キッチンわが家の味がじまんになる!一生使える漬け物レシピ

わが家の味がじまんになる!一生使える漬け物レシピ

家で作る漬け物は簡単に漬けられるだけでなく、感動できるほどのおいしさがあります。自分で作るから栄養満点で節約にもなります

長期保存できるものが多く、一度作れば長く食べられる元祖作りおき食品です。手早く作れるものもたくさんあるので、時短調理が叶い、プラス一品にも最適

また、定番漬け物だけでなく、しょうゆ漬けやみそ漬け、オイルやヨーグルト漬けなどアレンジも自在。塩けやうま味を生かして、調味料代わりに使えばおいしい料理が作れますよ。

今回は、まろやかな仕上がりで奥深い味わいになるしょうゆ・みそ漬けから「野菜のしょうゆ漬けレシピ」をご紹介します。

キッチンしょうゆ・みそ漬けのきほんのき!ポイント4つ

しょうゆ・みそ漬けのきほんのき!ポイント4つ

身近な調味料のしょうゆとみそでも、おいしい漬け物が作れます。調味料そのものの味がしっかりしているので、手軽だけど本格的な味わいになります。

ここで紹介する野菜のしょうゆ漬けのように、保存袋で手軽に作れるのも魅力。数時間からひと晩置いておくだけで、小料理屋で食べるようなレベルの漬け物が完成します。

また、しょうゆやみその種類で味が変わるので、自分好みのものを見つけるのも楽しいです。漬け時間が長すぎなければ、とがった塩けは感じずまろやかな味になるので、漬け時間も工夫してみてください。

便利に活用できるしょうゆ床、みそ床もご紹介。覚えれば、漬け物の世界がさらに奥深いものに!

しょうゆ・みそ漬けの基本1:保存袋で簡単に作れる

しょうゆ・みそ漬けの基本1:保存袋で簡単に作れる

器を使ってもいいですが、ポリ袋や保存袋ですぐ漬けることができます。数時間漬けるだけで、味わい深い一品料理が完成します。

しょうゆ・みそ漬けの基本2:まろやかな味わいに!

しょうゆ・みそ漬けの基本2:まろやかな味わいに!

しょうゆ・みそは塩けが強そうですが、漬け物にするとむしろ味がマイルドに。風味も際立ち食べやすいです。

しょうゆ・みそ漬けの基本3:しょうゆは長期熟成が美味

しょうゆは長期熟成のものを選ぶと味に深みが。みそは白みそや八丁みそなど特徴的なもの以外なら大体OKです。

▼オススメのしょうゆ

しょうゆ・みそ漬けの基本3:しょうゆは長期熟成が美味

ヒゲタ 
高級割烹
しょうゆ 本膳
実勢価格:893円

内容量:720ml

しょうゆのおいしさにより仕上がりが変わるしょうゆ漬けで、ぜひ試していただきたいのが高級割烹「しょうゆ 本膳」です。

大豆の風味が強く、コクがしっかり。しょっぱさに角がなく上品な甘みがあるので、野菜のおいしさをしっかりと引き出してくれます。

▼オススメのみそ

しょうゆ・みそ漬けの基本3:しょうゆは長期熟成が美味

ひかり味噌
こだわってます
無添加
実勢価格:438円

内容量:750g

※楽天は「8個セット」の購入ページになります。

深みがあってみその風味がしっかり感じられるひかり味噌「こだわってます 無添加」。味は濃厚ですが、素材の味を損なうことなく引き立て役に回ってくれます。塩加減も強すぎず、品がよい味わいになるので漬け物にも活用しやすいです。

しょうゆ・みそ漬けの基本4:「床」を作れば簡単です

しょうゆ・みそ漬けの基本4:「床」を作れば簡単です

ひと工夫するだけで、いろんな漬け物に使える「床」が完成します。自己流アレンジを楽しめますよ。

キッチンしょうゆのうま味が芯まで染みこむ 野菜のしょうゆ漬けレシピ

しょうゆのうま味が芯まで染みこむ 野菜のしょうゆ漬けレシピ

漬け時間:ひと晩
保存期間:1週間


野菜のしょうゆ漬けは、角がない塩けで甘みのあるまろやかな味わい。根菜の食感と甘じょっぱさがやみつきになり、お米によく合います。ゴロゴロといろんな具材が入っていて、食感も楽しめる一品です。

<材料>
・大根……150g
・れんこん……100g
・なす……130g
・しょうが(せん切り)……30g
・大豆(ドライパックのもの)……120g
・あら塩……大根用1.8g、なす用1.3g

[A]
・みりん……40g
・しょうゆ……40g
・きび砂糖(好みの砂糖で可)……60g
・酢……60g

<作り方>
▼STEP1

しょうゆのうま味が芯まで染みこむ 野菜のしょうゆ漬けレシピ

大根は太めのせん切りにして塩でもみ水分が出るまで20~30分程度おきます。なすは5ミリ厚さの半月切りにして塩をまぶしおいておきましょう。

▼STEP2

しょうゆのうま味が芯まで染みこむ 野菜のしょうゆ漬けレシピ

れんこんは皮をむき5ミリ厚さの半月切りか、いちょう切りにし水にさらします。しょうがはせん切りに。鍋に水を沸かし、れんこんとしょうがを湯通しして冷まします。

▼STEP3

しょうゆのうま味が芯まで染みこむ 野菜のしょうゆ漬けレシピ

絞って水けをきった(1)、(2)と大豆を保存袋に入れます。

▼STEP4

しょうゆのうま味が芯まで染みこむ 野菜のしょうゆ漬けレシピ

小鍋にAを合わせ火にかけ混ぜます。沸いたら火からおろしあら熱をとります。

▼STEP5

しょうゆのうま味が芯まで染みこむ 野菜のしょうゆ漬けレシピ

(3)に(4)を加え袋の空気を出すように口を閉じ漬けます。冷蔵庫で保管し、翌日から食べられます。

キッチンしょうゆ漬けは大根やごぼうの根菜がおすすめ

しょうゆ漬けは大根やごぼうの根菜がおすすめ

Q. しょうゆ、みそ漬けでおすすめの食材は?

A. しょうゆは根菜類、みそは肉や魚に挑戦して!

しょうゆ漬けは、大根やごぼうといった根菜がおすすめ。味がしみこみやすいんです。みそ漬けは野菜以外にも肉や魚の風味も高めるので、さまざまな食材を試してみてください。

キッチン鮮度を保つおすすめホーロー容器 野田琺瑯「レクタングル」

鮮度を保つおすすめホーロー容器 野田琺瑯「レクタングル」

野田琺瑯
レクタングル
深型L
実勢価格:2145円

酸や塩分に強いホーローは漬け物容器にもってこいです。なかでも優秀なのは野田琺瑯「レクタングル」シリーズ。付属のフタで密閉し、漬け物の状態を保ちます。野田琺瑯ならいろんな形がそろい、下ごしらえから保存まで使い回せます。

以上、まろやかな仕上がりで奥深い味わいになるしょうゆ・みそ漬けから「野菜のしょうゆ漬けレシピ」の紹介でした。

キッチン『漬物がまるごとわかる本』

『漬物がまるごとわかる本』

晋遊舎
漬物がまるごとわかる本
実勢価格:800円

「漬物がまるごとわかる本」では、基本の漬け物レシピのほか、漬け物アレンジメニューも多数紹介しています。ぜひチェックしてみてください。