文房具テープのりってどがいいの?
16製品使い倒してベストを選出!

最近はのりもスティックから、より使い勝手に優れたテープ形態に進化して、様々なテープのりが販売されています。しかし、商品数は膨大で、実力も全然違うので、どれを買っていいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

テープのりってどがいいの?16製品使い倒してベストを選出!

そこで今回は、テープのりを16製品集め、文房具のプロ2人に検証していただきました。さっそく結果を発表したいところですが、まずは選び方のポイントを簡単に解説しましょう。

文房具コスパや使い勝手にも影響する
3つの選び方をマスターしよう!

[選び方1]コスパ重視なら詰め替え型が良い!
テープのりには、使い捨てタイプと詰め替えできるタイプがあります。やはり、詰め替えできるタイプを選んだ方が長い目ではお得です。

コスパや使い勝手にも影響する3つの選び方をマスターしよう!

(画像はAmazonの製品画像です)

ですが、もちろん同じ商品を使い続ける事が前提です。使い切る前によく失くしたり、壊したりしてしまう人や、いろいろな商品を使ってみたい人など、自分の使い方を考えてからタイプを決めましょう。

[選び方2]ヘッドカバーで使い勝手に!
ヘッド部分のカバーは様々な形状があり、どれを選ぶかはかなり重要なんです。ヘッドカバーはテープの汚れを防ぐのに必須ですが、キャップ式だとなくしてしまう可能性があります。様々な形状があるので、使い勝手を考慮して選びましょう。

タイプ1:ノック式

コスパや使い勝手にも影響する3つの選び方をマスターしよう!

識者の評価が非常に高かったのがノック式です。片手で扱えるので使い勝手がとても良いです。ただ、16製品中1つしかなく、今のところこの形状は少ないのが現状です。

タイプ2:カバー式

コスパや使い勝手にも影響する3つの選び方をマスターしよう!

ヘッドの形では一番多いタイプです。テープ面だけを覆うものも多いので、ゴミが付きやすかったり、ペンケースなどの中で動いて外れてしまうこともあります。

タイプ3:スライド式

コスパや使い勝手にも影響する3つの選び方をマスターしよう!

(画像はAmazonの製品画像です)

こちらはヘッドが本体に収納できます。何かに当たっても動きにくいので、ゴミがあまり付きづらいです。

タイプ4:キャップ式

コスパや使い勝手にも影響する3つの選び方をマスターしよう!

フタを外すと本体とバラバラになるキャップ式は、失くしてしまいがちので、なるべく避けたいところです。

[選び方3]手にフィットする持ちやすさも重要なポイント!
手にフィットするテープのり選びが、きれいに貼るためのコツ。手にフィットするようにデザインされているのが一般的ですが、その中でも自分の手にフィットするものを見つけるのがポイント。

一番多いのが8~10cmのサイズで楕円形やしずく型のものです。手によく馴染む、自分が使いやすいタイプを選んでみましょう。

文房具粘着性能は用途に合わせて選ぼう!

粘着性能は用途に合わせて選ぼう!

テープのりを選ぶ上で、重要なポイントとなるのが粘着性。粘着性は用途に合わせて強さを選ぶのがおすすめです。粘着性能は大きく分けて二つのタイプがあるので、使い方に合わせて選ぶといいでしょう。

重要書類などは強力粘着タイプ

重要書類等に使用するテープのりは、剥がれる心配のない強力な粘着タイプを選ぶのが良いでしょう。封筒の封を閉じるときに使用することで、郵便の途中で封が開くのを防ぐ可能性が高くなります。
テープのりは紙がよれてしまったり、膨らんでしまう心配がありません。そのため、固形のりと比べると封を閉じるのに向いているといえるでしょう。

強力粘着タイプのデメリットとして、貼り間違えたときに再度剥がして貼り直すことができません。中には徐々に粘着が強くなるタイプもあり剥がして貼り直すことが可能な場合もあるので、心配な方はそのような商品を選ぶのが良いでしょう。

はがせるタイプは付箋みたいに使える

テープのりには粘着力が弱めのタイプも多く存在します。そのような商品の使い道として、普通のメモ用紙を付箋のように使用することが可能です。

何度も貼り直しができますし、まっすぐにのりを付けられて紙がよれる心配もありません。

文房具サイズや長さなどによって使いやすさも異なる!

サイズや長さなどによって使いやすさも異なる!

