ヘルスケア舌ブラシとは?

舌ブラシとは? 舌ブラシおすすめ イメージ

整った口内環境をキープするには、毎日のケアが大切です。お口のニオイが気になるという人は舌ブラシを使ってケアをしてみてください。

舌ブラシとは、歯磨きではできない舌のケアを行う専用ブラシのことで、舌クリーナーやタンクリーナーなどとも呼ばれます。

歯ブラシではかき出しにくい口臭の原因を除去してくれると言われ、最近注目されているオーラルケア商品なんです。

舌ブラシを使うメリットは?

舌の表面には、食べ物のカスや粘膜の垢などの舌苔(ぜったい)という白い苔状の汚れが付着しています。その舌苔を舌ブラシでかき出してキレイにすることで口臭予防につながります。また、汚れを落として口腔内細菌が繁殖しづらい環境にすることで感染症予防にもなると言われています。

舌ブラシはいつ使うのが効果的?

基本的に、舌みがきは1日1回が目安。頻度が高いと舌を傷つける場合もあるので気になったときに磨けばOKです。

今回、雑誌『LDK the Beauty』編集部では、しっかり汚れを落として使いやすい舌ブラシを調査。さまざまなタイプの舌ブラシをテストし、口コミだけではわからないおすすめを探しました。

ヘルスケア舌ブラシの選び方は?

舌ブラシの形状や素材は製品によってさまざま。それぞれで特徴が変わるので好みの使用感のものを選びましょう。

おすすめ商品を紹介する前に、まずは舌ブラシの選び方のポイントをお伝えします。

選び方1:形状

ヘラ型・U字型

ヘラ型・U字型は、スクレーパーのように舌の表面を撫でて汚れをかき出します。舌への負担が少なく、効率よく一気に舌苔を落とせます。

舌に接する部分が鋭利になっているものの方が汚れを落としやすいですが、鋭利になるほど舌への負担が大きくなります。力加減に注意して磨きましょう。

ブラシ型

ブラシ型 舌ブラシおすすめ イメージ

ブラシタイプは歯ブラシよりも柔らかいブラシで、舌の細かな舌苔を取り除けるのが特徴です。歯ブラシと似た形状で使いやすく、舌ジェルを舌表面に塗り広げやすいメリットもあります。長さは一般的な歯ブラシと同じ程度のものが磨きやすくおすすめです。

選び方2:素材

シリコン・ゴム素材

シリコン・ゴム素材の舌ブラシは、舌を傷つけにくくやさしくケアできるのが特徴です。シリコン・ゴム素材はパッケージに「エラストマー」と表記されていることがあるので、注意して確認してみてください。

ステンレス素材

ステンレス素材 舌ブラシおすすめ イメージ

ステンレス素材の舌ブラシは清潔に使いたい人におすすめです。錆びにくく、長く愛用することができます。

ナイロン素材(ブラシ)

ナイロン素材(ブラシ) 舌ブラシおすすめ イメージ

ナイロンはブラシ型の舌ブラシによく使用されている素材で、しっかりブラッシングしたい人におすすめです。好みの硬さを選べるのが魅力ですが、歯ブラシより柔らかい毛質のものを選びましょう。

ヘルスケア舌ブラシの人気商品徹底比較

舌ブラシの人気商品徹底比較 舌ブラシおすすめ イメージ

今回は、ドラッグストアをはじめ、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどネット通販でも購入できるさまざまなタイプの舌ブラシをピックアップ。以下の項目でテストを行いました。

汚れ落ち

汚れ落ち 舌ブラシおすすめ イメージ

舌苔に見立てた粘着性のある擬似汚れを人工皮革に塗布。各製品を一定の負荷で一定回数こすったときの汚れ落ちを目視評価しました。

使いやすさ

複数モニターが製品を使用して、舌への当たりや磨き心地、使い勝手などをトータルで評価しました。

それではテストの結果、評価の高かった順に舌ブラシのおすすめ商品を紹介します。

ヘルスケア舌ブラシのおすすめは?

