キッチンわが家の味がじまんになる!一生使える漬け物レシピ

家で作る漬け物は簡単に漬けられるだけでなく、感動できるほどのおいしさがあります。自分で作るから栄養満点で節約にもなります

長期保存できるものが多く、一度作れば長く食べられる元祖作りおき食品です。手早く作れるものもたくさんあるので、時短調理が叶い、プラス一品にも最適

また、定番漬け物だけでなく、しょうゆ漬けやみそ漬け、オイルやヨーグルト漬けなどアレンジも自在。塩けやうま味を生かして、調味料代わりに使えばおいしい料理が作れますよ。

今回は、ピクルスのレシピから、カラフルで見た目にも美しい「フルーツや野菜のピクルス3種」をご紹介します。

キッチンピクルスのきほんのき!お役立ちポイント4つ

洋風の漬け物、ピクルスもお家で作れれば変幻自在に! 必要な調味料はお酢、砂糖、塩といったおなじみのものばかりで、1時間~半日程度漬ければ食べられます。いろんな食材でアレンジも楽しめるので、気軽に挑戦してみましょう。

市販品は酸っぱいイメージがありますが、ピクルス液を加熱することでまろやかでやさしい味わいに。手作りなら酸味や塩加減も調整できて、素材のうま味をより実感できます。ローリエや唐辛子をプラスすれば、洋食屋さんのような本格的な味わいも叶います。

胃腸を活性化させたり血圧の上昇を抑えるなど、健康効果が期待できるお酢を摂取できるのもうれしい! 野菜以外の食材のうま味も引き出せるので、ぜひいろんなお家ピクルスを試してみて。

ピクルスの基本1:いつもの調味料で作れます

ピクルスは家にある、いつもの調味料やスパイスで作れます。変わった材料は必要ないので、気軽に作れるのが魅力です。

▼オススメの酢

飯尾醸造 
純米富士酢
実勢価格:1188円

内容量:900ml

飯尾醸造「純米富士酢」は、キレがある強い酸味の酢。丸みのある味で、マイルドな酢なので漬け物や料理にもってこいです。穏やかな甘みもありうま味も強いので、酢の味が前面に出る、南蛮漬けやマリネなどにもピッタリです。

ピクルスの基本2:3つの調理方法があります

ピクルスは液に食材を入れるだけでも作れますが、加熱することでより食材に味が浸透します。食感も変わります。

ピクルスの基本3:食材は同じサイズを意識

漬け具合にムラができないよう、食材を均一にカットするのが大事。食べやすいサイズを意識してカットしましょう。

ピクルスの基本4:肉やフルーツもおいしい

ピクルスは野菜以外もおすすめ! こちらはオレンジのピクルスです。

ベーコンとソーセージのピクルスも美味!

キッチンワインビネガーで上品&香り高い「オレンジのピクルス」

漬け時間:2時間
保存期間:1週間


風味がよく、酸味がマイルドなワインビネガーはフルーツとの相性が抜群。オレンジの甘みと酸味、皮の苦みがマッチして最高のデザートになります。ヨーグルトやアイスなどにのせて召し上がれ。

<材料>
・オレンジ……1個
・ワインビネガー……大さじ3
・砂糖……大さじ2
・あら塩……少々(好みでなくてもOK)

<作り方>
▼STEP1
オレンジをよく洗い、皮が付いたまま輪切りにします。皮が苦手ならむいてもOKです。

▼STEP2
煮沸消毒して、自然乾燥させたビンにオレンジを入れます。

▼STEP3
ワインビネガー、砂糖、あら塩を入れてよく混ぜて溶かしましょう。冷蔵庫の中で保存します。

アレンジレシピ:ビネガーオレンジドリンク

ピクルスの漬け液を炭酸水で割るだけの簡単ドリンク。オレンジを潰しながら飲むと味の変化も楽しめますよ。

<材料:1人分>
・オレンジのピクルスの漬け液……50?
・炭酸水……100?
・オレンジのピクルス……1枚

<作り方>
▼STEP1
オレンジのピクルスの漬け液と炭酸水を混ぜます。

▼STEP2
オレンジのピクルスを添えれば出来上がり。

キッチンジュワッと酸味広がる「カラフルミニトマトのピクルス」

漬け時間:2時間
保存期間:1週間


色合いがキレイなカラフルミニトマトは、パーティー料理にも最適。皮をむいてあるから口当たりがよく、強めの酸味がやみつきになります。酸っぱいもの好きにはたまらない味わいです。

<材料>
・カラフルミニトマト……12個程度
・酢……50?
・砂糖……大さじ3
・あら塩……小さじ1/2

<作り方>
▼STEP1
鍋にお湯を沸騰させ、ミニトマトを茹でます。30秒くらいでざるに上げ、冷まします。

▼STEP2
指先で皮をつまむ感じで、やさしく皮をむきます。ヘタも取っておきましょう。

▼STEP3
煮沸消毒して自然乾燥させたビンに(2)と、レンジで温め溶かしておいた酢、砂糖、あら塩を入れ冷蔵庫で保存します。

キッチン自家製ドレッシングに!「ミックスベジタブルのピクルス」

漬け時間:1時間
保存期間:1週間


つい余らせがちな冷凍野菜を再活用

しっかりあら熱をとってから漬けると変色しにくくなります。ドレッシング代わりに使えて、マヨネーズと和えればタルタルソースにも変身します!

<材料>
・ミックスベジタブル……150g
・酢……100?
・砂糖……大さじ3
・あら塩……小さじ1/2

<作り方>
▼STEP1
ミックスベジタブル全体に熱湯をかけて、解凍します。

▼STEP2
キッチンペーパーなどの上にのせておき、水けをきっておきましょう。

▼STEP3
すべての材料をビンに入れてよく混ぜ、砂糖とあら塩を溶かす。冷蔵庫で保存します。

キッチンピクルスはガラス容器に保存がおすすめ

Q. ピクルスの一番おすすめの保存方法は?

A. 煮沸消毒したガラス容器に保存が最適

ピクルスは酸っぱい香りが気になることも。保存には密閉性が高いガラス容器が最適です。ただし必ず煮沸消毒をしましょう。

また、短期間で食べきるなら保存袋に漬けても問題ありません。

キッチンどんな野菜もサクサク切れる 貝印「関孫六 匠創 三徳包丁」

貝印
関孫六 匠創 三徳包丁
実勢価格:3318円

過去の15製品比較でベストに選ばれた貝印「関孫六 匠創 三徳包丁」。力を入れなくとも硬い野菜をスッと切れます。切れ味が鋭いため野菜の断面が美しく、皮むきなど繊細な作業もこなしやすい! 食材を選ばない万能な包丁といえます。刃と柄が一体型で洗いやすいのもメリットです。

以上、ピクルスのレシピから、カラフルで見た目にも美しい「フルーツや野菜のピクルス3種」の紹介でした。