キッチンウォーターサーバーは
おいしい水が手軽に使えます

コンビニやスーパーの棚には、何種類もの水が所狭しと並んでいます。サイズもいろいろで、それだけ飲まれているのがわかります。自宅で飲んだり、料理にも使ったりと普段使いにしていると、買い物の頻度も高くなって面倒ですよね。

水の消費量が多いようなら、ウォーターサーバーを置いてみてはどうでしょうか。おいしい水やお湯が手軽に使えるようになって便利です。

でも、契約料や本体のレンタル料、注文の仕方、水の発注ノルマなど、検討することが多すぎて、何を選べばいいのかわからないですよね。おいしくても結局コスパが悪いなら検討は見送り… という人も多いでしょう。

そこでご紹介したいのが、自動で水が追加購入できるフレシャスの「IoTウォーターサーバー」。IoT搭載なので、契約も設定も簡単です。それではテスト誌『MONOQLO』おすすめの2台を、さっそく見ていくことにしましょう!

家電自動で水が追加購入してくれる
フレシャスの水感知サーバー

今回ご紹介するフレシャスのIoTウォーターサーバー2製品は、契約料も注文ノルマもありません。水も必要なタイミングで自動で注文されるので、在庫管理も不要です。

フレシャス
FRECIOUS dewo bottle
実勢価格:3万5800円

サイズ:W26×D33.5×H124cm

最初にご紹介する「FRECIOUS dewo bottle」は、水の温度が84℃と6℃から選べます。冷たい水が飲みたいときも、温かい水を料理に使いたいときも、ボタン1つですぐ出てきます。とにかくコスパ重視でおいしいIoT水ライフを送りたいのなら、これ一択です!

フレシャス
FRECIOUS Slat
実勢価格:5万3800円

サイズ:W29×D35×H111cm

常温や約90℃のお湯を使うなら「FRECIOUS Slat」がおすすめです。81℃、23℃(常温)、7℃、87℃(再加熱)と水温が4種類から選べて便利。幅広いニーズに応えてくれます。

フレシャス
FRECIOUS富士
9.3L×2本 天然水
実勢価格:2780円/2本(1本あたり1390円)

IoTウォーターサーバーに使用するのは、富士山の標高1000m地点で採水した天然水ほのかな甘味とまろやかな味わいが特徴です。ボトル内に空気が入りにくくなっているのも、おいしさの秘訣。使用後の容器は小さく潰して、家庭用ごみとして捨てられるのも便利です。

家電契約も設定も簡単
IoTはすごく便利!

IoTはよくわからないし、なんだか難しそう……と思っていませんか? 実はとってもカンタンなんです。IoTウォーターサーバーを購入したら、水の注文タイミングを設定するだけで、必要なときに自宅へ水が届くようになります。

①アマゾンで1クリックで買える

まずは本体をアマゾンで購入。プライムで翌日配送もできます。初回は水も一緒に注文する必要があるので、ご注意ください。

②残り何本になったら、自動発注するかを設定

本体内に入れた水以外に何本保管するかを設定できます。

③内部の静電容量。センサーで水を感知

内蔵センサーが指定本数を使用したと判断すると、自動で発注してくれます。

④追加の水が勝手に届く!

追加注文の必要がないのがとにかくラクで、発注漏れもありません。

以上、フレシャスのIoTウォーターサーバーをご紹介してきました。いかがだったでしょうか。自動で水が追加購入できる手軽さは、感動ものの便利さです。おいしい水のある生活を楽しむためにも、ぜひ導入を検討してみてください。