話題の100均アイテムから感動の逸品をセレクト

気軽に買える100均ショップは、もはや生活に欠かせない存在。SNSやネットニュースでは連日良さそうなものが紹介されていますが、どんどんレベルアップしていますよね。

そんな100均界隈の2021年のトレンドはオンラインショップ開設と多様な値段展開です!

100均ニュース:ダイソーがオンラインショップを開設

ダイソーがオンラインショップを開設しました。10個などまとめ注文が基本なので一般ユーザーはあまり使わないかもしれませんが、SNSではライブ配信が大人気のようです。

100均ニュース:キャンドゥも200~500円製品を展開

ダイソーに続き、100円以上の高額アイテムの販売をキャンドゥでも開始しました。200円の身近な製品のプチグレードアップ製品から、使い勝手を試行錯誤された500円アイテムまで、品ぞろえ豊富。家電製品もあります。

キレイに毛玉が取れる製品と重宝するタップはどれ?

そんな進化を続ける100均のネットで話題のアイテムから、今回はあったら便利なお役立ち商品の「毛玉取り」「コンセントタップ」をピックアップ。

キャンドゥ、ダイソーのアイテムを比較してみました。

各アイテムは、「大感動=A、まあまあ感動=B、ちょっとがっかり=C」の3段階で評価(※扱いやすさを重視)。プロが辛口で判定しました。それではご覧ください!

大きめの刃でラクに取れる!キャンドゥ「LINT REMOVER」

キャンドゥ
LINT REMOVER
実勢価格:550円

▼テスト結果
扱いやすさ:◎
取れやすさ:◎


細かい毛玉までとりこぼさずキレイに取り除いてくれるキャンドゥ「LINT REMOVER」。直径65㎜の大きめの刃で、時間をかけずにラクに毛玉が取れるのでA+評価となりました。

生地を保護するリングがついているので、大事なニットにも安心して使用できます。

大きさとパワーが他の製品より群を抜いている逸品。高価格の毛玉取り機を選ばなくても、この製品でも機能は十分です! 毛玉だらけになったお気に入りのニットも、たった550円でリカバーできますよ。

あっという間にキレイになる!

ハンドルが握りやすく、早く取り除けるので生地を傷める恐れもありません。

洗濯などでできてしまった細かい毛玉も、「LINT REMOVER」を何回か往復するだけですっきりキレイに取れました。

小物用に使えるダイソー「くるくる毛玉取り」

ダイソー
くるくる毛玉取り
実勢価格:110円

▼テスト結果
扱いやすさ:◎
取れやすさ:○

ダイソー「くるくる毛玉取り」
は刃の直径が37㎜と小さめなので、毛玉を取り除くのに時間がかかるものの、扱いやすさは最高レベルなのでA評価になりました。小物など小さいものに使用するのがおすすめです。

C評価: ニットに不向き キャンドゥ「らくらく毛玉とれ~る」

キャンドゥ
らくらく毛玉とれ~る
実勢価格:110円

▼テスト結果
扱いやすさ:△
取れやすさ:△


使用すると生地が引っ張られてしまい、生地が傷む心配があるのでC評価となったキャンドゥ「らくらく毛玉とれ~る」。やわらかいニットなどは避けた方がいいでしょう。

次は、電源の数がすぐ足りなくなるという方におすすめの、100均で手に入る「コンセントタップ」をご紹介します。

USBポートが2口もある!ダイソー「USBコンセントタップ」

ダイソー
USBコンセントタップ
実勢価格:550円


2口のUSBポートを備え、小さいスペースでもしっかり充電できる優秀さからA評価となったダイソーの「USBコンセントタップ」。USBポートは2口とも2.4A流れます。

コンセントが2口、USBポートも2口あるので、「コンセントが足りない!」という心配もなくなります。

安心の絶縁カバー付き

ダイソーの「USBコンセントタップ」は火災防止の安全設計もばっちり! 電源プラグの根元に、ホコリの付着などによる火災を防ぐ絶縁カバーが付いています。

2口のコンセントは合計1400Wまで使用できますが、ケトルなどは使用できないので注意してください。

以上、話題の100均アイテムから「毛玉取り機」「コンセントタップ」のご紹介でした。同じ100均製品でも、やはり550円製品との使いやすさの差は歴然でした。550円製品の進化にこれからも注目です!

▼ホムセンで見つけた「毛玉取り」の比較記事はこちら