2021年のベストバイを発表! 「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を解説

2021年も『家電批評』では大型家電や定番家電のほか、生活を楽にする家電にフォーカスするなど、さまざまな家電をテストしてきました。その中で、編集部が特に「買い」だと思ったおすすめの製品を「家電批評 オブ・ザ・イヤー」として発表します。

家電批評 オブ・ザ・イヤー2021

大切な人へのギフトに、そしてもちろんこの1年を頑張った自分へのご褒美に。ベストバイだらけの家電カタログを参考にしてみてください!

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー2021】記事はコチラ!

家電批評 オブ・ザ・イヤー2021の記事一覧

今回は、取り回しがラクでサッと掃除をするのにおすすめなU2万円のスティック掃除機を紹介します。

「ちょこっと」掃除に最適! アイリスオーヤマ「SBD-G2-H」

王冠アイコン

アイリスオーヤマ
SBD-G2-H
実勢価格:1万9800円

サイズ・重量:W236×H1050×D167mm・1.0kg(本体のみ)
充電時間:約3時間
集じん方式:紙パック

アイリスオーヤマ「SBD-G2-H」『家電批評』2021年12月号で家電プロレビュアーの石井和美さんと行った、2万円以下の比較的新しいモデルのスティック掃除機を5機種テストしたところ、ベストバイとなった製品。

お手頃価格の機種はハイエンド機に比べて、運転時間が短いシーンや気づいたときにサッと使えて、ワンルームの掃除にぴったり。

また、テストした5機種のなかでもアイリスオーヤマ「SBD-G2-H」の吸引力はハイエンド機並みで、しっかり掃除したい派も納得のクオリティでした!

ポイント1:軽量・コンパクトで非力な人も使いやすい

アイリスオーヤマ「SBD-G2-H」2

軽量で小回りがきくので、女性や年配の方でも扱いやすいです。

ポイント2:スタイリッシュでインテリアにも馴染む

アイリスオーヤマ「SBD-G2-H」3

本体のモーターサイズに比例してスリムなボディ。シンプルなデザインで部屋に置いていても違和感がありません。

▼スティック掃除機12製品の比較はこちら

スティック掃除機の売れ筋ランキングもチェック!

スティック掃除機のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2021」に選ばれたU2万円のスティック掃除機、アイリスオーヤマ「SBD-G2-H」の紹介でした。一人暮らし用の掃除機としてもおすすめです!

また、より詳しい検証結果やハイエンド機7機種の比較も 『家電批評』 2021年12月号に掲載しているので、こちらもぜひご覧ください。

なお、今回紹介したものを含め、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2021」に選出された製品は雑誌『家電批評』 2022年1月号で一気に見ることが可能です。

『家電批評』 2022年1月号

 『家電批評』 2022年1月号

晋遊舎
家電批評
2022年1月号
700円

『家電批評』2022年1月号は21年12月3日発売! スマートフォンから洗浄便座まで、暮らしのすべてを快適にするベストバイ製品がずらっと並びます。ぜひチェックしてみてください!