出品物をよりよく魅せる
撮影ボックスは使い勝手が重要

メルカリやヤフオクなどに出品する際のアイテム写真はとても重要です。キレイな写真だと商品の魅力もアップし、より高値での落札も望めるはず。そこで、Amazonで販売されている低価格の撮影ボックスから4つを購入して比較してみました。

すると、ロゴ以外はほとんど同じというまさかの結果に。そのうえ、使い勝手もイマイチという残念さ……。

ところが、比較用として別途購入した、ひとつ上の価格帯の製品が価格差以上の良さを発揮してくれたのです。格安品よりもワンランク上の製品が断然オススメのベストバイでした!

[テスト方法]
サイズ感的にぴったりなサイズのフィギュアを全5製品のボックスに配置して撮影を行い、その仕上がりを評価しました。

モデルは高さ約13cm×幅約10cmのフィギュアです。

カメラ格安品とは価格以上の差がついた
つくりも光も安定!

王冠アイコン

ロアス
撮影ブース 大 DCA-069
実勢価格:2745円
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)
 

Before

そのままスマホで撮影すると青っぽくなってしまいます。

After

ロアスの「撮影ブース」を使用して撮影すると、本物に近い自然な色味に!

なお、組み立て時は約50cm四方サイズですが、たたむと3cm弱の厚さになります。ちょっとした隙間に収納できるので、撮影の際だけ取り出せば置き場にも困りません。小脇に抱えられるサイズで持ち運びも便利です。

1500円以下の製品は
ほぼ同じだったんです

Amazonで販売されている1500円以下の製品のうち、価格差がある2製品を比較してみました。すると、意外な事実が判明しました。

最安値品と…

ノーブランド:LEDライトボックス:撮影ブース:ブログ:写真

ノーブランド
LEDライトボックス
実勢価格:580円

 

約3倍の価格のこちら。

advance-mhr:撮影ボックス:撮影ブース:ブログ:写真

advance-mhr
撮影ボックス
実勢価格:1860円

なんと、価格が違っても構造はまったく同じだったんです。ボックス上部にLEDライトがついている点や、ペラペラ感のある心許ない構造までほぼ変わらないことが分かりました。

出品画像を格上げしてくれる撮影ボックスは、ケチらずにワンランク上の製品を選ぶことが失敗しないコツ! 小物の出品が多い人なら、すぐに元が取れるかもしれませんよ!


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。