AV機器令和最強のベスト家電66部門決定!!
「どこがスゴかったか」解説します

令和最強のベスト家電66部門決定!!「どこがスゴかったか」解説します

“ネットを疑う家電購入ガイド”として日夜家電をレビューし続ける『家電批評』誌上でも、思いがけない良品の発見や、今一歩な製品の発掘など、さまざまな出会いがありました。

そこで今回、2019年に家電批評誌が扱った製品の中から「絶対に素晴らしい!」と断言できるベスト家電ばかりを集めた「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を選定いたしました。

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー】入り口はコチラ!

上の画像をクリックしても移動しない場合、こちらからどうぞ。

まさに“令和最強”の名がふさわしい、全66部門のベストバイたち。

ここでは、ベストに選ばれた一製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを解説します。

▼ベスト家電を厳選したテスト誌はコチラ!

晋遊舎
『家電批評 2020年1月号』
700円

それでは早速ご覧ください!

<外部サイトでご覧の方へ>
the360.lifeの本サイトでは、アマゾンへのリンク付き記事を公開中です。ページ下の「オリジナルサイトで読む」よりどうぞ。

AV機器きちんとオリンピックを残せるのは
「長時間4K」だけ

2019年はラグビーワールドカップが大盛り上がりをみせましたね。家族や友人などと一緒に、テレビの前で応援していた人も多いでしょう。

スポーツへの注目度が高まる中、いよいよ2020年が目前になり東京オリンピックの話題がどんどん増えていますが楽しむ準備は万全ですか?

きちんとオリンピックを残せるのは「長時間4K」だけ

「仕事でどうしても見れない…」そんな時に活躍してくれるのがレコーダーです。

しかし、気になるのが容量不足の問題。録画時間が長くなりがちなので、肝心なところから録画できてない!なんて悲しい出来事は避けたいところです。

そこで、オススメしたいのがDIGAの「DMR-4W400」。4Kの高画質で録画ができるうえに、12倍の長時間録画ができるという逸品です。

AV機器4K録画の頂を目指した
最新ディーガ

BDレコーダーはパナソニックDIGAの一強時代になっています。

理由のひとつに、スマホで録画番組を観たり、番組予約ができる「おうちクラウドディーガ」の有能ぶりがありますが、4K時代に入りより高画質にも磨きをかけてきました。その最先端に立つのが「DMR 4W400」です。

パナソニック
DIGA DMR-4W400
実勢価格:10万5480円


サイズ:W430×H66×D199mm
重量:2.6kg
HDD容量:4TB
チューナー:BS/CS4K×2、地上デジタル×3、BS/CS×2
ネット:無線LAN内蔵

最大12倍まで4K画質で録画

最大12倍まで4K画質で録画
圧縮録画でも4K画質のまま

新4K衛星放送を1.5~12倍の長時間録画ができます。解像度、広色域規格、階調表現などの要素を残して圧縮を行うため、画質のきれいな映像で再生が楽しめます。

DIGAの「DMR 4W400」は、他社に先駆け新4K衛星放送の長時間録画モードを搭載したことでオリンピックの長時間競技も1枚のディスクに4K画質で保存できるようになっています。

「Ultra HD ブルーレイ再生」など機能もフル装備した、現時点で最高峰の1台なのは間違いありません。

以上、「家電批評オブ・ザ・イヤー」に選ばれたBDレコーダー、DIGA DMR-4W400の紹介でした。引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。