家電自宅での本格的な工作を叶える3Dプリンター

プラモデルのパーツを作成するなど、自宅での本格的な工作を叶える3Dプリンター。家庭で簡単に立体モデルが作れるようになるとあって近年一気に需要が高まっています。

しかし、値段や能力にも幅がある3Dプリンターは、いざ購入となってもどれにすればいいか困ってしまいがち。それだけでなく、造形方式や材料などはプリンターの対応しているものと自分の作りたいものが一致しているかきちんと調べてから買う必要があります。

そこで今回は、3Dプリンターの選び方の基本に加え、あらゆるタイプのおすすめ3Dプリンターを厳選してご紹介します。

家電3Dプリンターとは

一般的に、「プリンター」と呼ばれるものは紙などにインクを塗布して平面的な印刷をする機械ですが、3Dプリンターはそれにとどまらず、データをもとに金属や樹脂などの素材を一層ずつ重ねることによって、3次元的で立体的な物体を作り出すことができます。

この技術は開発されてから実用化の研究がなされ続けてきましたが、広く普及するには高価すぎた3Dプリンターはなかなか浸透しませんでした。しかし、2010年頃から個人向けの低廉化したものが登場し始め、自宅でも簡単に立体モデルが作れるとして、急速に普及し始めています。

家電3Dプリンターの選び方

ここでは、3Dプリンターの選び方についてご紹介します。3Dプリンターを買ってみたいけれど、種類が多すぎて選ぶのが難しいと感じている人は、ぜひ参考にしてください。

フィラメント(材料)

まずは、作成するものに使用するフィラメントを確認しましょう。3Dプリンターで何を作成したいのかによって使用材料が変わってきますので、それに対応するプリンター本体も自然と絞られてきます。

3Dプリンターで扱うことのできる素材は、樹脂(ABS樹脂 、PLA樹脂 、アクリル樹脂 、エポキシ樹脂 、ナイロン樹脂 など)、石膏(せっこう) 、ゴム(シリコンゴム) 、金属(鉄、マルエージング鋼、ステンレス、アルミニウム、銅、チタン)などがあります。

造形方式

フィラメントを確認したら、造形方式を見てみましょう。使用する材料によって対応するプリンターの造形方式が異なってきますので、注意が必要です。

3Dプリンターの造形方法には、熱溶解積層方式(FDM)、光造形方式(SLA)、粉末焼結方式(SLS、SLM)などがあり、それぞれ価格帯や特徴が違います。この他にもまだありますが、家庭で使用できるプリンターの中で扱いやすいものはほとんどが上記のいずれかの方式に当てはまります。

機能

家庭用の3Dプリンターには、様々な機能を搭載しているものがあります。基本的にたくさんの機能が付いているほど値段は高くなる傾向にありますが、初心者でも失敗せずにより高度な製作がしやすくなります。

付いていた方がいいおすすめの機能は、機器にモニターやタッチパネルが搭載されているものです。このタイプは、パソコンに繋いで専用ソフトなどを使用しながら操作するものとは違って操作がプリンターのみで完結するので、煩雑でわかりにくい操作が減り、より手軽に製作を行うことができます。

他社製の材料が使用できるかというのもコスパを考える上では大きなポイントとなります。ものによってはプリンターの生産元と同じメーカーの素材しか扱えない商品もありますが、それだと使い勝手やコスパが悪いと感じる人もいるでしょう。

また、オートキャリブレーションという自動水平調整機能が付いていると台座の角度の設定などを間違えて失敗することもないため、初心者も安心です。

価格

自宅用3Dプリンターの値段は数万円〜数十万円ととても幅が広いため、価格が予算内に収まっているか注意することが必要です。対応している材料や造形方式、機能などによっても価格は大きく変わってきますので、上記の条件と予算の価格帯が見合っているか確認しておきましょう。また、その商品が希望する造形方式や材料に対応しているかを買う前に念入りにチェックしておかないと、買い物に失敗してしまうことに繋がる可能性があるので注意が必要です。

家電3Dプリンターのおすすめメーカー(ブランド)

3Dプリンターのおすすめメーカー(ブランド)を3社、紹介していきます。

「XYZプリンティング」

個人用の3Dプリンターでおすすめのメーカーといえば、「XYZプリンティング」です。このメーカーは自宅で使用するのにちょうどいいサイズ感で、操作性においても扱いやすいモデルが多数販売されています。また、値段も比較的安価なものが多く、初めて3Dプリンターを買うという人におすすめのメーカーです。

