キッチンわが家の味がじまんになる!一生使える漬け物レシピ

家で作る漬け物は簡単に漬けられるだけでなく、感動できるほどのおいしさがあります。自分で作るから栄養満点で節約にもなります

長期保存できるものが多く、一度作れば長く食べられる元祖作りおき食品です。手早く作れるものもたくさんあるので、時短調理が叶い、プラス一品にも最適

また、定番漬け物だけでなく、しょうゆ漬けやみそ漬け、オイルやヨーグルト漬けなどアレンジも自在。塩けやうま味を生かして、調味料代わりに使えばおいしい料理が作れますよ。

今回は、基本の野菜のぬか漬け以外にぜひトライして欲しい「「アボカド・長いも・卵・こんにゃく」をご紹介します。

キッチンぬか漬けきほんのき!お役立ちポイント4つ

難しい印象のあるぬか漬けですが、基本がわかれば気軽に挑戦できます。昔ながらの巨大な樽は不要、ホーロー容器で作れて、専用のものもたくさん売られています。

手がかかるのは、ぬかを育てる最初の10日間だけ。手でかき混ぜる、捨て野菜を取り換える作業をするうちにぬか床に愛着がわいてくるはずです。この作業が終われば、好きな野菜を漬けられるようになります。

野菜だけでなく肉や魚もうま味が凝縮する、昔ながらの賢い調理法です。

ぬか漬けの基本1:ホーロー容器で作れます

大きな樽じゃなくてもホーロー容器でOK。ぬか漬け専用の容器も、気軽に購入することができます。

▼オススメのぬか漬け専用容器

野田琺瑯
ぬか漬け美人
実勢価格:3813円

ぬか漬けの基本2:面倒なのは最初だけ

大根の皮や葉、キャベツの外葉など、水分の出やすいくず野菜を漬けて、発酵を促す「捨て漬け」を10日~2週間程度行います。

ぬか漬けの基本3:お手入れを習慣に

捨て漬け後、1日1回下から上にかき混ぜ、表面を清潔に保ちます。夏は2回が目安。冷蔵庫なら2~3日に1回でOK。1週間以上お手入れできないときは、冷凍庫で保存しましょう。

ぬか漬けの基本4:肉・魚もぬか漬けでおいしく

肉類や魚介類でもぬか漬けを作ることができます。野菜以外の素材も、味わい深くなります。

キッチンコクがさらに増すアボカドのぬか漬け

漬け時間:1日
保存期間:2~3日


チーズのような濃厚さと塩けで衝撃のうま味があるアボカド漬け。強いコクがあり、一度食べたらリピート必至です。アボカドは完熟だとやわらかすぎて溶けてしまうため、硬めを使うのがおすすめです。

<材料>
・アボカド
※ぬか漬けは好きな分量を漬けられるため、材料の分量は示していません。お好みの量を漬け、ぬか漬けを楽しみましょう。

[ぬか床]
・米ぬか……500g
・あら塩……70g
・水……500ml
・昆布……1枚(15㎝)
・赤唐辛子(種をとる……2本

<作り方>
▼STEP1
アボカドは皮と種を取り除き、ぬか床に漬けます。ラップやビニール袋に取り分けたぬか床で漬けると取り出しやすくなります。

ポイント:硬い方がおいしい!

アボカドは硬めを使うと形崩れしません。熟しているものは皮が赤黒く、未熟のものは黒っぽい色合い。やさしく触って確かめてみてください。

キッチン甘さが深い味わいを生む長いものぬか漬け

漬け時間:1日
保存期間:5日~1週間


シャキシャキとした歯ごたえがたまらない、長いものぬか漬け。程よい塩けと甘味で風味も高まります。タンパク質やミネラルなど栄養豊富な長いもを手軽に食べられるのがうれしい一品。

