ビューティー「老けない肌」へのベストアンサーとは?

年を重ねるにつれてお肌は変わってくるもの。でも「年齢に応じて適切なケア」といっても、悩みの種類も気になるレベルも人それぞれ。同じ年齢でも必要なスキンケアは違うはずですよね。

いちばん大切なのは、年齢よりも「いま自分が何を求めるか」ということ。どの肌悩みを解決したいのか、まずは優先事項を考えて、必要なケアを取捨選択していくことが美肌への近道といえます。いらない情報は潔くシャットダウンし、高くて効かないものよりコスパ最強のアイテムを賢く選んでいきましょう。

そこで、雑誌『LDK』から生まれた姉妹誌であるコスメ雑誌『LDK the Beauty』(エルビュー)編集部が、美肌のプロにお悩み別のベストアンサーを教えてもらいました。今回は、「老けない肌の極意」の基本のき。おすすめアイテムも紹介します!

ビューティー老けない肌の極意1:基本をおろそかにして美肌ならず

美容医療によるスペシャルケアで一時的にキレイになっても、普段の生活で不摂生をしていたらせっかくのケアも台無しです。なんといってもスキンケアはお肌の土台づくりが肝心。基本をおそろかにすると、美肌には近づけません。

小林智子 先生
皮膚科専門医
小林智子 先生 のコメント

喫煙もエイジングを加速させるので注意!

ビューティー老けない肌の極意2:クリニック選びは慎重に

美容医療を受けるならクリニック選びも重要です。クリニックによって得意分野やメニューが異なるので、HPを見て事前リサーチを。先生との相性もあるのでカウンセリングも必ず受けましょう。

チェックポイント

  • カウンセリングをしっかりしてくれるか
  • 治療経過の説明があるか
  • 金額と治療内容に納得できるか
  • 先生の経歴や症例
飛田砂織 先生
美容皮膚科医
飛田砂織 先生 のコメント

美容医療は自費診療なので、説明に納得して治療を受けることが大切です。

ビューティー老けない肌の極意3:スキンケアは何より継続が大事

スキンケアアイテムは、使い続けることで効果を発揮するもの。塗り心地や香り、容器の使いやすさといった使用感も、購入時の見逃せないポイントです。ストレスなく使えるものを選びましょう。

コスメデイン 氏
現役化粧品開発者
コスメデイン 氏 のコメント

薬用は特に継続が重要! 使用感も侮れません。

ビューティープチプラでも高保湿が叶うおすすめの化粧水・乳液は?

ドラッグストアやバラエティショップなどで気軽に買える理想のエイジングケアラインを探し、「キュレル」「アクアレーベル」「なめらか本舗」「ムクナ」など人気の化粧水&乳液の10セットをテスト。なんと新作の「フィービービューティーアップ」が定番ブランドを抑えて見事ベストを獲得しました!

オトナの乾燥肌をしっかりうるおし、ハリやツヤも叶うエイジングケアラインです。

理想のエイジングケアライン「フィービービューティーアップ」

王冠アイコン

フィービー ビューティーアップ
モイスチャーバランスローション
実勢価格:3630円(150ml)

フィービー ビューティーアップ
リッチモイスチャークリーム
実勢価格:3650円(55g)

▼テスト結果

  • 保湿力    :◎
  • 成分(化粧水):◎+
  • 成分(乳液) :◎+
  • 使用感    :◎

ベストバイに輝いたフィービー ビューティーアップは、SNSでレビュー多数の注目ブランド。高保湿で使用感もよく、さらにオトナ肌にうれしい美肌成分満載とパーフェクトです。

成分 ~あらゆる肌悩みにアプローチ

大人の肌悩み全般にアプローチしてくれる優れもの。乾燥はもちろん、シワ、シミ、ハリ不足に全包囲する成分配合です。

石渡比奈子 氏
元化粧品メーカー勤務
石渡比奈子 氏 のコメント

刺激になる成分はありませんでした。

使用感 ~ベタベタ感なし!

ベタつかず、使い心地もバッチリです。化粧水はさっぱり系でクセがなく、クリームは油分多めの感触ですが肌なじみがいいです。

ビューティー化粧水の売れ筋ランキングもチェック!

化粧水のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、エイジングケアの基本とおすすめアイテムの紹介でした。美肌づくりの基本は保湿。参考にしてみてくださいね。