舌ブラシのおすすめランキングです。それぞれの項目を緑のボタンで並べ替えられるので、商品選びの参考にしてみてくださいね。

ランキングは項目名で並び替えられます
商品
A評価
KENT舌クリーナー
舌ブラシおすすめ KENT 舌クリーナー イメージ
4.25
4.50 4.00
2本入り
A評価
ライオンNONIO 舌クリーナー
舌ブラシおすすめ ライオン NONIO 舌クリーナー イメージ
4.00
4.00 4.00
B評価
デンタルプロ舌ブラシ
舌ブラシおすすめ デンタルプロ 舌ブラシ イメージ
3.50
3.50 3.50
B評価
フィールピュアループ レン
舌ブラシおすすめ フィール ピュアループ レン イメージ
3.25
4.00 2.50
B評価
ビーエスアール魔法の舌ブラシ
舌ブラシおすすめ ビーエスアール 魔法の舌ブラシ イメージ
3.13
3.00 3.25
B評価
クリアデントタンクリーナー
舌ブラシおすすめ クリアデント タンクリーナー イメージ
3.13
4.00 2.25
C評価
RONAVOタングスクレーパー(より広い)
舌ブラシおすすめ RONAVO タングスクレーパー(より広い) イメージ
2.50
3.00 2.00
2本入り

A評価【1位】KENT「舌クリーナー」

  • KENT舌クリーナー
  • 実勢価格: ¥329検証時価格: ¥330

※リンク先はセット商品の販売ページを含みます

総合評価: 4.25

汚れ落ち
 4.50
使用感
 4.00

シンプルに見えて実は多機能

舌ブラシのおすすめランキング1位でベストバイに選ばれたのは、KENT「舌クリーナー」でした。

一見ただの棒に見えますが、侮るなかれ。舌の形にピッタリ沿うので広範囲を一度にキレイにできる優れものなんです。

しかも使用する面でソフト面とシャープ面に分かれているので、好みに応じて使えます。

ソフトな口当たりで舌を傷つけにくいです。

おすすめポイント
  1. 広範囲の汚れを一気にこそげられる
  2. 当たりの強弱が調節できる
  3. ソフトな肌あたりでやさしく磨ける
内容量
2本入り
型番
5009503
モニター(女性)
モニター(女性) のコメント

