保冷剤って
植物に害はないの?

冷凍食品やケーキなどについてくる保冷ジェル。いつか使うかもと思って冷蔵庫や冷凍庫で保存していても、結局は捨ててしまいがち。

しかし、これが帰省時の鉢植えの水やりに有効活用できるんです。

ビニールの袋を切り、中身を直接鉢植えへ。「そんなものを植物に与えて大丈夫なの?」と心配される方も多いと思いますが、ご安心を。保冷剤の中身は保水性ポリマーで、その成分のほとんどが水分なので、植物に与えても全く問題ないんです。

試しに萎れ気味だった観葉植物に保冷剤の中身を与えてみました。

すると、ジェル状のポリマーがゆっくりと土に浸透していき、翌日には萎れ具合もかなり回復していました!

与える分量は鉢植えに敷き詰めるだけで十分。調べてみたところ、保水性ポリマーは砂漠の緑化にも応用されるほどの技術だったことも分かったので、安心して植物に使用できます。

また、保冷ジェルは今回ご紹介した鉢植えの水分補給以外にも、消臭剤としても使用することができる便利アイテムです。


旅行や帰省などでしばらく水やりが出来ない時には、この方法で大切な植物たちを水枯れから守ることが出来ます。ぜひお試しください!