カチカチのバターは
なかなか削れず塗りにくい

カチカチのバターはなかなか削れず塗りにくい

トーストしたてのパンには、熱々のうちにバターを塗って食べると美味しさが増しますよね。でも、冷蔵庫から取り出したばかりのバターはカチカチで削りにくい…。室温に戻している間にパンも冷めてしまいます。一般的な先の尖った形のバターナイフだと、うまく削ることができないのがなんとも残念なところ。

冷蔵庫から出したばかりでも
サクッと切れる!

冷蔵庫から出したばかりでもサクッと切れる!

そこで最近では、メーカーによってバターナイフの形が改良されていて、削りやすくなったものが多いんです。室温に戻る時間を待つこともなく、薄く広く削れてパンに塗りやすい! 毎朝使うものだから、バターナイフを変えるだけでもストレスなく、より美味しく食べられるんですよ。

削りやすいバターナイフとは?
選ぶための3つのポイント

削りやすいバターナイフとは?選ぶための3つのポイント

では、どんなバターナイフを選べばよいのでしょうか?
おすすめのポイントを3つにまとめて紹介していきます。

選ぶポイント①:削りやすさ
まずはバターをスムーズに削れるかどうかが大きなポイント。せっかく買い換えても、削りにくいものでは意味がありません。薄く広く削れるものだと、温かいパンにも溶けやすいので◎

選ぶポイント②:塗りやすさ
柄の握りやすさやヘラの部分の形状によって、塗りやすさにも差が出ます。削りやすくても塗りにくいものでは、毎日使うには不便です。

選ぶポイント③:素材
削りやすさにも繋がる点ですが、素材次第で使い心地も変わります。木製は見た目はよいのですが、削りにくいのが難点。ステンレスなど金属にもいろいろありますが、特にアルミのものなら熱伝導がよいので、手の熱でバターが溶けて使いやすいです。

どのバターナイフが使いやすいか
実際にテストしました

どのバターナイフが使いやすいか実際にテストしました

選ぶポイントはわかったものの、実際には使ってみないとその良し悪しはわかりません。ネットで話題の貝印などのメーカー品や、ダイソー、セリアなど100円ショップまで、様々な種類がありますが、どれが最も使いやすいバターナイフなのでしょうか?

今回は『LDK』編集部が人気のバターナイフを8製品実際に購入し、「削りやすさ」「塗りやすさ」の2点をテストしてみました。それぞれ5段階で評価し、総合評価をA-Dまでランク付けしています。

それでは気になるランキングを発表します!

ほどよい厚さにフワッと
削れる「アイデアセキカワ」

アイデアセキカワ
アルミふわとろバターナイフ
実勢価格:880円

▼テスト結果
削りやすさ :★★★★☆
塗りやすさ :★★★★☆


第1位はアイデアセキカワの「アルミふわとろバターナイフ」です。一見普通のナイフですが、手の熱でほんのりあたたかくなるバターナイフ。冷蔵庫から出したばかりのかたいバターも、スムーズにカットできました。ほどよくバターを削れるギザギザの刃と、パンに塗りやすい柄の角度が優秀です。

ポイント①:柄の角度が小さく塗りやすい!

ポイント①:柄の角度が小さく塗りやすい!

絶妙な角度で手にフィットします。ゆるやかな傾斜で力が入れやすく、角度がありすぎないからパンにも塗りやすい点が高評価でした。

ポイント②:ギザギザ刃で広く削れる!

ポイント②:ギザギザ刃で広く削れる!

自然ととろけるフワッと感がナイス! ゆるやかな波打ち刃が、ちょうどいい厚さでバターを広く削り取ってくれます。

持ち手のくぼみ
が握りやすい「貝印」

持ち手のくぼみが握りやすい「貝印」

貝印
House Select
手の熱で溶かして 切れる
バターナイフ
実勢価格:440円

▼テスト結果
削りやすさ :★★★☆☆
塗りやすさ :★★★★☆

持ち手のくぼみが握りやすい「貝印」

第2位は貝印の「House Select 手の熱で溶かして 切れる バターナイフ」です。細かく削れないのが惜しいものの、バターがスルッと取れます持ち手にくぼみがあって手になじむため、塗りやすいのも高ポイントでした。

