トラベル4つの項目で
6モデルを徹底比較!

普段はこだわり抜いたアメニティを使っているのに、旅行の時だけ「荷物に入らなそうだし、ま、いっか」とホテルの備え付けのものを使っていたりしませんか? でも本当は、旅先でもお気に入りのものを使いたいですよね。こんなとき役に立つのが、吊り下げられるタイプのトラベルポーチです。

シャンプー類や化粧品などがコンパクトに収まって、宿泊先の洗面所のバーなどに吊り下げるだけでササッと使えるスグレモノです。

今回はそんな吊り下げ式のトラベルポーチのベストを見つけるべく、人気の高い6製品(無印良品、Volador、トラベルアース、コールマン、アウトドアプロダクツ)を集めて比較検証を行いました。

ポーチなので収納量は大切なポイントですが、今回は旅行先での使いやすさを考慮して「収納力」「整理しやすさ」「使い勝手」「耐久性」という4項目の比較検証を行いました。

①収納力
旅行サイズのアメニティグッズやボトルなどを用意し、実際に詰め込んでどれくらいのものが入るかをチェック。また、厚さのないものを入れるポケットの数も重視しました。

②整理しやすさ
ただゴチャゴチャに詰め込めても、何か取り出したいときに中身を全部出すようでは使いやすいとは言えません。ポーチの中でものが散らばらないか、入れたものが出しやすいかなどをチェックしました。

③使い勝手
フックが吊るしやすいか、入れたものがどこに入っているかすぐわかるか、持ち手部分は持ちやすいかといったユーザビリティの部分をチェックしました。

④耐久性
2kgのおもりを入れて壁に掛け、耐荷重テストを行いました。素材や縫製などがしっかりしているかもふくめ、総合的に耐久性を確認しました。

A評価バッグスマートは収納力も
使いやすさもピカイチ!

バッグスマート(BAGSMART):バスルームポーチ:ポーチ

バッグスマート(BAGSMART)
バスルームポーチ
実勢価格:1650円

テスト結果はコチラ

収納力:★★★★★
整理しやすさ :★★★★☆
使い勝手:★★★★☆
耐久性:★★★★☆

サイドポケットが付いたバッグスマートのバスルームポーチはマチが深く、ものをたくさん詰め込めるのが高ポイント。フックや縫製などもしっかりしていて、耐久性も問題なしです。

上開きになっているので、壁に吊ったとき手を離してもフタが閉じてしまうことがありません。また、床に置いた状態でも出し入れしやすいんです。

普段使っているアメニティグッズ一式はもちろんのこと、小型のドライヤーまで入る大容量! この容量なら、旅先でもいつもと同じように身支度ができます。


Voladorも悪くないのですが……

以前のトラベルポーチ比較でベストに選ばれたVoladorの「バスルームポーチ」も比較対象だったのですが、在庫切れのため、今回は詳しい紹介を割愛させていただきます。

トップのバッグスマートと似たような形状で、収納力、整理しやすさ、使い勝手は遜色ありませんでした。ポケットが多い分、収納量はVoladorの方が上という感じでした。

しかし、フックの耐久性がイマイチで、縫製も心もとない部分が見られたため、今回の検証では残念ながら「B評価」にいます。

B評価収納力は今ひとつだけど
工夫が光るトラベルアース

トラベルアース(TRAVEL EARTH):バスルームポーチ:TE-032:ポーチ

トラベルアース(TRAVEL EARTH)
バスルームポーチ(TE-032)
実勢価格:2700円

テスト結果はコチラ

収納力:★★★☆☆
整理しやすさ :★★★★☆
使い勝手:★★★★☆
耐久性:★★★☆☆

トップの商品に比べると収納力は落ちますが、トラベルアースのポーチはバスルームで使うことがしっかりと想定されています。

取り外し可能なビニールのバッグインバッグ付きで、防水性は高めです。

中のバッグにものを入れすぎると外側が使えなくなってしまいます。ポケットも使いづらく、収納力は今ひとつですが、バスルームで気兼ねなく使いたい方にはおすすめです。

B評価アウトドアプロダクツは
ケースを外して持ち運べます

アウトドアプロダクツ:バスルームポーチ:OD-071:ポーチ

アウトドアプロダクツ
バスルームポーチ(OD-071)
実勢価格:1874円

テスト結果はコチラ

収納力:★★★☆☆
整理しやすさ:★★★★☆
使い勝手:★★★★☆
耐久性:★★★☆☆

アウトドアプロダクツの「バスルームポーチ」はカバーにケースがボタン留めされています。

大小2つのケースはボタンを外して別々に持ち運ぶことができます。本体をホテルの壁に掛けておき、洗面所に必要なものだけ持って行くという使い方もできます。

しかし、このポーチは耐荷重がやや難点です。重いものを詰め込みすぎると壁に掛けたときに落ちてしまう可能性が……。大小のケースを別々に持ち運べるのは便利なので、あまり荷物が多くない人はアウトドアプロダクツもアリかもしれません。

B評価整理のしやすさは文句なし!
でも収納力が残念な無印良品

無印良品:ポリエステル 吊して使える洗面用具ケース:ポーチ

無印良品
ポリエステル 吊して使える洗面用具ケース
実勢価格:1590円

テスト結果はコチラ

収納力:★★☆☆☆
整理しやすさ :★★★★★
使い勝手:★★★☆☆
耐久性:★★★★☆

ケースの作りががっしりとしていて、荷物の整理がしやすい無印良品の「吊して使える洗面用具ケース」。

ボトル類をベルトでしっかり固定できます。硬めの素材なので、薄いものをポケットに入れてもぐちゃぐちゃになりません。

ただし、量はあまり入りません。こちらも荷物少なめの方向きといった感じです。

C評価: 収納力が不足
フックも不安

コールマン:C-バスルーム オーガナイザー:ポーチ

コールマン
C-バスルーム オーガナイザー
実勢価格:2376円

テスト結果はコチラ

収納力:★★☆☆☆
整理しやすさ :★★★☆☆
使い勝手:★★☆☆☆
耐久性:★★★★☆

コールマンのポーチはサイズが小さめで、ものがあまり入りませんでした。

メインポケット側面がビニールで、中が見やすい点は◎です。

吊るす部分がカラビナなので細身のバーにも掛けられず、これでは壁のフックでしか使うことができません……。小物入れにはいいですが、バスルームポーチとして使うのはチョット無理があるかもしれません。

トラベル小型のポーチは
ガジェット用に!

以上、おすすめの吊り下げ式トラベルポーチのご紹介でした。

収納力があまりない小型サイズのポーチはアメニティ用には今ひとつかもしれませんが、モバイルやガジェットを入れるのには重宝します。とくに無印良品のものはポケット内部にベルトが多数付いているので、ケーブルなどをしっかり固定して収納するのに便利です。

吊り下げ式トラベルポーチの一番のおすすめはバッグスマートですが、トラベルアースの高い防水性、アウトドアプロダクツの取り外しできるケース、無印良品の頑丈な作りもなかなか捨て難いものがあります。トラベルポーチの購入を検討している方は、ぜひこちらの検証結果を参考にして用途にピッタリのものを見つけてくださいね!