トラベル旅の小さな不満を解消する、おすすめガジェットは?

普段はまったく気にならないことでも、旅先ではちょっとしたストレスに感じることがあります。それが積み重なると、せっかくの旅行の楽しさが半減。そこで、旅先で生じるストレスを解消し、旅をもっと快適にしてくれる、おすすめガジェットを紹介します。

今回は宿泊先での滞在を快適にする2製品、有線LANを無線にできる「トラベルルーター」と、衛生的に使える「ポータブル電気ケトル」です。

トラベル BUFFALO「WMR-433W2-BK」

  • バッファローWMR-433W2-BK
  • 実勢価格: ¥2,100検証時価格: ¥3,630

ビジネスホテルなどでも有線LANを無線化!

旅行や出張の際、宿泊するホテルや旅館に無線LANルーターが完備されていないこと、ありますよね。そんなとき、安定したネット通信を行うために持っておきたいのが「トラベルルーター」です。

BUFFALO「WMR-433W2-BK」は、極小サイズながら十分な通信性能を発揮し、スイッチひとつで周波数を切り替えられるトラベルルーター。

本体と付属のUSBケーブルをまとめて保管できるポーチもついているので、バラバラで管理しなくても済むところもグッド。

45mm
高さ
15mm
奥行
45mm
重量(本体のみ)
19g
インターフェース
RJ-45型 8極(LAN)・microB(USB)
電源
5V
消費電力(最大)
2.5W
型番
WMR-433W2-BK
ビジネスホテルなどでも有線LANを無線化! イメージ

超コンパクトサイズで機能性は十二分。どこでも気軽に持っていける、優秀トラベルルーターです。

有線LANを挿せば
Wi-Fi化できる

有線LANを挿せばWi-Fi化できる イメージ

部屋に備え付けられた有線LAN端子と接続することで、簡単にWi-Fi化できます。また、スマホやタブレットのアプリを使えばセキュリティ設定も行えるので安心です。

動画を楽しめるくらいの速度は確保できます

動画を楽しめるくらいの速度は確保できます イメージ

2つの転送速度計測サイトでをテストしたところ、どちらも動画の再生には十分な速度が検出されました。よほど大きなデータを転送しない限りは十分に使えます。

5GHzと2.4GHzの切り替えも可能

5GHzと2.4GHzの切り替えも可能 イメージ

本体側面にはLAN端子やUSB端子のほか、5GHzと2.4GHzの切り替えスイッチやWPS ボタン、POWERランプが配置されています。

トラベルエスアイエス(SIS)「折りたたみケトル CK600」

  • エスアイエス折り畳みケトル
  • 実勢価格: ¥4,524検証時価格: ¥3,280

「ホテル備え付け」が嫌なら、このマイケトルがおすすめ

夜食や早朝のコーヒーを楽しみたいけれど、ホテル備え付けの電気ケトルは衛生面がちょっと気になる……。そんな時に便利なのが、折りたたみ式の携帯ケトルです。

エスアイエス(SIS)「折りたたみケトル CK600」は沸騰まで6分かからず、フタも熱くならないため、お湯を注ぐときも安心。お湯だけでなく簡単な調理器具がわりにもなります。

やや大きめですが、使い勝手を考えれば十分なクオリティです。

サイズ(使用時)
W21×D13.7×H17cm
サイズ(折りたたみ時)
W16.5×D13.7×H8cm
重量
700g
容量
200〜800ml
電源コードの長さ
75cm
型番
CK600

折りたたんで収納できる

折りたたんで収納できる イメージ

カバンの中に収納しやすく折りたためます。折りたたんでもやや大きめで、重量は70gほど。

内部のお手入れも楽にできる

内部のお手入れも楽にできる イメージ

超コンパクトとはいえませんが、注ぎ口が大きく、内部のお手入れが簡単なのは大きなメリットです。

サーモスタット機能付きで保温も可能

サーモスタット機能付きで保温も可能 イメージ

好みの加熱温度に設定できるほか、サーモスタット付きで保温できるのも高評価のポイントです。

ちょっとした調理もできる

ちょっとした調理もできる イメージ

レトルト食品の温めや、ちょっとした調理も可能。深夜に小腹が空いても手軽に夜食が楽しめます。

以上、旅を快適にするガジェットから宿泊先で活躍するおすすめ2選でした。有線LANを無線化できるバッファロー「WMR-433W2-BK」と、コーヒーや夜食に大活躍のエスアイエス「折りたたみケトル CK600」

便利アイテムで、旅をもっと楽しくしてはいかがでしょうか。

トラベルトラベルグッズの売れ筋ランキングもチェック!

トラベルグッズのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。