AV機器令和最強のベスト家電66部門決定!!
「どこがスゴかったか」解説します

令和最強のベスト家電66部門決定!!「どこがスゴかったか」解説します

“ネットを疑う家電購入ガイド”として日夜家電をレビューし続ける『家電批評』誌上でも、思いがけない良品の発見や、今一歩な製品の発掘など、さまざまな出会いがありました。

そこで今回、2019年に家電批評誌が扱った製品の中から「絶対に素晴らしい!」と断言できるベスト家電ばかりを集めた「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を選定いたしました。

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー】入り口はコチラ!

上の画像をクリックしても移動しない場合、こちらからどうぞ。

まさに“令和最強”の名がふさわしい、全66部門のベストバイたち。

ここでは、ベストに選ばれた一製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを解説します。

▼ベスト家電を厳選したテスト誌はコチラ!

晋遊舎
『家電批評 2020年1月号』
700円

それでは早速ご覧ください!

<外部サイトでご覧の方へ>
the360.lifeの本サイトでは、アマゾンへのリンク付き記事を公開中です。ページ下の「オリジナルサイトで読む」よりどうぞ。

AV機器2019年もぶっさすだけNo.1
映画もスポーツもドラマも完全制覇!

アマゾン
Fire TV Stick 4K
実勢価格:6980円

最近のテレビは「スマートTV機能」でVOD(動画配信サービス)を利用できます。しかし、古いテレビだとスマートTV非対応だったり、最新の格安テレビも対応するVODサービス数が少なかったりして、見たいコンテンツが見られないということも…。

それを解決するセットトップボックス部門でグランプリを受賞したのはFire TV Stick 4Kです。

AV機器いろんなVODを見られて
使いやすさもハイレベル!

まず、同モデルはほとんどのメジャーな動画コンテンツに対応しているのがポイント。格安テレビではプライムなしが多く、VOD対応が少ないメーカーもある中で「Fire TV Stick 4K」はとにかく対応サービスが豊富でした。

いろんなVODを見られて使いやすさもハイレベル!

VODを利用できる「スマートTV機能」を搭載するテレビでも、非対応コンテンツは見られません。でも、Fire TV Stick 4Kはメジャーな動画アプリをほとんど網羅しています。

また、動作スピードも快適。本誌でFire TVシリーズの3モデルを検証したところ、動作速度は本機がトップをマーク。リモコンの使い勝手もバツグンで、テレビ内蔵のスマートTVよりも圧倒的にスムーズな使い心地を体感できました

いろんなVODを見られて使いやすさもハイレベル!

さらに、弱点だった音声操作もアレクサに新対応したことで劇的に向上。基本操作はもちろん、ライバルのApple TVができない天気やニュースの読み上げにも対応しています。

折原一也 氏
AVライター
折原一也 氏 のコメント

コンテンツ数も機能も操作性も文句なし。これで6980円はハイコスパ!

とりあえず何か4Kテレビを用意すればいいっと思ったら大間違い。これらの検証結果を見ても、Fire TV Stick 4Kは必須装備と言えるでしょう

自宅テレビのVODに不満がある人はこれさえ導入すれば不満解決です!

以上、「家電批評オブ・ザ・イヤー」に選ばれた「Fire TV Stick 4K」の紹介でした。引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。