テープのりのサイズと長さは、商品によってさまざま。そのため、自分に合うのはどのようなタイプなのか?と悩んでしまう方も多いでしょう。使用するシーンを想定して選ぶと失敗することも少なくなりますよ。

コンパクトサイズなら持ち運びに便利

コンパクトなサイズのものであれば、ペンケースに忍ばせておくことも可能に。現在ではテープのりに見えないようなおしゃれでコンパクトなデザインのものが販売されており、文房具の進化を目にできます。

ペンケースの中に入れる場合は、楕円形よりも細長いタイプがおすすめ。幅を取らずに収納ができるので、小さなペンケースにもぴったりフィットするでしょう。

頻繁に使うならテープの長さに注目

テープのりは固形のりと比べると一度に使用できる範囲が狭いため、頻繁に使用する場合にはテープの長さをあらかじめ確認しましょう。

商品によってテープの長さはさまざまなのでパッケージをチェックしておきましょう。

テープのりは保管状況によって劣化の心配があるため、頻繁に使用しないのであれば短いものか中間タイプがおすすめです。毎日のように使用するのであれば、大容量サイズを選ぶと良いでしょう。

テープ幅のチェックも忘れずに!

テープのりはテープを貼り付けたい面に滑らせるようにするため、便利に使用ができますが幅が決まっている点がデメリットになりがち。

テープの幅は8.4mmのものが多いですが、中には幅が広い商品や狭い商品も販売されています。貼り付けるもののサイズに合わせて、幅を選ぶのがポイントです。複数の幅タイプを揃えて、臨機応変に使い分けるのも良いでしょう。

今回のランキングでもテープ幅を記載しているのでぜひ参考にしてくださいね。

文房具いよいよ16製品をテスト!
文具のプロが実際に使って検証です

それでは、次はテスト方法を解説していきましょう。ご協力をいただいたのはこちらの方々です。

いよいよ16製品をテスト!文具のプロが実際に使って検証です

(左)文房具ライターのきだてたくさん
(右)文具プランナーの福島槙子さん

【評価項目】
次の4項目を合計100満点で評価しました。

1. 持ちやすさ:15点

いよいよ16製品をテスト!文具のプロが実際に使って検証です

手になじまないと、使うときにストレスを感じてしまいます。男性と女性の手のサイズで違いはあると思いますが、今回は女性向けに評価をつけました。

2. 機能性:30点
ヘッドの性能、のり自体の性能、内部ギアの性能の3つの視点でチェックしました。

3. 仕上がり:30点

いよいよ16製品をテスト!文具のプロが実際に使って検証です

のりの粘着度や、曲線にもきちんと貼れるかどうかを評価しました。

4. デザイン:20点
見た目のオシャレ感はもちろん、ヘッド部分のカバーが機能的かなども評価に入ります。

5. エクストラ(その他):0.5~5点
ヘッドが回転したり、片手で扱えるノック式であったり、スタンプのように押してポイント使いができる、カラバリが豊富など、独自の付加機能がある場合に0.5~5点をエクストラ点として評価しています。


それでは、いよいよランキング結果の発表です!

記事1位BEST16製品で唯一のカンペキ評価!
自由なヘッドで使い勝手が抜群です

栄えある1位になったのが、プラスの「ノリノ」のノーマルバージョンです。ポイントは、ヘッドがしなるので、筆で塗るように点付け接着もできることです。いろいろな貼り方ができて使い勝手が良いですね。


プラス:ノリノ:テープのり

プラス
ノリノ
購入価格:183円


テープ幅:6mm
長さ:8m
10cmあたり:2.3円
使いきり型
キャップ式

[採点結果]

16製品で唯一のカンペキ評価!自由なヘッドで使い勝手が抜群です
16製品で唯一のカンペキ評価!自由なヘッドで使い勝手が抜群です

テープ切れが良く、短く切っても剥がれなかったです。ただ、なくしやすいキャップ式なのが残念でした。カラバリとテープ幅の多さでは加点がつきました。

記事1位BEST小さくてもノリノが1位!
携帯用にピッタリで使いやすい

同じく1位になったのが、プラスの「ノリノ ビーンズ」でした。約5.8×3cmと、超ミニサイズです。それだけではなく、ヘッドがゴミを完全シャットアウトできるシャッタースライド式なのでテープ部分が汚れにくく、持ち運びしやすいのもポイント。まさに携帯用としてピッタリなテープのりです。

プラス:ノリノ:ビーンズ:テープのり

プラス
ノリノ ビーンズ
購入価格:194円

テープ幅:6mm
長さ:8m
10cmあたり:2.4円
使い切り型
スライド式

[採点結果]

小さくてもノリノが1位!携帯用にピッタリで使いやすい
小さくてもノリノが1位!携帯用にピッタリで使いやすい

粘着力や曲線への対応も問題ないうえ、テープが薄い水色で見やすいのも高評価です。

記事3位BESTキャップ式でなければ
ベストだったかも?

トンボ鉛筆:PIT POWER-C:テープのり

トンボ鉛筆
PIT POWER-C
購入価格:157円

テープ幅:8.4mm
長さ:7m
10cmあたり:2.2円
詰め替え型
キャップ式

[採点結果]

キャップ式でなければベストだったかも?
キャップ式でなければベストだったかも?

