パソコンPCゲームを手軽に始めるなら
ゲーミングノートがおすすめ

一からデスクトップでPCゲームを始めようとすると、パソコン本体だけでなくゲームに適した液晶ディスプレイやキーボードなども必要となり、コストがかかってしまいます。

デスクトップでPCゲームを始める場合本体だけでなくディスプレイなども必要になります。

手軽に一式揃えるなら、すべてがまとまったゲーミングノートPCがおすすめ。プレイ画面が大きい方がいい場合は、HDMI端子などからテレビなどに接続することも可能です。

とはいえゲーミングノートでも、高性能CPUに最新ビデオカード搭載で…というように絞り込んでいくと、すぐに20万円を超えてしまいます。そんななかで、PCゲーム入門に特にお買い得といえるのが「ROG STRIX GL503GE SCAR Edition」です。

パソコンCPUのベンチマーク結果が
かなり優秀

ASUS:ROG STRIX GL503GE SCAR Edition:ノートPC
ASUS:ROG STRIX GL503GE SCAR Edition:ノートPC

ASUS
ROG STRIX GL503GE SCAR Edition
実勢価格:16万4780円

OS:Windows 10 Home
サイズ:W384×H24×D262mm
重量:約2.6kg
バッテリー駆動時間:約4.5時間
無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac
タッチパネル:非搭載
光学ドライブ:非搭載

Core i7-8750Hを搭載しており、処理能力に妥協なし。GeForce GTX 1050 Tiはゲーム用ビデオカードしては入門クラスです。一方、SSDは128GBと控えめで、その分を補うため1TBのHDDを搭載しています。

総合的に優秀な性能。ベンチマークソフト「CrystalMark」では448498のハイスコアをマークしました。

以下では細かいデザインをみていきます。

天板デザインがオシャレ。
GeForce GTX 1050 Tiを搭載。
放熱対策もバッチリ。

パソコンキーボードは英語配列ですが
完成度は高い!

フルサイズキーボードなので入力しやすく、滑らかなキートップで柔らかいタッチが印象的。長時間利用でも手が疲れにくいのはゲーミングPCとしては好ポイントです。ただし、キーが英語配列なので慣れるまで多少時間が必要になります。

カラフルに光るLEDイルミネートキーボードを採用。
キーストロークもしっかりあります。

カラフルに光るLEDイルミネートキーボードを採用。4つのゾーンに分けて色設定できるのが特徴です。ストロークもしっかりあり、キーの手応えが弱めで長時間使用でも疲れにくいです。

音量調整・ミュートもワンボタンでできます。

キーボード上部には4つの特殊キーが配置されています。左から順に音量(大・小)、マイクミュート、オーバークロック機能などを制御する「ROG Gaming Center」となっており、ゲームプレイ中に誤押しないよう配慮されています。

パソコンディスプレイとスピーカーは
十分使えます

15.6型ディスプレイで解像度は1920×1080と一般的な性能。輝度は高くて正面から見る分には十分綺麗です。また、ディスプレイの下には1.5W×2のステレオスピーカーが配置されており、内蔵スピーカーながら広がりのある音を楽しめます。

[評価◎]正面から見ると十分綺麗。
[評価△] 斜めから見ると視野角は狭めです。

ディスプレイの輝度が高く、発色は良好。視野角は狭いのでディスプレイの傾け方には注意が必要です。

スピーカーはディスプレイ下部。

スピーカーはディスプレイ下部にあります。スマートアンプテクノロジーを搭載し、音量は最大200%まで、重低音は3倍まで引き上げ可能で、迫力あるサウンドが楽しめます。

パソコンバッテリーはもちませんが
拡張ポートはたくさんあります

バッテリー駆動時間は4時間未満で、本体も2.6kgとずっしり重いので持ち運んで使うのには向いていません。一方、拡張ポートは豊富。フルサイズUSBが4つあるうえ、便利なUSB Type-Cも装備しています。Mini DisplayPortで映像出力できるほか、SDカードスロットやHDMI映像出力端子もあり、据え置き用マシンとして十分通用します。

右側にSDカードスロット、USB Type-C端子などが配置されています。
左側には電源ジャック、有線LANポート、HDMI端子などが配置されています。

映像出力ポートはMini DisplayPortとHDMIの2つを搭載。USBポートは2.0が1つ、3.0が3つ、3.1 Type-Cが1つで拡張性に不足は感じません。

バッテリーはフル充電しても4時間もちませんでした。

天板やキーボード面のカーボンデザインなど、細かいこだわりも見られました。MiniDisplayPortやUSB Type-Cを搭載するなど拡張性も高く、据え置きパソコンとしても十分に使えます。ゲームをしない場合でも、動画編集など重い作業を行う場合におすすめです。

ハイスペックなのに16万円台という価格は入門用ゲーミングPCとして最適と言えるでしょう。