食品雑貨おうちで簡単に
カフェご飯が作りたい~!

おしゃれなカフェで食べるような、ガパオライスやタコライスを家で簡単に作りたい? それなら下味冷凍でできますよ!

ひき肉は下味をつけて冷凍しておくだけで、サッと使えて何かと便利です。麻婆豆腐だって、レトルトなしで本格的な味が簡単に再現できちゃいます。いずれもご飯さえあれば立派なメインの一品になるメニューです!

今回は、食のプロであるフードコーディネーターの平尾由希さんと料理研究家の酒寄美奈子さんにとびっきりのひき肉レシピを教えていただきました。アレンジもいろいろできるので、冷凍庫に常備しておきたい3レシピです。

ここでは、ちょっと珍しい調味料も登場するので、合わせておすすめの製品もご紹介します。

それでは、さっそくご覧ください。

食品雑貨[麻婆の素]これさえあれば
麻婆豆腐も麻婆茄子も思いのまま!

最初に紹介するのは麻婆の素です。

「今日は中華が食べたいな~」という気分の時にレトルトの用意がなくても、これが冷凍庫にあれば食べたい時にすぐに食べられます! 一度、手作りしてみると感動はひとしおです。

そこで欠かせないのが、こちらの甜麺醤(テンメイジャン)という中華調味料です。回鍋肉の甘い味噌味、というとピンとくるかもしれません。迷ったら、チューブタイプの手軽なこちらがおすすめです。

S&B:李錦記 甜麺醤(チューブ入り) :調味料

S&B
李錦記 甜麺醤(チューブ入り)
実勢価格:250円
※リンク先は3個セットです

それでは、材料と作り方をご紹介します。

[材料]

・豚ひき肉 200g
・にんにく 1片(みじん切り)
・しょうが 1片(みじん切り)
・長ねぎ 1/2本(みじん切り)

[調味料]
・しょうゆ 大さじ1と1/2
・甜麺醤 大さじ1と1/2
・酒 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・ごま油 大さじ1
・豆板醤 大さじ1/2

[作り方]

①すべての調味料とひき肉を混ぜ合わせたもの、みじん切りにした野菜の順に、フリーザーバッグに入れます。

②調理する時は、先にみじん切りにした野菜をフライパンに出し、香りが出るまで炒めます。

③火が通ったら肉を入れます。

④お好みで、豆腐や素揚げしたナスと合わせて炒めて出来上がりです!

[ポイント]

香味野菜は先に炒めるので、フリーザーバッグに入れる時にはひき肉と分けて最後に入れるのがポイントです。また、甜麺醤がない時は、味噌でも代用できます。

食品雑貨[ガパオライス]簡単なのにピリ辛
本格タイ料理がすぐ出来ちゃう!

次に、タイ料理の定番ガパオライスのご紹介です。

ピリ辛が食欲をそそるガパオライスですが、おうちで簡単に出来ちゃうなんて嬉しいですよね! 冷凍庫に入れておけば、食べたい時にいつでも食べられて便利ですよ。

本場の味に近づけるのなら、こちらの「ナンプラー」をご用意ください。

ヤマモリ:ナンプラー:調味料

ヤマモリ
ナンプラー
実勢価格:319円
※リンク先は3個セットです

タイ料理では必須ともいわれる調味料で、魚を原料にした魚醤です。こちらは密封ボトル入りなので、少量ずつ使いたい人におすすめです。

それでは材料と作り方です。

[材料]

・豚ひき肉 200g
・玉ねぎ 1/2個
・パプリカ 1/2個
・にんにく 1片

[調味料]
・ナンプラー 大さじ1
・しょうゆ 大さじ1/2
・オイスターソース 大さじ1/2
・豆板醤 大さじ1/2
・ごま油 大さじ1/2
・砂糖 大さじ1/2
・酒 大さじ1/2
・こしょう 少々

[材料]

①すべての調味料とひき肉を混ぜ合わせたもの、刻んだパプリカの順に、フリーザーバッグに入れます。パプリカは、ひき肉に混ざらないように端に寄せておきます。

①調理する際は、フライパンで初めにパプリカ以外を炒めます。

②全体に火が通ったら、パプリカを入れて炒めます。

④お好みで目玉焼きを乗せて完成です!

[ポイント]

パプリカは食感を残すために細切りにするのがポイントです。また、後から炒めるため、フリーザーバッグに入れるときは、肉と混ざらないようにおくと調理しやすいです。

炒めるとボソボソになりやすいひき肉ですが、冷凍中に調味液が肉に染み込むため、ふっくら柔らかに仕上がります。片栗粉でとろみをつけて炒めてそうめんに乗せたり、ご飯に混ぜておにぎりにしたりと、いろいろとアレンジを楽しんでください!

[アレンジレシピ]

上で作ったガパオライスの素をごはんに混ぜ、刻んだバジルを合わせます。おにぎりにすれば、お弁当にもピッタリなガパオにぎりの完成!

食品雑貨[タコミート]献立に悩んだら
万能カフェ飯の素でタコライス!

最後に、こちらもアレンジ多様なタコミートのご紹介です。

メキシカンなミートソース味のタコミートを冷凍しておけば、献立に悩んだときもタコライスやタコスをサッと作れます。材料は、ひき肉と「タコシーズニング」とたったの2つ! とってもお手軽です。

「タコシーズニング」に馴染みのない方は、こちらの製品がおすすめです。

オールドエルパソ
タコスキット
実勢価格:1248円

こちらはタコス12個分のシェル、ソース、シーズニングがセットになっています。今回はこちらのシーズニングを使用します。

それでは、材料と作り方です。

[材料]

・合挽き肉 400g
・タコシーズニング 大さじ3

[作り方]

①すべての調味料とひき肉をフリーザーバッグに入れて冷凍します。

②調理する時は、フライパンに油を熱し、解凍した①を炒めます。

[ポイント]

冷凍する時、フリーザーバッグに菜箸などで一人分ずつを目安に線をつけておくと、小分けに使えて便利です。

タコライスの他にも、ホームパーティーにぴったりなタコスなどのアレンジが楽しめますよ!

[アレンジレシピ]

レタスやチーズ、トマトと一緒にトルティーヤに包めば完成! ビュッフェ形式にしても盛り上がりそうです。

▼ご協力いただいた方々はこちらの方々

フードコーディネーターの平尾由希さん

料理研究家の酒寄美奈子さん

以上、ひき肉の下味冷凍レシピ3つをご紹介しました! どれもアレンジが自由自在なので、冷凍庫にあるとすぐに使えてとても便利ですよ!