アウトドアガチテストで見つけた!最強のキャンプツールって?

自宅で過ごす時間が増えた反動もあるのか、ものすごく流行っているのがキャンプです。

キャンプ用品は、本能的なシンプルさと洗練されたデザインでつい手を伸ばしたくなる魅力がありますよね。とはいえロマンや個性はわかっても、各製品の微妙な差異についてはわかりにくいもの。そして、意外と高い物が多いんですよね。

そこで今回は、物にもよりますが「家であろうと外であろうと使い倒せるモノ」という視点も含めて、プロと一緒に徹底比較。最強のキャンプツールを発表します!

アウトドアキャンプのカレーがおいしくなる! おすすめ5選

キャンプ飯といえば、やっぱりカレー。食器類やちょっとしたアイテムにもこだわると、いっそうおいしくなりますよ。

そこで今回はキャンプのカレーがおいしくなる食器&料理アイテム5製品をご紹介します。

アウトドアしっかりすくえるスノーピーク「スクー SCT-125」

スノーピーク
スクー SCT-125
実勢価格:1210円


サイズ:104×39mm(収納時)
重量:17g

スノーピーク「スクー SCT-125」は、スプーンとフォークが一体化した食器、「スポーク」の13製品比較で最高評価を獲得した優秀アイテム。

見た目はほぼフォークですが、カレーもラーメンもしっかり食べられました。キャンプに1本持っていくならベストな選択です。

スプーン・フォークの2役で使えます。爪が長いため、麺類もお手の物。ヘッドの幅が狭めで食べやすいです。

スプーンでいう「つぼ」が浅めですが、カレーには十分。しっかりすくえます。

アウトドアカレーが熱くても持ちやすい! キャプテンスタッグ「18-8 ステンレス食器 丸形 カレー皿 UH-43」

キャプテンスタッグ
18-8 ステンレス食器 丸形 カレー皿 UH-43
実勢価格:1373円


サイズ:Φ220×H30mm
重量:110g
素材:ステンレス鋼

キャプテンスタッグ「18-8 ステンレス食器 丸形 カレー皿 UH-43」は、カレー皿の5製品比較で最高評価を獲得した逸品です。深すぎず浅すぎないためカレーが食べやすい、まさにカレーのための皿です。

リムが広がっていて持ちやすく、熱くなりにくいため、熱々のカレーを楽しめます。また、リムは端が巻いていて、指がかかるのも持ちやすいポイントです。

皿に深さと適度な角度があるため、カレーをキレイにすくえました。

アウトドア携帯しやすい! Starwares「ジュースディスペンサー S」

Starwares
ジュースディスペンサー S
実勢価格:6317円


サイズ:Φ183×H313mm(ジャグ本体)
容量:5550ml

Starwares「ジュースディスペンサー S」は、壊れにくいポリカーボネート製のため、キャンプにも携帯しやすいです。しかも木台がセットになっていてオシャレ。

アウトドア調理&食器に使えるスノーピーク「アルミパーソナルクッカーセット SCS-020」

スノーピーク
アルミパーソナルクッカーセット SCS-020
実勢価格:3696円


収納サイズ:Φ155×H100mm
重量:485g

スノーピーク「アルミパーソナルクッカーセット SCS-020」は、焼く・煮る両対応の浅型クッカー。調理はもちろん、そのまま食器としても使える便利なクッカーです。

アウトドアコンパクトに収まるスノーピーク「HOME&CAMPバーナー」

スノーピーク
HOME&CAMPバーナー
実勢価格:1万3800円


サイズ:W346×D301×H120mm
重量:1.4kg

スノーピーク「HOME&CAMPバーナー」は、バックパックに収まるサイズに収納可能。室内でも屋外でも活躍します。

以上、キャンプのカレーがおいしくなる食器&料理アイテム5製品の紹介でした。アウトドアだけでなく、室内で使ってキャンプ気分を味わうのも一興です。上手に活用してみてくださいね。

アウトドア『MONOQLO』2021年6月号

『MONOQLO』2021年6月号

晋遊舎
MONOQLO
2021年6月号
実勢価格:700円

『MONOQLO』2021年6月号では「専門誌では絶対言えないキャンプ最強ツール100選」を大特集。ぜひチェックしてみてください。