Ninjabot

ニンジャボットは2014年に設立された日本のメーカーです。独自設計の3Dプリンターを製造していて、低価格で初心者におすすめの入門用3Dプリンターも揃っています。シンプルで可愛らしいデザインが魅力で、導入後のサポートまで国内のスタッフが対応してくれます。

Anycubic

Anycubicは、3Dプリンターの開発販売を中心に行っている企業です、手頃な価格ながら高性能で、デザイン性にも優れたプリンターを数多く開発していて、企業や学校、デザイナーなど世界中の様々な背景を持つユーザーへ提供しています。

家電3Dプリンターのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、おすすめの家庭用3Dプリンターをランキング形式でご紹介します。3Dプリンターの購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

【1位】XYZプリンティング ダヴィンチmini w+

XYZプリンティング 
ダヴィンチmini w+

実勢価格:3万3800円
サイズ:37.8cmx28cmx35.5cm

こちらの商品は、家庭用3Dプリンターとして国内でトップのシェアを誇っている非常に人気のモデルです。使用可能材料は、PLA、タフPLA、PETG、抗菌性PLAなどの樹脂類で、造形方式は熱溶解積層方式です。最大造形サイズは大きめの150×150×150mmとなっています。

オートキャリブレーション機能が付いているため難しい設定なく自動で水平調節ができ、サイズが小さめで本体重量も7.7kgと軽いので、持ち運びに苦労することがありません。またWi-Fi接続に対応しているため、専用ソフトを利用して遠隔で印刷を行えますし、タブレット等を使用しての印刷も可能となっているのが嬉しいポイントです。

家庭のみならず学校や企業などでもよく利用されているので、信頼度が高い3Dプリンターと言えます。

【2位】XYZプリンティング ダヴィンチnano

XYZプリンティング
ダヴィンチnano

実勢価格:2万4800円
サイズ:37.8cm×28cm×35.5cm

こちらは1位のダヴィンチmini w+と同じメーカーのプリンターですが、更にコンパクトサイズとなっています。本体重量は5kgも無いので非常に軽量のプリンターと言えます。最大造形サイズは120×120×120mmで、熱溶解積層方式を採用しており、使用可能フィラメントは1位でご紹介したものと同一です。また、同様にオートキャリブレーション機能も搭載されています。

3色のLEDライトでプリント状況を表示してくれることで、直感的にわかりやすくお子様やビギナーでも使いやすいシンプルな操作性が魅力となっています。

【3位】QIDI TECH X-Plus

QIDI TECH
X-Plus

実勢価格:9万949円

こちらは、静音プリント、空気清浄、Wi-Fi接続機能、ワンボタンクイックレベリングなど、様々な機能を備えている3Dプリンターです。ダブルZ軸を搭載することで、最大で270mm×200mm×200mmという大きなサイズのオブジェクトでも安定してしっかりと造形することが可能となっています。

プレートは取り外し可能となっており、表側はPLA、ABS、TPU、PETGなどの一般的なフィラメントを、裏側はナイロン、カーボンファイバー、PCなどの素材をプリントできます。他社製のフィラメントとも互換性があるため、コスパよく製作することができます。また、メーカーのアフターサービスが充実しており、24時間サポートを受けられることも大きな魅力です。

【4位】グラフテック SILHOUETTE ALTA PLUS

ローランドディージー
グラフテック SILHOUETTE ALTA PLUS

実勢価格:2万7800円
サイズ:25.1x22.9x47.6cm

こちらは、熱溶解積層方式の3Dプリンターです。本体サイズは251mmx229mmx476mmとコンパクトで、非常に扱いやすくなっています。最大造形サイズは約124mmx124mmx130mmで、専用の3D デザインソフトウェアが付属しているので、別途ソフトウェアを用意する必要はありません。

対応している材料は純正のPLAフィラメントなので、様々な素材で違った質感の3Dモデルを製作したいという方は物足りないと感じるかもしれませんが、シンプルな使いやすさという視点では充分な商品です。

【5位】Ninjabot ニンジャボット・コペン

Ninjabot 
ニンジャボット・コペン

実勢価格:3万9388円
サイズ:84x104x110㎜

ニンジャボット・コペンは3Dプリンターを初めて使用される方に導入機としておすすめしたい商品です。本体サイズは約20cm角でコンパクト、重量もわずか1.5kgと軽量な上に動作音も小さめなので、リビングでの使用でも邪魔にならない存在感です。最大造形サイズは84mmx104mmx11mmなので、大きめのオブジェクトを作成したいという方には不向きかもしれません。