軽い引き味と強い粘着力、のり切れも良いので使いやすさ・機能性ともに文句ナシです。約7.4×2.6cmと携帯も可能なサイズですが、ヘッドカバーがなくしやすいキャップ式なことだけが非常に惜しい!

4位: テープが星型でキュート!
どこを貼ったかがわかりやすい

コクヨ:ドットライナー キュート:テープのり

コクヨ
ドットライナー キュート
購入価格:291円

テープ幅:8.4mm
長さ:8m
10cmあたり:3.6円
詰め替え型
ヘッドカバー式

[採点結果]

4位: テープが星型でキュート!どこを貼ったかがわかりやすい
4位: テープが星型でキュート!どこを貼ったかがわかりやすい

持ったときちょうどいいサイズ感で、ヘッドが見やすいので作業がしやすく、子どもにも使いやすいテープのりです。粘着力も十分で、テープが黄色い星柄なので視認性高めですが、紙が薄いと乾いても透けるのでご注意を。

5位: サイズが大きめなので
家庭や職場向けかも

トンボ鉛筆:PIT tapeM:テープのり

トンボ鉛筆
PIT tapeM
フラット
購入価格:432円

テープ幅:8.4mm
長さ:14m
10cmあたり:3.1円
詰め替え型
ヘッドカバー式

[採点結果]

5位: サイズが大きめなので家庭や職場向けかも
5位: サイズが大きめなので家庭や職場向けかも

約9.5×5cmと大きめで、家・職場置きタイプです。デザインは少しゴツいですが、のり切れ・粘着力ともに問題なく、テープが薄い水色で見やすので使いやすいです。テープがメッシュのタイプもあります。

6位: 性能はいいけれど
使い方にコツが必要です

トンボ鉛筆:PIT SLIDE:テープのり

トンボ鉛筆
PIT SLIDE
購入価格:194円

テープ幅:8.4mm
長さ:8m
10cmあたり:2.4円
使いきり型
スライド式

[採点結果]

6位: 性能はいいけれど使い方にコツが必要です
6位: 性能はいいけれど使い方にコツが必要です

デザインが可愛く、サイズも長さ約6cmとコンパクトで携帯性は高めです。のり切れもよく機能性も問題ありません。ただし、スライドロック機能がやや弱く、使っている最中にカバーが戻ってくることがあるので、使い方にコツが必要かもしれません。

7位: 厚紙や金属もおまかせ!
子どもの工作に最適です

ニチバン:正確テープのり tenori  スーパー強粘着:テープのり

ニチバン
正確テープのり tenori
スーパー強粘着
購入価格:432円

テープ幅:8.4mm
長さ:10m
10cmあたり:4.3円
詰め替え型
ヘッドカバー式

[採点結果]

7位: 厚紙や金属もおまかせ!子どもの工作に最適です
7位: 厚紙や金属もおまかせ!子どもの工作に最適です

使用時にヘッドが沈むので軽々と引けますが、テープがピンク色なので、紙が薄いと乾いても透ける可能性があります。強粘着なので、厚紙や金属などの接着にオススメです。

8位: 便利なノック式だけど
粘着力が惜しい……

コクヨ:ドットライナー ノック:テープのり

コクヨ
ドットライナー ノック
購入価格:378円

テープ幅:7mm
長さ:8m
10cmあたり:4.7円
詰め替え型
ノック式

[採点結果]

8位: 便利なノック式だけど粘着力が惜しい……
8位: 便利なノック式だけど粘着力が惜しい……

16製品の中で唯一片手で出せる便利なノック式は、エクストラ加点になりました。ただし、ヘッドが短くて使用時に見えにくく、縦引きは少々不得意。強粘着仕様とうたっている割には粘着力が弱いのが残念です。

8位: 工具のようなゴツさ&
工作向きの強粘着力

プラス:ノリノハイパー 超強力にはるタイプ:テープのり

プラス
ノリノハイパー
超強力にはるタイプ
購入価格:432円

テープ幅:10mm
長さ:12m
10cmあたり:3.6円
使いきり型
ヘッドカバー式

[採点結果]

8位: 工具のようなゴツさ&工作向きの強粘着力
8位: 工具のようなゴツさ&工作向きの強粘着力

紙と紙を貼り合わせ、一晩おいて剥がそうとしたら紙が破れたほどの強粘着! ダンボールや薄い板にも使用できます。10mm幅タイプの切れ目は約1mm単位など、テープ幅に合わせて切れ目の単位が異なるので、購入の際にはよく確認してください。

10位: 見た目はゴツいけど
仕事は繊細です

プラス:ノリノハイパー きれいにはがせるタイプ:テープのり

プラス
ノリノハイパー
きれいにはがせるタイプ
購入価格:540円


テープ幅:15mm
長さ:12m
10cmあたり:4.5円
使いきり型
ヘッドカバー式

[採点結果]

