2020年の大感動を発表! 「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を解説

いろいろあった2020年も、『家電批評』はおうち家電を中心に、4Kテレビや冷蔵庫など大型・定番品まで3521の家電製品をテストしてきました。そこで今回は、使った瞬間に思わず歓声が上がった感動品を総まとめ!「家電批評 オブ・ザ・イヤー」として発表します。

特に気を張って頑張った一年。ご褒美にもギフトにも早く買えば良かったと思えるベスト家電カタログです!

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー2020】記事はコチラ!

今回は、お家時間が長くなって存在感が増している冷蔵庫です。

家電独自機能「微凍結」が神! パナソニック「NR-F555HPX」

王冠アイコン

パナソニック
NR-F555HPX
実勢価格:27万8000円

●内容積/550L ●サイズ・重量/W685×D699×H1828mm・約110kg ●年間消費電力量(50/60Hz)/279kWh/年

お肉も野菜も圧倒的に長持ちする冷蔵庫が パナソニック「NR-F555HPX」です。

感染予防のために買い物の回数を減らして、ストックや作り置きを活用する家庭も増えた2020年。その心強い味方が本機です。有名メーカーの冷蔵庫全4台のなかでも、食材の保存性能が高く、スリムなサイズながら大容量と、理想を体現したかのような性能でベストバイに選ばれました。

独自機能「微凍結」ならお肉も1週間新鮮なままです! 買い物の回数が減らせるコロナ時代の新定番です。

神機能「微凍結パーシャル」とは?

通常のチルド(0℃)よりもさらに低いマイナス3℃で素早く凍結できます。テスト時に半数の製品が1週間後には味が落ちたり食べられなくなってしまったなか、本機は1週間後でも肉は臭みがなく焼けば肉本来の味のまま、刺身はなんとそのまま生食できるほどおいしく食べられました。

風間章子 氏
料理家
風間章子 氏 のコメント

重量は1週間前とほとんど変わりません

さわけん 氏
科学する料理研究家
さわけん 氏 のコメント

ひき肉にもスッと包丁が入りました

ベストな理由:野菜室でも圧倒的長持ち!

ラップなしで保存した野菜が1週間たっても変化が少なく、野菜室も保存に適しているといえます。

ベストな理由:デッドスペースを有効活用!

ほぼ同サイズの製品と比べて容量が大きく、より多くの食材のストックに向いています。

パナ

 

W685×H1828×D699mm 550L

アクア

 

W830×H1825×D635mm 512L

以上、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2020」に選出されたパナソニック「NR-F555HPX」の紹介でした。食材長持ちの冷蔵庫で買い物回数やフードロスを減らせると共に、お家時間がもっと充実しそうです。

▼冷蔵庫おすすめランキング5選はこちら

『家電批評』 2021年1月号

晋遊舎
家電批評
2021年1月号
700円

ステイホームな1年間のご褒美カタログ『家電批評』2021年1月号はこちらからも購入できます。「人に会えない」「家から出られない」「元気になれない」そんな2020年の悩みを支えてくれたベスト家電をぜひチェックしてください!