食品雑貨お茶時間をもっとステキにするお茶の基本と選び方は?

食事のときや、仕事や家事の合間にほっとひと息つきたいとき、みんなが集まる楽しいひとときなどに欠かすことのできないお茶。何気なく選んだお茶や買ってきたお茶もいいけれど、せっかくなら自分好みの茶葉を選んで、美味しい淹れ方で飲みたいですよね。

そこで、よく飲むお茶である「日本茶」「紅茶」「中国・台湾茶」それぞれの基本から選び方、おすすめの茶葉まで、紹介したいと思います。

今回は、日本茶を選ぶために知っておきたいこと、名産地別のおすすめ煎茶「静岡編」を紹介します。

食品雑貨おいしい日本茶を選ぶために知っておきたいこと

日本茶の生産量ベスト5

お茶は、産地で比べると味の違いもはっきりあるんです。まずは日本茶の生産量ベスト5をご覧ください。

  • 1位 静岡県 36%
  • 2位 鹿児島県 34%
  • 3位 三重県 7%
  • 4位 宮崎県 4%
  • 5位 京都府 3%

参考資料:農林水産省「令和2年産茶の摘採面 積、生葉収穫量及び荒茶生産量」より

煎茶といえば静岡のイメージが強い人が多いと思いますが、2019年には鹿児島は茶の生葉産出額で静岡を抜いて1位に。生産量でも静岡を猛追し、静岡と並ぶ大産地となっています。ちなみに2021年は静岡で全体の42%、ついで鹿児島が37%でした。

森田徹 氏
日本茶専門店「OHASHI」店主
森田徹 氏 のコメント

順位と見比べながら各地のお茶を飲んでみてください。

茶葉の種類や製法の違いが味の違いにつながる

お茶の産地によって、茶葉の種類や育つ環境に違いがあります。また同じ淹れ方でも蒸し加減の違いなど、製法によっても味や色に差が出るのです。深蒸しは色が濃く、浅蒸しは色が薄いお茶になります。

好みの味を見つけたら、産地と製法をチェックして覚えておくと次に選ぶときに便利です。

茶葉の生産地とお茶を製造する地域が違うものもある

表示は茶葉の産地でも、別の地域の製法で作られることで産地の他製品とは違う印象の味に仕上がるものもあります。産地や味にこだわる際には注意して表示を見てみましょう。

裏面の表示を確認すると、鹿児島の茶葉を静岡で加工していることが分かります。

今回は、まずは試してみたい「鹿児島県」「静岡県」「宮崎県」「京都府」4県の中から、「静岡県」のおすすめの茶葉3選をご紹介します。

静岡県産のお茶の特徴は?

静岡のお茶は同じ県とは思えないほど産地や扱うお店によって個性や特徴がさまざまです。特徴には差があるのですが、どのお茶もバランスがよくおいしいです。

食品雑貨静岡県産おすすめ1:うおがし銘茶「茶・銀座」

王冠アイコン

うおがし銘茶
茶・銀座
実勢価格:1620円/200g

原産国 日本・静岡県

静岡県産の煎茶のなかでも、うおがし銘茶「茶・銀座」は、フレッシュな香りや色が楽しめるうえバランスがいい万人受けする味で、優等生的な飲みやすいお茶でした。

バランスがよくおいしい

少し濁った黄緑色の「ザ・お茶!」という見た目と、苦み・甘みの両方をしっかり感じるお茶らしい風味が特徴です。

バランスがとれた味で飽きがきません!

食品雑貨静岡県産おすすめ2:神楽坂銘茶 楽山「深蒸し煎茶 掛川茶」

神楽坂銘茶 楽山
深蒸し煎茶
掛川茶
実勢価格:1080円/100g
原産国:日本・静岡県

神楽坂銘茶 楽山「深蒸し煎茶 掛川茶」は、通常の煎茶より蒸し時間が長いのが特徴で、色が濃くしっかりした味で、ほのかな甘みも感じられます。

強めの渋みがクセになります!

食品雑貨静岡県産おすすめ3:伊藤園「静岡 川根煎茶」

伊藤園
静岡 川根煎茶
実勢価格:1080円/100g

原産国:日本・静岡県

伊藤園「静岡 川根煎茶」は、徳川幕府にも献上されていたという味はお墨付き。軽やかな上品さのある味で、フレッシュな香りが魅力です。

香りが高く、上品な味わいです。

食品雑貨日本茶の売れ筋ランキングもチェック!

日本茶のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、名産地別のおすすめ煎茶「静岡編」でした。いつもよりちょっとこだわって茶葉を選んで、お茶の時間を楽しんでみてください。