ビューティーメーカー激推しアイテムの真相は?

SNSで複数の人が同じタイミングでオススメする「#PR投稿」。定型文のような内容で、本当にオススメしていいるのか疑問を感じることってありますよね。

また、「1位」「10秒に20個売れた」といった言葉の多用。強調する割に、1位の根拠となるデータが短期間だったり過去のものだったりすることも。これらは一体どこまで信じればいいの……?

そこで雑誌『LDK』から生まれた姉妹誌であるコスメ雑誌『LDK the Beauty』(エルビュー)編集部では、このようなメーカー激推しの裏に潜む真実を徹底的に調査。プロへの取材やテストでわかった美容の正しい知識をお届けします。

今回のワードは、売り場に増えすぎな「CICA」と、トレンドを超えてもはや定番化している「韓国コスメ」、エイジングケア成分配合の代名詞「ナイアシンアミド」の真相です。

ビューティーQ. シカ成分には肌の再生力があるって本当?

A. ウソ。再生はしないけど保湿や
抗炎症作用はアリ

美肌大国、韓国で大人気のシカ成分(植物成分ツボクサエキス)入りのコスメをよく見かけるようになりました。ツボクサは抗炎症作用や鎮静作用、血行促進作用など多くの働きがあるとされ、古くから中国の中医学やインドのアーユルヴェーダなどで万能薬として珍重されてきたものです。

ただ、シカ成分は肌荒れの救世主的な扱いをされているものの、医薬品ではないので配合量は製品によってバラバラ。肌悩みを根本改善するというよりも、今の肌が荒れないように予防するために使うべきアイテムです。全員が使うべき万能成分というわけではありません。

日本でも以前から使用されている成分

乾燥や炎症を抑え肌荒れを防ぎます。

CIKAはスキンケアもメイクも急増中です!

ビューティーQ. 韓国コスメは日本人に合わないの?

A. そうでもない!  国よりもどこのメーカーが出しているかにもよる

化粧品の安全基準は国が大枠を決め、細かい部分はメーカーの自主基準になっています。そのため、日本製=安全で海外製品=危険と断定するのは間違いです。

今は、次々と韓国ブランドが上陸しています。

でも現地で購入したものは要注意

高濃度で肌トラブルが起きるリスクもあるので、注意しましょう。

コスメデイン 氏
現役化粧品開発者
コスメデイン 氏 のコメント

配合基準を国が決めている成分もあるので、個人輸入などは安全性が保証されていないと思うべき。

ビューティーQ. ナイアシンアミド配合ならプチプラでもシワ改善可能?

A. ホント! 長期検証で効果を実証済み!

シワ改善美容液は高いものが多いので、安いと効かないのでは?と思われがちですが、検証の結果しっかり数値の変化が見られました!

無印良品
エイジングケア
薬用リンクルケア美容液

美容液
実勢価格:1490円/30g

無印良品「エイジングケア 薬用リンクルケア 美容液」は、ナイアシンアミド配合、コスパ最強の安アイクリームです。

ナイアシンアミドは、厚生省でシワ改善効果が認められている成分の1つ。低刺激なので、誰でも取り入れやすいのが特徴です。

約1カ月でも効果を実感!

見た目に変化が現れました。値段が安くてもちゃんと効くものもあるんです!

※専門機器VISIAで測定

ビューティーQ. ナイアシンアミドはビタミンCと併用はNG?

A. ウソ。高濃度製品以外は気にしなくていい

10%以上などの高濃度な製品を同時に使うのは肌荒れのリスクがありますが、それ以外の製品はとくに問題ありません。高濃度をうたっているブランドは、朝と晩で分けて使うのがベターです。

篠崎功 氏
ハリウッド大学院大学 客員教授
篠崎功 氏 のコメント

ナイアシンアミドもビタミンCも3〜5%ほどで効果は出ます。

ビューティーアイクリームの売れ筋ランキングもチェック!

アイクリームのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、メーカー激推しの裏側に潜むを真実をお届けしました。

本当に大事なのは、流行りにのっかることよりも、自分に必要か見極める力です。正しい知識にアップデートして、怪しいウワサやワードに惑わされないようにしましょう!