キッチン冷凍レシピで毎日の食事をもっとおいしく簡単に!

何かと便利でメリットが多い下味冷凍レシピ。だけど、ルールや手間がたくさんありそうでめんどくさそう、なんて感じている人も多いのでは?

そこで、料理のプロが教えてくれた超簡単な冷凍レシピをお届けします! 手間も時間もかけずに実践できるテクニックがたくさんあるので、料理が苦手な人でも簡単に続けることができますよ。

キッチン超お手軽!ポリ袋で作る「自家製レトルトレシピ」

今回、料理のプロに教えてもらったのは、ポリ袋を使った超お手軽な自家製レトルトレシピです。

耐熱・耐冷のポリ袋に材料を入れて冷凍すれば準備はOK。そのまま湯煎やレンチンで1品が完成しちゃいます。

自家製レトルトのお手軽ポイントは、この4つ!

ポイント1:ジップロックより安い耐熱・耐冷のポリ袋でOK!

岩谷マテリアル
アイラップ マチ付き
実勢価格:200円/60枚

サイズ:縦350×250×マチ40×厚さ0.009mm
※リンク先はセット商品を含む販売ページです

岩谷マテリアル「アイラップ」は、耐熱温度が120℃の丈夫な素材なので、冷凍して、そのまま鍋に入れて湯せんで加熱もできます。ジップロックよりも安くて枚数も多いので、バンバン使うことができます。

▼ジップロック

旭化成ホームプロダクツ 
ジップロック(R)フリーザーバッグ M
実勢価格:656円/45枚

サイズ:縦189×横177×厚さ0.06mm

大定番の旭化成ホームプロダクツ「ジップロック(R)フリーザーバッグ」。消耗品としてはお高めですが、密封ジッパーで鮮度ばっちりです。

ポイント2:ポリ袋の中で和える・こねる・つぶせる!

ボウルで混ぜる必要がなく、調理工程をぜ~んぶ袋の中でできるから簡単&洗い物も出なくてラクちんです。

ポイント3:耐冷-30℃でそのまま冷凍できる

耐冷仕様なので調理で使った袋ごと冷凍できます。移し替える必要はありません。空気を抜いてから冷凍するのがコツです。

ポイント4:袋ごと湯煎orレンチンですぐ食べられる

アイラップは耐熱120℃で袋のまま加熱調理が可能。湯煎の場合は袋が鍋の底に直接当たらないように皿を置きましょう。

レンジにかける際は空気穴を数カ所開けてください。

キッチンフライパンを使わない「塩豚焼きそば」

【調理方法】レンチン600W/約20分

暑い時期は焼きそばをフライパンで焼くよりも、ポリ袋! 穴を数カ所開けてレンジで蒸し焼きにすれば、あっという間にできあがり。冷凍する前に、焼きそばをよくもんでほぐしておくと、麺が固まりません。

<材料>※2人分

・豚バラ肉薄切り……2枚(ひと口大に切る)
・長ねぎ……1/4本(薄切り)
・蒸し焼きそば……1袋(ほぐしておく)
・ごま油……大さじ1
・鶏がら(顆粒)……小さじ1

キッチンしっかりつゆが染みてる!「肉うどん」

【調理方法】レンチン600W/約7~8分(器に移してラップする)

肉うどんをポリ袋で作るコツは、はじめに牛肉と玉ねぎに、めんつゆの半量をよくもみこんでおくこと。うどんを足して、残りのめんつゆを加えます。レンチンの途中で1回よく混ぜてから残りの分数を加熱してください。

<材料>※2人分

・牛切り落とし肉……100g
・ゆでうどん……1袋
・玉ねぎ……1/6個(薄切り)
・めんつゆ(4倍濃縮)……大さじ2
・ごま油……小さじ1

ポイント:ごま油をまぶせば麺がほぐれやすい

冷凍前にゆでうどんにごま油をまぶしておくことで、解凍後に麺どうしがくっつきにくくなります。

キッチン保存用バッグ・ポリ袋の売れ筋ランキングもチェック!

保存用バッグ・ポリ袋のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、ポリ袋で作る自家製レトルトのレシピ、焼きそばと肉うどんのご紹介でした。

レンジや湯煎だけで好きなときにすぐ食べられる、このポリ袋レシピ。火を使いたくない暑い季節は嬉しいです! ぜひ試してみてくださいね!