できます。入札の締め切り前に一気に入札数が増えて高値になる傾向があるため、相場の把握は大事です。

いつ、どこで、何を、どう買えばお得に入手できるのか。このように、情報を制する者が買い物を制するのです。情報を上手く利用して、良いものを安く手に入れましょう!