カメラ令和最強のベスト家電66部門決定!!
「どこがスゴかったか」解説します

令和最強のベスト家電66部門決定!!「どこがスゴかったか」解説します

“ネットを疑う家電購入ガイド”として日夜家電をレビューし続ける『家電批評』誌上でも、思いがけない良品の発見や、今一歩な製品の発掘など、さまざまな出会いがありました。

そこで今回、2019年に家電批評誌が扱った製品の中から「絶対に素晴らしい!」と断言できるベスト家電ばかりを集めた「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を選定いたしました。

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー】入り口はコチラ!

上の画像をクリックしても移動しない場合、こちらからどうぞ。

まさに“令和最強”の名がふさわしい、全66部門のベストバイたち。

ここでは、ベストに選ばれた一製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを解説します。

▼ベスト家電を厳選したテスト誌はコチラ!

晋遊舎
『家電批評 2020年1月号』
700円

それでは早速ご覧ください!

<外部サイトでご覧の方へ>
the360.lifeの本サイトでは、アマゾンへのリンク付き記事を公開中です。ページ下の「オリジナルサイトで読む」よりどうぞ。

カメラ新製品に負けない性能で
発売後も上位をキープ

発売から2年がたっても、マイクロフォーサーズ部門の頂点に立っているのがG9 Proです。オリンパスのEーM1XやEーM5MarkⅢといった新製品を実写テストで退けて1位をキープしました。

パナソニック
LUMIX
G9 Pro
実勢価格:13万8800円(ボディ)


サイズ:約W136.9×H97.3×D91.6mm
重量:約658g
イメージセンサー:約2033万画素 マイクロフォーサーズ
手ブレ補正:約6.5段
EVF:0.5型、約368万、約100%、約0.83倍
モニター:3.0型、約104万、フリーアングル式 タッチ液晶
連写:20コマ/秒(電子シャッター使用時)

カメラ新機能追加で魅力UP!
操作性・画質に優れた高機能カメラ

11月にはファームウェアが更新され、動物認識AF機能が追加されました。人だけではなく、鳥、犬科、猫科の認識をしてピントを合わせてくれるので、動き回る動物でもしっかり捉えることができるのです。

さらに、4K動画の画質向上、HDR動画の収録が可能になるなど、大幅な機能アップを果たしています

また、パナソニックのカメラは手ブレ補正の性能が非常に優秀。「G9 Pro」は特に強力な手ブレ補正が搭載されているので、1秒を超えるスローシャッターでも三脚なしでブレずに撮れました

カメラここまで安く!
2019年の最強コスパ機

高い性能で人気がありながら、発売から2年で実売価格は8万円ほど安くなりました。

ここまで安く!2019年の最強コスパ機

2018年1月(初年度)は21万円の初値で、2019年12月現在は13万円まで値下がりしています。

このスペックと写りで13万円前後は安い!2019年で最もお買い得なカメラと言っても過言ではありません。

以上、「家電批評オブ・ザ・イヤー」に選ばれたマイクロフォーサーズ一眼カメラの紹介でした。引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。