日本語表記の初心者向けのソフトウェアを標準装備しているというのが魅力的なポイントです。

【6位】ELEGOO MARS PRO UV

ELEGOO 
 MARS PRO UV
 
実勢価格:3万4999円
サイズ:56.4x28.6x28.4cm;6.2Kg

こちらは、UVライトによる光硬化式の3Dプリンターです。光硬化式は、熱溶解積層方式などに比べて格段に精度の高い造形が可能になり、小さなモデルの細かいディテールもシャープで滑らかに表現してくれます。

USBによるオフライン印刷に対応しており、最大で約115mmx65mm150mmのサイズの3Dモデルが作成可能です。また、付属のシリコンゴム製のシールや内蔵されている活性炭によって制作中のフィラメントの匂い漏れやを防ぎ、快適にプリンティングすることができます。

また、スライスファイルに.ctb形式を採用することにより、大きなモデルを作成する際の成功率が大幅に高くなっています。

【7位】ANYCUBIC MEGA-X

ANYCUBIC
MEGA-X

実勢価格:5万4999円
サイズ:500mm×500mm×553mm

ANYCUBIC MEGA-Xは、最大造形サイズが300mmx300mmx305mmとかなり大きいことが特徴の3Dプリンターです。対応しているフィラメントは、PLA、ABS、HIPS、Wood、TPU等で、熱溶解積層方式で造形します。

タッチパネルや簡単に操作できるレベリング調整ノブが搭載されているので、より感覚的な操作が可能となっています。また、本体は組み立て式ですが、簡単な手順なので初心者でもスムーズに製作を開始できます。

またサポート体制も充実しているので、問題が起きても安心なのもポイントです。

【8位】ANYCUBIC Mega Zero 2.0

ANYCUBIC
Mega Zero 2.0

実勢価格:2万4999円
サイズ:50.4 x 50.4 x 26.8 cm

こちらはタッチパネルが搭載されている熱溶解積層法の3Dプリンターです。最大造形サイズは220mmx220mmx250mmと大きめで、対応フィラメントは、PLA 、TPU、PETG、ABS、木材となっています。

また、プレートに磁気シートを採用していることで、印刷が完了した造形物を剥がす際に造形物を壊してしまうリスクが低くなっていることに加え、紙や接着剤をマスキングせずに再利用することができます。

また、プリント途中でフィラメントの色を変更することができることも魅力といえます。

【9位】Comgrow Creality Ender-3 pro

Comgrow
Creality Ender-3 pro

実勢価格:3万2999円
サイズ:‎53.5 x 38.8 x 21 cm

こちらの3Dプリンターは熱溶解積層方式を採用していて、ABSやPLAなどの樹脂や木材、TPU、グラデーションカラー、カーボンファイバーなどの材料を加工できます。

低騒音と耐摩耗性の高い特許を取得した技術を採用しており、目詰まりなども軽減できる仕様になっています。

また、本商品はender 3/3 Xというモデルをベースにして配置を大幅アップグレードしており、停電などの予期しない停止がされた際、その位置から印刷を再開することもできます。また、印刷品がより簡単に取りやすく改良された磁気ソフトシートをプラットフォームシートとしています。

【10位】JGAURORA 3Dプリンター A5S

JGAURORA
3Dプリンター A5S

4万9999円
製品サイズ:‎43.2 x 39.5 x 41.8 cm; 13.8 kg

こちらのJGAURORAの3Dプリンターは熱溶解積層方式でSDカードまたは内蔵USBポートを介して印刷します。

対応フィラメントは、PLA、ABS、木材等、また最大造形サイズは305mmx305mmx320mmと大きいので、より広い幅のモデル製作を想定している方におすすめです。その分本体サイズも536×480×543mmと大きめなので、あまり場所を取りたくないという方には不向きかもしれません。

タッチパネルはフルカラーでアイコンベースなので、より直感的な操作が可能です

家電3Dプリンターの売れ筋ランキングもチェック!

家電おわりに

今回は、家庭で使用できるおすすめの3Dプリンターを10商品ご紹介しました。比較的安価で購入できる商品も多く、家庭でも手を出しやすい製品が増えています。扱える素材の種類や造形方式、機能性など様々なタイプをご紹介していますので、ご自宅で3Dモデルの作成を楽しみたいという方はぜひ参考にしてください。