<材料>
・長いも
※ぬか漬けは好きな分量を漬けられるため、材料の分量は示していません。お好みの量を漬け、ぬか漬けを楽しみましょう。

[ぬか床]
・米ぬか……500g
・あら塩……70g
・水……500ml
・昆布……1枚(15㎝)
・赤唐辛子(種をとる……2本

<作り方>
▼STEP1
長いもを洗い、ひげ根が出ていたら取り除きます。

▼STEP2
材料の水分をキッチンペーパーで拭き取り、ぬか床に漬けます。

キッチン自然な塩けが絶妙! ゆで卵のぬか漬け

漬け時間:1日
保存期間:2~3日


卵のぬか漬けはやさしい塩味になり、ぬかくささを感じません。好みで漬け時間を調整してみましょう。白身がしっかり固まるくらいが形崩れせず漬けやすいです。

<材料>
・ゆで卵(お好みでうずらの卵をつかってもよい)
※ぬか漬けは好きな分量を漬けられるため、材料の分量は示していません。お好みの量を漬け、ぬか漬けを楽しみましょう。

[ぬか床]
・米ぬか……500g
・あら塩……70g
・水……500ml
・昆布……1枚(15㎝)
・赤唐辛子(種をとる……2本

<作り方>
▼STEP1
卵を好みの硬さに茹でます。殻をむき、水分を拭き取っておきましょう。

▼STEP2
ラップやビニール袋に取り分けたぬか床に漬けます。

ポイント:水分をよく拭き取って

ぬか漬けにする食材は、よく水分を拭き取ってから漬けるのが大事。水けがあると傷みやすくなるだけでなく、ぬかが定着しにくくなります。

キッチンぬか風味がしっかり。爽やか味のこんにゃくのぬか漬け

漬け時間:1日
保存期間:3~4日


こんにゃくのぬか漬けは歯ごたえが増して、酸味があります。しらたきはより味が濃く入りぬかの風味を感じます。焼くと香ばしくなるのでお好みでアレンジを楽しんでみてくださいね。

<材料>
・こんにゃく
・結びしらたき
※ぬか漬けは好きな分量を漬けられるため、材料の分量は示していません。お好みの量を漬け、ぬか漬けを楽しみましょう。

[ぬか床]
・米ぬか……500g
・あら塩……70g
・水……500ml
・昆布……1枚(15㎝)
・赤唐辛子(種をとる……2本

<作り方>
▼STEP1
こんにゃくは切り込みを入れます。こんにゃく、しらたき共に下茹でして冷ましておきます。

▼STEP2
材料の水分をキッチンペーパーで拭き取り、ラップやビニール袋に取り分けたぬか床に漬けましょう。

ポイント:切り目を細かく入れる

味の入りにくいこんにゃくは、斜めに切り込みを細かく入れていくのがベターです。切り込みの隙間から、味が入りやすくなります。

キッチン管理は週に1回~2回でも大丈夫です

Q. 管理が面倒。毎日やらないとダメ?

A. 冷蔵庫に入れておけば週に1回~2回でも大丈夫

ぬか床の管理で重要なことは、乳酸菌をよい状態に保つこと。17~25度で保管し、かき回して菌の酸欠を防ぐ必要がありますが、冷蔵庫で保存すれば活動が穏やかになり必要な酸素量も減少。週1回~2回かき回せば十分です。

キッチン簡単に作りたい人にオススメ!みたけ食品工業「発酵ぬかどこ」

みたけ食品工業
発酵ぬかどこ 1kg
実勢価格:860円

サイズ:W28×H24×D12cm
内容量:1kg

もっと簡単に作りたいという人には、みたけ食品工業「発酵ぬかどこ」がオススメ。ぬか漬けの素6製品の比較でベストバイとなった商品です。

かき混ぜる手間がなく、適当に切った野菜を入れ、あとは冷蔵庫に入れておくだけで完成します。漬ける回数が増えるたびに風味と酸味のバランスがよくなり、じっくり育てたような深い味わいで、ぬか床を育てる感覚も楽しめます。

以上、基本の野菜のぬか漬け以外にぜひトライして欲しい「アボカド・長いも・卵・こんにゃく」の紹介でした。

キッチン『漬物がまるごとわかる本』

晋遊舎
漬物がまるごとわかる本
実勢価格:800円

「漬物がまるごとわかる本」では、基本の漬け物レシピのほか、漬け物アレンジメニューも多数紹介しています。ぜひチェックしてみてください。