使い方が簡単でやさしく磨ける点がよかったです。

広範囲の汚れを一気にこそげられる

広範囲の汚れを一気にこそげられる 舌ブラシおすすめ イメージ

1〜2回滑らすとしっかり擬似汚れが落ちました。少ない回数で舌に負担をかけずお掃除が完了しそうです。

広範囲の汚れを一気にこそげられる 舌ブラシおすすめ イメージ2

びよんと曲げて舌を磨きます。

松下和矢
LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢 のコメント

KENTは汚れ除去力と範囲の両方が優秀でした。

A評価【2位】ライオン「NONIO 舌クリーナー」

  • ライオンNONIO 舌クリーナー
  • 実勢価格: ¥172検証時価格: ¥223

総合評価: 4.00

汚れ落ち
 4.00
使用感
 4.00

舌ブラシのおすすめランキング2位は、ライオン(LION)「NONIO 舌クリーナ」でした。

ブラシでかき出した汚れをラバー部分で受け止める構造。舌をブラッシングしたい人におすすめです。

型番
4903301282839

B評価【3位】デンタルプロ「舌ブラシ」

  • デンタルプロ舌ブラシ
  • 実勢価格: ¥112検証時価格: ¥179

総合評価: 3.50

汚れ落ち
 3.50
使用感
 3.50

舌ブラシのおすすめランキング3位は、デンタルプロ「舌ブラシ」でした。

ソフトな当たりのブラシでオエッとなりにくいです。汚れ落ちテストではやや汚れが残りました。

B評価【4位】フィール「ピュアループ レン」

  • フィールピュアループ レン
  • 実勢価格: ¥490検証時価格: ¥600

総合評価: 3.25

汚れ落ち
 4.00
使用感
 2.50

舌ブラシのおすすめランキング4位は、フィール「ピュアループ レン」でした。

一度に汚れを落とせる範囲は広くはないものの、汚れをしっかり絡め取る力は秀逸でした。

型番
73262281-blue

スポンジで当たりがやさしい

ループ状の繊維がやさしく舌苔を絡め取る構造。汚れ落ちは優秀だったものの、凸面で舌の表面、凹面で側面を使い分ける構造がわかりにくかったです。

B評価【5位】ビーエスアール「魔法の舌ブラシ」

  • ビーエスアール魔法の舌ブラシ
  • 実勢価格: ¥539検証時価格: ¥880

総合評価: 3.13

汚れ落ち
 3.00
使用感
 3.25

舌ブラシのおすすめランキング5位は、ビーエスアール「魔法の舌ブラシ」でした。

ヘッドがループ状の繊維なのはフィール「ピュアループ レン」と同様ですが、汚れを絡め取る力は下回りました。

型番
4580354691018

汚れ落ちはまずまず

汚れ落ちはまずまず 舌ブラシおすすめ イメージ

本製品は汚れをまあまあ落とせたものの、接触部分の範囲がベストのKENT「舌クリーナー」より狭いため、一度では取りきれませんでした。

B評価【5位】クリアデント「タンクリーナー」

  • クリアデントタンクリーナー
  • 実勢価格: ¥309検証時価格: ¥550

総合評価: 3.13

汚れ落ち
 4.00
使用感
 2.25

舌ブラシのおすすめランキング5位は、クリアデント「タンクリーナー」でした。

弾力性のあるブラシで汚れがゴソッと取れる一方、舌当たりが強めでオエッとなりやすいです。

型番
K322450H

C評価【7位】RONAVO「タングスクレーパー(より広い)」

  • RONAVOタングスクレーパー(より広い)
  • 実勢価格: ¥1,434検証時価格: ¥1,130

総合評価: 2.50

汚れ落ち
 3.00
使用感
 2.00

舌ブラシのおすすめランキング7位は、RONAVO「タングスクレーパー(より広い)」でした。

ステンレスで衛生面は優れていますが、汚れが落ちる範囲が狭く、かたくて舌が痛くなります。

内容量
2本入り
型番
DHeadSe2

ヘルスケア舌ブラシのおすすめ まとめ

以上、舌ブラシのおすすめランキングでした。いかがでしたか?

繊維やシリコン、ステンレスなどさまざまな材質や形状の舌ブラシ7製品をテストしたところ、ベストに選ばれたのは一見ただの棒のKENT「舌クリーナー」でした。オエッとならずに使いやすい1本です。

同じくA評価となったライオン「NONIO 舌クリーナー」も汚れ落ち・使いやすさとも優秀でした。

最小限の使用で舌を磨けるKENT

最小限の使用で舌を磨けるKENT 舌ブラシおすすめ イメージ
最小限の使用で舌を磨けるKENT 舌ブラシおすすめ イメージ2

KENT
舌クリーナー

KENT「舌クリーナー」は、シンプルな棒状の見た目ですが実際に使用してみると、舌の表面を一気にキレイにできるうえ、使う面によって強さも変えられると優れものでした。

見た目で判断しないでぜひ試してみてください!

舌をブラッシングしたいならNONIO

舌をブラッシングしたいならNONIO 舌ブラシおすすめ イメージ

ライオン
NONIO 舌クリーナー

NONIO(ノニオ)「舌クリーナー」は、ラバー部分がブラシでかき出した汚れを受け止めます。舌のブラッシングをしたいという人におすすめです。

お口の健康をキープするためにも、ぜひ舌ブラシを日々のケアに取り入れてみてくださいね。

ヘルスケア舌ブラシの売れ筋ランキングもチェック!

舌ブラシのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。