食品雑貨主婦に人気の冷凍商品の中身を
20時間ぶっ続けで数えました!

冷凍食品メーカーの製品とコンビニPB、どちらがお得か。前回好評だったエビピラフに引き続き、今回は、「エビフライ」「シーフードミックス」「たこ焼き」「冷凍グラタン」を調査。具の数や割合などを一粒一粒カウント。かかった時間は約20時間。パッと見ではわからない真のお得製品をお教えします!

テスト現場の様子です、私語一つない厳粛な雰囲気でした。

なお、本記事は、テストする女性誌『LDK』2017年2月号のランキングとなります。現在、商品が変更していたり、パッケージが変更している商品がございます。商品名やパッケージ、購入価格は調査時点のものとなります。

食品雑貨【エビフライ】大ぶりエビで
食べごたえバツグンな本家がお得!

エビフライは、冷凍食品本家の製品に加え、PBのセブンプレミアムとトップバリュの製品を比べました。この検証では、なんとひとつひとつエビフライの衣を脱がせて、エビと衣それぞれの重さの比率を出しました。

これから衣を剥がします。エビが恥ずかしそうでした……。

検証の結果、エビが最も多いのは本家でした。エビの重さの平均をみても、トップバリュは本家やセブンの約半分と、衣の中に秘めたエビのしょぼさが明らかとなりました。

タイランド
フィッシャリージャパン
さっくり!海老フライ
実勢価格:397円/8尾
1尾あたりの価格:49.6円

エビの平均:7.6g/衣の平均:10g 

エビ:衣の割合は4:6でした。衣に対するエビの割合が大きいうえに、1尾あたりの値段も安かったです。

セブンプレミアム:プリッとした食感の海老フライ:冷凍食品:冷食

セブンプレミアム
プリッとした食感の
海老フライ
実勢価格:429円/8尾
1尾あたりの価格:53.6円

エビの平均:7.8g/衣の平均:17.1g 

エビ:衣の割合は3:7でした。エビ自体の大きさは本家とそこまで変わりません。衣も含め大きいせいか値段もほかの製品より高めです。全体的なボリュームを重視する人はこれがいいですね。

トップバリュ:サクサクした食感のえびフライ:冷凍食品:冷食

トップバリュ
サクサクした食感の
えびフライ
実勢価格:399円/8尾
1尾あたりの価格:49.9円

エビの平均:4.5g/衣の平均:15.4g 

エビ:衣の割合は2:8でした。さくさく感をウリにしているせいか、衣がほかの製品よりも厚かったです。中のエビが貧弱で細いのが気になります。

一番お得だったのは、本家メーカーの製品でした。エビフライなんだから、エビをしっかり味わいたいのは当然! 本家のように、中のエビがしっかり大きいのがお得な要因です。トップバリュのように衣で大きく見せるのはガッカリ製品です。

食品雑貨【シーフードミックス】大ぶり魚介
429円と破格のセブンが◎

シーフードミックスは、冷凍食品本家メーカーの製品に加え、PBのトップバリュとセブンプレミアムの製品を比べました。こちらも具材をひとつひとつ分けて、数をかぞえました。

検証の結果、同じエビとイカの組み合わせでも、その品質に差がありました。特にイカのサイズに違いが目立ちました。セブンプレミアムはイカの大きさ、品質とも◎。値段もトップバリュよりお得です。

タイランド:フィッシャリージャパン:いか・えびミックス:冷凍食品:冷食

タイランド
フィッシャリージャパン
いか・えびミックス
実勢価格:197円/110g
10gあたりの価格:17.9円

エビ:15尾/イカ:27コ 

イカの数は多いですが、熱を加えて縮んだら米粒サイズになり、見失いそうなほど貧相だったのが残念です。

トップバリュ:えび・いかミックス:冷凍食品:冷食

トップバリュ
えび・いかミックス
実勢価格:321円/170g
10gあたりの価格:18.9円

エビ:23尾/イカ:28コ 

そこそこの大きさのイカもありましたが、かけらのような小粒なものもあり、バラつきが激しかったです。

セブンプレミアム:シーフードミックス:冷凍食品:冷食

セブンプレミアム
シーフードミックス
(えび・いか)
実勢価格:429円/200g
10gあたりの価格:21.5円

エビ:41尾/イカ:20コ 

ほかにはない肉厚のイカが20コも! いろいろな部位が入っているのもうれしいところです。数もクオリティもダントツでした!

