気になる今どきのホワイトニングを紹介

気になる今どきのホワイトニングを紹介

歯の黄ばみが気になるものの、どうやってケアしていいかわからない人は多いのではないでしょうか?

『LDK the Beauty』が20~50代の女性へ行ったアンケートによると、歯の黄ばみが「すごく気になる」「気になる」と答えた人は全体の57%。ただ、実際にケアをしている人は4人に1人程度、歯科医での施術経験のある人は4%と僅かでした。

歯科医での施術=「オフィスホワイトニング」をしている人はごく少数派。そこで、自宅でできる「セルフホワイト二ング」に注目。市販のアイテムを比較してみることにしました。

セルフホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べると即効性は期待できないものの、予算に見合うものでお試し感覚で始められることがメリットなんです。

ホアウィトニングシート4製品を比較

ホアウィトニングシート4製品を比較

今回は、歯に直接貼って使うホワイトニングシート4製品を比較しました。

モニターと貝殻を使ってホワイトニング力をダブル検証!

▼ホワイトニング力
・貝殻の茶渋でテスト

モニターと貝殻を使ってホワイトニング力をダブル検証!

紅茶液で染めたホタテ貝を使用して、茶渋をどれくらい落とせるかを見ました。

・モニターが1週間使用

モニターと貝殻を使ってホワイトニング力をダブル検証!

製品の説明に従いモニターが1週間使用。20段階のシェードガイドで歯の色の変化を見ました。

▼使用感
味の良し悪しや刺激のなさ、使用後の爽快感などをモニターがジャッジ。

▼継続しやすさ
使用方法が複雑でないか、長期間続けて使うことができそうかを評価。

※総合評価は「ホワイトニング力」を重視して決定しています。使用回数は5回で統一してテスト。使用時間は各製品の説明に従いました。

それでは、検証結果を見ていきましょう!

シートに厚みがあり貼りやすい! スマイルコスメティック「ティースホワイトパック」

シートに厚みがあり貼りやすい! スマイルコスメティック「ティースホワイトパック」

スマイルコスメティック
ティースホワイトパック
実勢価格:1650円

6枚入り

▼テスト結果
ホワイトニング力:〇
使用感     :△
継続しやすさ  :〇


シートタイプは面倒なものが多いなか、スマイルコスメティック「ティースホワイトパック」は3分貼るだけ。歯に残った薬剤で磨けば、ツルツルの仕上がりに!

歯の光の反射面積も増し、5回の使用で歯がツヤツヤになったことが実感できました。

5回の使用で1トーンアップした

5回の使用で1トーンアップした
5回の使用で1トーンアップした

歯の表面に光沢がなかったのが、光沢感が出て白さが増しました。

貝殻も白くなった

貝殻も白くなった

シートタイプ4製品の中で、貝殻の茶渋を落とせたのはこの製品だけ。全体的に茶渋が落ちました!

C評価: 30分間貼り続けなければならない Snow Shine「ハミガキテープ」

C評価: 30分間貼り続けなければならない Snow Shine「ハミガキテープ」

Snow Shine
ハミガキ テープ
実勢価格:2980円

28枚入り

▼テスト結果
ホワイトニング力:△
使用感     :△
継続しやすさ  :×


Snow Shine「ハミガキテープ」はC評価。説明書通り30分間も貼るのは厳しいうえ、モニターの歯の中心部分だけまだらに白くなってしまいました……。

1トーンアップ

C評価: 30分間貼り続けなければならない Snow Shine「ハミガキテープ」

ほんのり黄ばんでいた歯が部分的に白さが増しました。

C評価: 青いフィルムが歯に残って落ちにくい クリアクリーン「プレミアムホワイトクリアパック」

C評価: 青いフィルムが歯に残って落ちにくい クリアクリーン「プレミアムホワイトクリアパック」

クリアクリーン
プレミアムホワイトクリアパック
実勢価格:1611円

7枚入り

▼テスト結果
ホワイトニング力:×
使用感     :△
継続しやすさ  :△


クリアクリーン「プレミアムホワイトクリアパック」はC評価。フィルムが薄くて剥がしにくく貼りづらいです。そのまま溶けるのはラクですが、白くはなりませんでした。

C評価: ベタベタ感が不快で効果も感じない CleanSmile「ティースケアテープ」

C評価: ベタベタ感が不快で効果も感じない CleanSmile「ティースケアテープ」

CleanSmile
ティースケア テープ
実勢価格:2235円

14枚入り

▼テスト結果
ホワイトニング力:×
使用感     :△
継続しやすさ  :△


CleanSmile「ティースケアテープ」はC評価。シートを剥がす際にベタっと残るのが不快に感じました。貝殻にもモニターの歯にも変化は見られませんでした。

C評価の3製品は使いにくさが目立ち、面倒なわりには白さを実感できないという結果に。唯一の合格ラインがスマイルコスメティックでした。

歯のホワイトニング製品の売れ筋ランキングもチェック!

歯のホワイトニング製品、デンタルケアのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、歯に直接貼って使う「ホワイトニングシート」の紹介でした。

自宅でのホワイトニングケアはジェル、パウダー、シートなどのタイプがありますが、製品として効果を実感できるものが多かったのはジェルでした。どの製品も長期使用が前提なので、使い心地を重視して継続して使ってみてください。

▼ホワイトニングジェルのおすすめはこちら!