3000円超えの価格は
高く感じるもナイフも切れ味は◎

3000円超えの価格は高く感じるもナイフも切れ味は◎

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド
スプレッドザット
実勢価格:3300円

▼テスト結果
削りやすさ :★★★★☆
塗りやすさ :★★★☆☆

3000円超えの価格は高く感じるもナイフも切れ味は◎

同率2位はコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドの「スプレッドザット」です。合金製でやや重く女性には重めの80g。バターは薄く広く、ちょうどいい感じに削れるのでよいです!切るのもスムーズ。まっすぐな形状だから左利きにも使えます。

4位: 柄が長くて
持ちやすい「ヨシカワ」

4位: 柄が長くて持ちやすい「ヨシカワ」

ヨシカワ
EAトCO Nulu
バターナイフ
実勢価格:1080円

▼テスト結果
削りやすさ :★★★☆☆
塗りやすさ :★★☆☆☆

4位: 柄が長くて持ちやすい「ヨシカワ」

第4位は「ヨシカワ EAトCO Nulu バターナイフ」です。ナイフにあいた穴で、一度にバターがごっそり削れます! 持ち手が長く、削りやすい点も◎。ただ、バターがたくさん削れるため、パンの上で溶けるのに時間がかかってしまいました。

5位: 削れ方が
細かすぎる「アーネスト」

5位: 削れ方が細かすぎる「アーネスト」

アーネスト
とろける! 
バターナイフ
実勢価格:693円

▼テスト結果
削りやすさ :★★☆☆☆
塗りやすさ :★★☆☆☆

5位: 削れ方が細かすぎる「アーネスト」

第5位は4件あります。

まずはアーネスト「とろける! バターナイフ」。ふわふわにはなりますが、量を削るのに時間がかかってしまいました。奥に向かって削らなければいけないので、逆手のようになり、ちょっと削りにくさも感じました。

5位: 削っている最中に穴がつまってしまった
「コジット」

5位: 削っている最中に穴がつまってしまった「コジット」

コジット
バターをかる~く
削れるんです
実勢価格:637円

▼テスト結果
削りやすさ :★★☆☆☆
塗りやすさ :★★☆☆☆

5位: 削っている最中に穴がつまってしまった「コジット」

2つ目の第5位はコジットの「バターをかる~く 削れるんです」カールとロールが同時にできるのですが、同時にできる必要性がありません。削っているそばから穴がつまるので、力もかなり必要です。2種の大きさで同時に削れて一見便利そうなのですが、特に必要なしとの評価でした。

5位: 短すぎて持ちにくさを感じた
エコー金属

5位: 短すぎて持ちにくさを感じたエコー金属

エコー金属
溶けやすい
アルミバターナイフ
実勢価格:384円

▼テスト結果
削りやすさ :★★☆☆☆
塗りやすさ :★★☆☆☆

5位: 短すぎて持ちにくさを感じたエコー金属

3つ目の第5位はエコー金属「溶けやすい アルミ バターナイフ」です。短すぎて持ちにくく、塗りにくい点がマイナスに。端の処理が甘く、力を入れると手に食い込んで痛くなってしまいました。

5位: 平面を削るのに力がいる
「小久保工業所」

5位: 平面を削るのに力がいる「小久保工業所」

小久保工業所
ピーラー式
バターナイフ
実勢価格:290円

▼テスト結果
削りやすさ :★★☆☆☆
塗りやすさ :★★☆☆☆

5位: 平面を削るのに力がいる「小久保工業所」

最後の同率5位は小久保工業所「ピーラー式 バターナイフ」でした。プラ素材でつくりが弱いため、力を入れると折れそうなのが残念! 角はうまく削れるのですが、平面は力を入れないと削りにくいです。

ふわとろバターナイフは
力を入れずに切れる

いかがでしたか?パンや料理に使うたび、カチカチのバターに苦戦している人は、アイデアセキカワのふわとろバターナイフがオススメ! バターを切ることも、薄く削ることもカンタンにでき、手になじむコンパクトサイズで使いやすさもバツグンです。

また、今回の検証では貝印とコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドも優秀でした! 購入の参考にしてみてくださいね。