食品雑貨冷凍肉を美味しく
いただく解凍方法は?

お肉の解凍って時間がかかるしドリップと一緒に旨みも出ていっちゃう感じがして、悩みのタネ。

自然解凍したり冷蔵庫で解凍したりと、人によって方法はさまざまですよね。だけど、本当に美味しく解凍できるのはどんな方法か、気になりませんか?

今回は4つの方法で解凍し、解凍の速さと解凍後の肉の状態を調査しました。

[テスト方法]

①~④の方法で解凍した時間を測り、解凍後の状態を調べました。

①解凍皿
解凍皿に肉を乗せる

②冷水
肉をジッパーバッグに入れて冷水の入ったボウルに入れる

③常温
バットに肉を乗せ、室温27度の部屋で放置する

④冷蔵庫
バットに肉を乗せ、冷蔵庫に入れる

さて、解凍時間が一番短かく、肉の状態がよかったのは?

記事1位BEST[1位]解凍皿
厚みも形もそのまま解凍!

杉山金属:瞬間解凍皿:クイックプレート

杉山金属
瞬間解凍皿 クイックプレート
実勢価格:2618円

こちらが解凍後。解凍がずば抜けて速く、ドリップも出ず、厚み・形ともにそのままで、切り口もきれいな状態でした!

記事2位BEST[2位]冷水
解凍皿には劣るけど健闘

[テスト結果]
解凍時間55分

解凍皿に次いで速かったのが、冷水で解凍するという方法でした。

鮮度を保ったままの状態で解凍でき、ドリップも出ませんでした。

記事3位BEST[3位]常温
ややドリップが出たのが残念

[テスト結果]
解凍時間115分

3位は27度の室内で放置した方法。

他の解凍方法より肉の色味がきれいな瞬間がありましたが、その後すぐに水気が出てきました。

4位: [4位]冷蔵庫
時間はかかるけど状態は良し

[テスト結果]
解凍時間255分

低い温度でゆっくりと解凍したこちらの方法は、肉の色味や切り口はキレイですが、解凍に時間がかかりすぎます。

使いたいときにすぐに使えないのがイマイチ。

食品雑貨急いでいるときは
この方法もアリ!

肉100gに対して、解凍モードで1分半レンチンすると半解凍になるという噂を耳にし、さっそく実験してみました!

行ったのは、肉をラップにくるみ、解凍モードで1分、裏返して30秒レンジにかけるという方法です。

形がややゆるくなりましたが、時間に気をつければ充分使えます。

レンチン後は、半解凍の状態で冷蔵庫に入れると、ドリップも出ずに保存できますよ。


肉の解凍は解凍皿か冷水がオススメです。急いでいるときは、レンチンもぜひ活用してみてください!