話題沸騰のスケボー、始めるなら今!

スケートボード

東京オリンピックで話題になったスケートボード。昔、流行ったときにやったことがあるという人も多いのではないでしょうか。最近ではインターネットでさまざまなパーツが手に入るようになり、そのカスタマイズ性は無限大とも言えるほどになっています。

そこで「今からスケボーやりたい!」という方におすすめなパーツとその選び方について、スケートボードライターの小嶋勝美さんに教えてもらいました。

まずはスケボーの基本的なパーツ構造と、各ステップに分けて購入する際のポイントや組み立て方についても解説します! 今回は「ウィール」です。

スケボーは4パーツの組み合わせ

スケボーは4パーツの組み合わせ

スケボーは4つのパーツの組み合わせです。まずは各パーツの構造をチェックしていきましょう。

1:デッキ

デッキ

この板を「デッキ」といいます。パーツの中で最も選択肢が多いのがこのデッキ。さまざまなデザインが施されたものも多いですが、こちらの写真の形状が一般的。また、サイズや価格なども多種多様です。

2:トラック

トラック

乗り心地などに大きく影響する大事なパーツで、自転車で例えるなら「シャフト」。ブランドによって乗り心地は大きく異なり、他パーツとの兼ね合いも複雑なので、注意して選びたいところです。デッキと次に紹介する「ウィール」をつなぎます。

3:ウィール

ウィール

タイヤのことを「ウィール」と呼びます。ウィールには大きく分けて「ハードウィール」と「ソフトウィール」の2種類があり、用途や路面状況への適性などによって使い分けます。また大きさや幅などの種類もあり、選択肢が多いです。

4:ベアリング

ベアリング

スケボーが走行するためには必須のパーツで、スピードを左右する点からも重要です。何よりもジャンプの衝撃などで壊れないことがポイントで、信頼あるブランドから選ぶのがおすすめといえます。

今回は4つのパーツの中から、おすすめの「ウィール」を紹介します。

スピットファイアー「FORMULA FOUR RADIALS 99 DURO」

スピットファイアー
FORMULA FOUR
RADIALS 99 DURO
実勢価格:7150円(4個セット)

サイズ:直径53mm
硬さ:99DU

スピットファイアー「FORMULA FOUR RADIALS 99 DURO」は、ウィールの代名詞といえるほど人気です。ウィールは路面に接する大事なパーツですが、硬さとサイズ以外は好みでOKなので、こちらがおすすめです!

滑りやすさや加速、スピードが変わる

ウィールは、硬さで「ソフトウィール」「ハードウィール」に分かれます。ソフトウィールはロングボードや移動用クルーザーに使われており、ストリートやトリックで使われているのがハードウィールです。

ハードウィールは硬いほど足の動きに連動し、トリックがやりやすくなりますが、荒い路面では減速しやすく、音もうるさくなります。

また、ウィールのサイズでスピードや加速性能が変わります。なので、ウィール選びは、“どんな場所でどう滑りたいのか”に合わせることが重要。硬さとサイズが適切であれば、ブランドは好みで選んで構いません。

小嶋勝美 氏
スケートボードライター
小嶋勝美 氏 のコメント

消耗品なのでもっと安いものでも全然OKです。

選ぶ際のポイント1:硬さで違いが出る!

ウィールの硬さとサイズはウィールに表記されています。

ウィールの硬さとサイズ

ちなみに「99DU」は表記が違うだけで、「99A」と同じ硬さです。

ウィールの硬さとサイズ2

ウィールは用途別に適切な硬さの選択が不可欠なので、上の表を参考に自分の用途に合った硬さのウィールを見つけましょう。

硬さ別の特徴・用途はこちらを参考にしてください。

73A~84A:クルーザーやロングボード

ソフトウィールの中でも柔らかめで、路面が荒くても減速しにくく、音が静かなのが特徴。移動用のクルーザーやロングボードに使われており、幅が広くて円柱状の「クルーザーウィール」がほとんどです。

85A~97A:ストリートや荒れた路面

ソフトウィールの中ではやや固めですが、音は比較的静かでハードウィールほど減速しません。荒れたアスファルトなどの路面にも向いており、ある程度の硬さはあるのでオーリーやスライドなども可能です。

98A~99A:ストリートやパーク、ランプなど

ハードウィールの中では柔らかめで、オールマイティな硬さです。ストリートもパークもやりたいといった人におすすめです。初心者にもおすすめできる硬さなので、最初はここから始めるのがいいでしょう。

101A~:パークや上級者のパフォーマンス向け

綺麗な路面であればスピードも乗り、グリップも低いのでスライドもしやすい硬さです。パークなどきちんと整備された場所向けで、アスファルトなどの荒い路面では衝撃がダイレクトに足に伝わり過ぎます。

選ぶ際のポイント2:サイズはスピードと加速に関わる

ウィールの直径

ウィールの直径は大きいほど1回転で進む距離が長いため、スピードが出やすくなります。ただし、重くなるので加速性能は落ち、トリックもしにくくなります。

おすすめのウィールブランド

ウィールは消耗品なので、トラックほどブランドにこだわる必要はありません。人気なのは「スピットファイアー」や「ボーンズ」ですが、近年ムラサキスポーツが推している「スリーウェザー」もお手頃です。

スピットファイアー

ファイアー

ウィールの代名詞的ブランド。FORMULA FOURは史上最高品質のウレタンを使用しており、振動も滑らかです。

ボーンズ

ボーンズ

ベアリングのブランドとして有名ですが、パンクしないことで有名なSPFなど、ウィールでも定評があります。

スリーウェザー

スリーウェザー

種類は少ないものの、上の2ブランドと比べてお手頃価格で購入でき、品質も十分とおすすめです。

スケボー用ウィールの売れ筋ランキングもチェック!

スケボー用ウィールのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、スケボーの基本的なパーツ構造と、おすすめの「ウィール」でした。パーツを選ぶ楽しさも味わいましょう!