家電おすすめ『家電批評』2023年ベストバイを発表!

2023年も『家電批評』はさまざまな家電製品をテストしてきました。そこでテストしてきた製品を振り返り、絶対におすすめしたいものをピックアップ。「家電批評2023年ベストバイ」として発表します。

自分へのご褒美にも、大切な人へのギフトにもおすすめなベスト家電カタログです!

【家電批評2023年ベストバイ】の記事一覧はこちら

【家電批評2023年ベストバイ】の記事一覧はこちら ながら聴きイヤホンおすすめ イメージ

今回は、「家電批評2023年ベストバイ」で「年間ベスト・オブ・5つ星家電」に選ばれた、JBL「Soundgear Sense」です。圧倒的な音質の良さに加え、装着感や通話性能も高評価だった、おすすめオープンイヤー式イヤホンです。

家電おすすめJBL「Soundgear  Sense」

  • JBLSoundgear Sense
  • 実勢価格: ¥14,986

ながら聴きを忘れるほど高音質!

JBL「Soundgear  Sense」は「家電批評2023年ベストバイ」の1位に選ばれた、ながら聴きイヤホンです。

ながら聴きイヤホンとは、耳を完全に塞がないオープンイヤー式のイヤホン。音楽を聴きながら周囲の音も聴こえるので、ランニングなどに向いています。しかし完全に耳を塞がないことから、音質面で満足できる製品が少ないジャンルでもありました。

そんななか、視聴した専門家を驚かせたのが本製品。音のプロ、東京音研放送サービス代表の原田さんも「耳を完全に塞がないでここまでの音を楽しめるとは」と、驚きを隠しませんでした。

ながら聴きイヤホンでは、音がいいほど周りの音が聴こえにくくなる問題があり、実際JBL「Soundgear Sense」も低音の量が多く、そのまま聴くと周りの音を聴こえにくく感じることも。

しかし、アプリのイコライザーで低音の調整ができるので、「ながら聴き」のバランスそのものも調整できます。

また、通話性能も優秀。騒音が多い環境下でも、しっかり相手にクリアな声を届けられます。リモート会議などでも大活躍するでしょう。

『家電批評』では、多数のながら聴きイヤホンを検証してきましたが、いよいよ決定版が登場した印象。音の良さとながら聴きのしやすさのバランス、通話性能、そして装着感のよさ、全てを兼ねそろえた製品。間違いなくおすすめです。

おすすめポイント
  1. 音質がながら聴き史上最高評価
  2. 角度調整ができて装着感も◎
  3. アプリで低音が下げられる
がっかりポイント
  1. 音漏れは要調整
原田裕弘 氏
東京音研放送サービス代表
原田裕弘 氏 のコメント

耳が開放されながらでも、ここまでの高音質を楽しめる時代に!

家電おすすめ「家電批評2023年ベストバイ」に選ばれた理由とは?

他製品を圧倒する音質のよさ

他製品を圧倒する音質のよさ ながら聴きイヤホンおすすめ イメージ

JBL「Soundgear Sense」は音質評価が特に高かったです。1位の決め手は、低音と中低域の質。低域は耳を塞がなくとも厚みのある音が出ているうえ、中低域は声の細かな動きも感じ取れます。

例えばダイアナ・クラールの「Desperado」は、ボーカルの声に迫力や厚みを感じられ、ニュアンスがはっきり出ていました。

他製品を圧倒する音質のよさ ながら聴きイヤホンおすすめ イメージ2

低音の量感が大きい影響か、音が大きいと周りの音が聴こえにくいとの声も。JBL「Soundgear Sense」はどちらかといえば音質重視ですが、アプリで調整できます。

ゴン川野 氏
オーディオライター
ゴン川野 氏 のコメント

ながら聴きイヤホンであることを忘れさせる音質です。

原田裕弘 氏
東京音研放送サービス代表
原田裕弘 氏 のコメント

高音質イヤホンのジャンルで聴いてしまい、要求レベルが上がっている自分がいます。

装着感もいい! 決め手は4段階の角度調整

装着感もいい! 決め手は4段階の角度調整 ながら聴きイヤホンおすすめ イメージ

12人のモニターテストでの装着感は、いっしょに検証したオーラダンスの製品と並んで1位タイ! 本体は大きいものの、見た目以上に軽いため、装着感は申し分なしです。

長時間使用にも向いているので、就業中はずっと付けっ放しのまま、電話はJBLで対応なんて使い方もおすすめです。

スピーカー部分の角度が4段階で調整できる点もポイント。メガネとの相性も悪くないのは大きなメリットです。

装着感もいい! 決め手は4段階の角度調整 ながら聴きイヤホンおすすめ イメージ2

この角度から……

装着感もいい! 決め手は4段階の角度調整 ながら聴きイヤホンおすすめ イメージ3

この角度まで、4段階で調整可能です。

八橋秀行
家電批評編集部 編集部員
八橋秀行 のコメント

スピーカーの位置が調整できるのは◯。異物感はあるけど疲れる感じはしないです。

土屋慶祐
家電批評編集部 デスク
土屋慶祐 のコメント

メガネをかけていても軽いので、干渉している感がありません。

通話性能も高評価で仕事中も重宝

通話性能も高評価で仕事中も重宝 ながら聴きイヤホンおすすめ イメージ

騒音がない状態でも、カサカサしたマイク音のクセが若干ありますが、声は十分クリア。騒音下では、周囲の音をわずかに残す程度まで騒音を低減しており、通話用途でかなり重宝します。

リモート会議にもうってつけです。

折原一也 氏
オーディオ&ビジュアルライター
折原一也 氏 のコメント

ノイズキャンセリングが優秀で、周囲の騒音をわずかに残すほどです。

アプリや付属イヤーフックなど使い勝手も◎

アプリや付属イヤーフックなど使い勝手も◎ ながら聴きイヤホンおすすめ イメージ
アプリや付属イヤーフックなど使い勝手も◎ ながら聴きイヤホンおすすめ イメージ2

付属のイヤーフックを使えば、装着感が更にアップ! ランニング中にイヤホンが浮くのを防いでくれます。

アプリや付属イヤーフックなど使い勝手も◎ ながら聴きイヤホンおすすめ イメージ3

また、アプリのイコライザーを使えば各音域の量感を調整できます。周りの音を聴きたい場合は低音の量感を減らしましょう。

土屋慶祐
家電批評編集部 デスク
土屋慶祐 のコメント

音楽に集中したいとき、周囲の音を聞きたいときはアプリで調整が便利!

以上、「家電批評2023年ベストバイ」で「年間ベスト・オブ・5つ星家電」に選ばれた、「ながら」であることを忘れさせる高音質なオープンイヤー式イヤホン、JBL「Soundgear  Sense」​の紹介でした。

引き続き、「家電批評2023年ベストバイ」をご紹介していきますので、お楽しみに!

家電おすすめイヤホンの売れ筋ランキングもチェック!

イヤホンのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。