本家メーカーのイカ 
セブンプレミアムのイカ 

一番お得だったのは、PBのセブンプレミアムの製品でした。検証ではイカの大きさで差が出ました。肉厚でぷりっとしたセブンのイカに対して、本家メーカーは見るからにひょろひょろだったのが残念です。

食品雑貨【たこ焼き】たこの大きさはセブン
大容量派はイオンを選ぶべし

たこ焼きは、冷凍食品本家メーカーの製品に加え、PBのみなさまのお墨付き(西友)、セブンプレミアム、トップバリュの製品を比べました。この検証では、たこ焼きの生地から中のたこを取り出し、大きさを比べました。

たこ焼きで大切なのはもちろんたこの大きさ。たこのおいしさを求めるなら、セブンプレミアム一択です。1個あたりの値段は少々高めですが、満足感があるのは間違いありません。

ニッスイ:たこ焼き:冷凍食品:冷食

ニッスイ
たこ焼き
実勢価格:300円/20個入
1コあたりの価格:15円

本家ながら値段がおさえめだからか、たこのサイズもおさえめでした。

みなさまのお墨付き:たこ焼き:冷凍食品:冷食

みなさまのお墨付き
たこ焼き(冷凍)
実勢価格:429円/32個入
1コあたりの価格:13.4円

中身のたこは申し訳程度でした。たこを食べている感覚がなく、これじゃ生地焼きです……。

セブンプレミアム:たこ焼き:冷凍食品:冷食

セブンプレミアム
クリーミーな食感
たこ焼き
実勢価格:278円/6個入
1コあたりの価格:46.3円

4製品の中でたこが一番大きかったのがこれ。高いけど超立派です! 色味もキレイなものが入っていました。

トップバリュ:たこ焼き:冷凍食品:冷食

トップバリュ
かつおと昆布のだしをきかせ
中はトロリとした食感 たこ焼き
実勢価格:248円/450g
1コあたりの価格:13.8円

たこの大きさはセブンに次ぎます。大容量で個数が多いのがうれしいです。コスパで選ぶならこっちです。

本家メーカーの断面 
セブンプレミアムの断面 

一番お得だったのは、たこの大きさではPBのセブンプレミアム、容量はこちらもPBのトップバリュという結果になりました。たこのサイズの違いは、割った断面を見ただけでまるわかりです。セブンプレミアムと本家メーカーでは写真のような違いがありました。

食品雑貨【冷凍グラタン】本家の
たっぷりマカロニにPB完敗

冷凍グラタンは、冷凍食品本家メーカーの製品に加え、PBのスマイルライフの製品を比べました。こちらはクリームから具材を取り出し、数をかぞえました。

グラタンからマカロニを発掘すると、本家メーカーはじゃんじゃん出てきました! スマイルライフはそれに対抗してペンネを持ってきましたが、やはりクリームばかりな印象がありました。1食あたりの価格を見ても、本家に及びませんでした。

ニチレイ:えびとチーズのグラタン:冷凍食品:冷食

ニチレイ
えびとチーズのグラタン
実勢価格:278円/2食
1食あたりの価格:139円

エビ:3コ 

欠けているものも数えると、マカロニが49本も入っていました。2食入りなので、1食あたりは後述のスマイルライフより約60円も安い計算になります。

スマイルライフ:クリーミー えびグラタン:冷凍食品:冷食

スマイルライフ
クリーミー
えびグラタン
実勢価格:214円/1食
1食あたりの価格:214円

エビ:4コ 

ペンネを使っている分、食べごたえはありますが、全部で17本はちょっとさみしい印象です。エビは4尾入っていました。

お得だったのは、本家メーカーの製品でした。マカロニの数が圧倒的に多いのはもちろん、2食入りなので値段もお得です。


今回は、PBと本家メーカーの冷凍食品の中身をガチで数えて検証しました。パッケージではわからない、具材の数や大きさがおわかりいただけたかと思います。次回はおかずバージョンのPBvs本家対決をお届けしますので、そちらもお楽しみに!


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。