10位: 見た目はゴツいけど仕事は繊細です
10位: 見た目はゴツいけど仕事は繊細です

ちゃんとくっついて、名前どおりキレイに剥がせます。テープに3mmごとの切れ目が入っているので細かい長さ調整はできないのが玉にキズ。ヘッドカバーは「PUSH」ボタンを押すとフタが開いて便利です。

11位: レシートや新聞の
簡易貼り付けに最適

コクヨ:キャンパス ドットライナー スティック:テープのり

コクヨ
キャンパス
ドットライナー スティック
購入価格:112円


テープ幅:6mm
長さ:8m
10cmあたり:1.4円
使いきり型
キャップ式

[採点結果]

11位: レシートや新聞の簡易貼り付けに最適
11位: レシートや新聞の簡易貼り付けに最適

ヘッドが回転するので曲線もきれいに引けます。持ちやすくて引く時も余計な力がいらず、立てて置けて使い勝手は優秀です。ただ、貼って一晩おいたコピー紙がキレイに剥がせる程度の粘着力なので、仮止めなどに向いていそうです。

12位: ヘッドが短くて見えづらいし
粘着力の弱さもちょっと不安

プラス:ノリノポッド  キレイにはがせるタイプ:テープのり

プラス
ノリノポッド
キレイにはがせるタイプ
購入価格:302円


テープ幅:6mm
長さ:10m
10cmあたり:3.0円
詰め替え型
スライド式

[採点結果]

12位: ヘッドが短くて見えづらいし粘着力の弱さもちょっと不安
12位: ヘッドが短くて見えづらいし粘着力の弱さもちょっと不安

剥がせるタイプといっても付箋以下の粘着力なので、使い道がかなり限られそう。ヘッドが短かすぎて見えづらく、テープも透明で見えにくいうえ、ヘッドも出しにくいなど、残念ポイントがあちこちに……。

13位: 携帯性を追求しすぎ?
女性でも使いづらいかも

コクヨ:ドットライナー プチプラス:テープのり

コクヨ
ドットライナー
プチプラス
購入価格:226円


テープ幅:7mm
長さ:10m
10cmあたり:2.3円
使いきり型
スライド式

[採点結果]

13位: 携帯性を追求しすぎ?女性でも使いづらいかも
13位: 携帯性を追求しすぎ?女性でも使いづらいかも

約5.6×3cmと16製品中最小サイズで、女性でもちょっと使いづらいレベルです。スライドキャップが上に上がるのでヘッドが見えづらく、指の置き場を考えないと簡単に下がってきてしまいます。粘着力も微妙で、携帯性を追求しすぎて機能性を失ってしまった気がします。

13位: せっかくのスタンプ機能で
キレイに貼れない……

ニチバン:テープスタンパー テープのりDS:テープのり

ニチバン
テープスタンパー
テープのりDS
購入価格:267円


テープ幅:8.4mm
長さ:13m
10cmあたり:2.1円
詰め替え型
キャップ式

[採点結果]

13位: せっかくのスタンプ機能でキレイに貼れない……
13位: せっかくのスタンプ機能でキレイに貼れない……

約10.5×5.5cmでかなり大きめでゴツい見た目です。ただ、工具のような見た目に反して粘着力とテープ切れはイマイチで、せっかくのスタンプのり機能もキレイに貼るのは難しいもよう。

15位: 性能はピカイチなのに
デザインが足を引っ張った

ヤマト:グルーテープ:テープのり

ヤマト
グルーテープ
購入価格:265円


テープ幅:8.4mm
長さ:6m
10cmあたり:4.4円
詰め替え型
キャップ式

[採点結果]

15位: 性能はピカイチなのにデザインが足を引っ張った
15位: 性能はピカイチなのにデザインが足を引っ張った

のり切れ・粘着力は「さすがヤマト」というクオリティです。残念なのは、持ちにくいのと使用するとき接着面が全然見えないデザイン。キャップ式なのもガッカリ……。

16位: シンプルすぎて引く
向きがわからない……

無印良品:テープのり:のり

無印良品
テープのり
購入価格:280円


テープ幅:5mm
長さ:7m
10cmあたり:4.0円
詰め替え型
キャップ式

[採点結果]

16位: シンプルすぎて引く向きがわからない……
16位: シンプルすぎて引く向きがわからない……

粘着力はそこそこあるのに、持ちづらさと使用時のヘッドの見えにくさでポイントを落としています。さらに、全体がクリアデザインなので、引く向きがわからなくなるなど、とにかくつかいにくいとワーストバイというまさかの結果に終わりました。


いかがでしたか? テープのりはどれも同じように見えても、性能や使い勝手に差があるんですね。ぜひご購入の際の参考にしてみてください。