キッチン献立決めや調理はもっと
スマホに頼るのが正解!?

献立決めも含め、毎日のご飯作りって大変ですよね。かと言ってお惣菜や外食にばかり頼るのはチョット……という方はスマホでレシピ決めや調理予約などができる「Wi-Fi対応調理家電」に頼ってみてはいかがでしょうか?

最近ではいろいろなWi-Fi対応調理家電が出ていますが、今回は先駆者的な存在であるシャープの「ヘルシオシリーズ」の2製品に注目してみました!

キッチン自動調理鍋のベストバイ!
朝準備派は「ホットクック」

まずは無水調理ができる電気圧力鍋・自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」からご紹介します。

ホットクックは使い勝手が素晴らしく、電気圧力鍋の比較テストでベストバイに輝いた逸品。予約調理が可能で、材料をセットしてから外出すれば、帰宅時に1品できあがっているというスグレモノ!

しかもWi-Fiでクラウドに接続することができ、専用のスマホアプリと連携させれば、レシピ検索やご飯の準備がスムーズに行えます。

シャープ
ヘルシオ ホットクック
KN-HW24C
実勢価格:3万9591円

サイズ:W39.5×H24.9×D30.5cm
重量:約6.5㎏
定格容量:2.4L(2~6人分)
液晶画面:3インチ

Wi-Fi設定はスマホでカンタン

ホットクックはWi-Fi設定がスマホ上でカンタンに行えます。

QRコードを読み込み、アプリを入手して無線LANの情報を入力。スマホで接続中のWi-Fiをホットクックにも適用します。

ホットクックがWi-Fiにつながると、アプリ上で認識されるようになるので、あとは「登録する」ボタンを押すだけです。

出来上がりの時間は外出先から変更可能!

ホットクックには予約調理機能がついていて、外出前に材料と出来上がり時間をセットしておけば、帰宅後すぐにできたての料理が食べられます。

ホットクックの自動調理対応レシピの中からお好みのものを選びます。そして、外出前にレシピ通りに材料をセットします。

スマホでクラウドサービス「COCORO KITCHEN」に接続すれば本体に登録されたメニュー以外も検索でき、レパートリーが広がります。

材料を投入したら帰宅時間に合わせて、できあがり時間の予約設定をします。スマホと連携させておけば外出先から時間変更をすることができ、急用で帰宅時間が変わってしまう場合も安心!

予約調理を活用すれば、帰宅時にできたての料理が出迎えてくれます。帰って早々バタバタと料理の準備を始めなくて済むので、時間にチョット余裕が生まれます。

最大12時間の保温や温め直しも可能なので、家族の食事の時間がバラバラでも、いつでもあたたかい料理が食べられます。

少人数用モデルもあります

シャープ
ホットクック KN-HW16E
実勢価格:4万7700円

サイズ:W36.4×H23.2×D28.3cm
重量:約5.5㎏
定格容量:1.6L(2~4人分)
液晶画面:3インチ

ホットクックには小さめのモデルもあります。一人暮らしの方や、自動調理鍋は置き場に困るという方はぜひコチラをチェックしてみてください。

キッチン帰宅後の調理工程をカンタンに
したいならウォーターオーブン!

「出かける前に晩ご飯の準備をする余裕がない」「帰ってからパパッ作れる方がうれしい」という方には、まかせて調理機能を搭載したヘルシオの「ウォーターオーブン」をおすすめします。

ホットクックと同じくWi-Fiでクラウドに接続することができ、スマホアプリで献立決めから調理の準備までスムーズに行えます。

シャープ
ヘルシオ ウォーターオーブン
AX-XW500
実勢価格:7万555円

※品切れ中
サイズ:W49×H42×D43cm
重量:約25㎏
庫内容量:30L(2段調理)
温度調節:100~250℃(最大300℃)

Wi-Fi設定にはワンタッチボタンが必要

ホットクックはスマホでWi-Fi設定ができますが、ウォーターオーブンの場合はAOSS/WPS(ワンタッチボタン)に対応したルーターが必要になるので、この点は注意が必要です。

しかし、ワンタッチボタン方式なので設定方法はさほど難しくありません。

Wi-Fiにつながるとオーブンの液晶画面にWi-Fiマークが点灯。おすすめメニューの提案など、AIとクラウドを活用したサービスが受けられるようになります。

また、専用のスマホアプリをインストールしてオーブンと連携させれば、外出先でもレシピ検索などが可能になります。

献立決めから調理開始までがスムーズ!

AX-XW500には「まかせて調理機能」が搭載。材料を角皿に並べて調理モードを選んだら、あとは放ったらかしでOK。

庫内のセンサーが食材の温度をくまなくチェックし、自動で加熱の調整をしてくれます。まかせて調理機能を使えばメインのおかずと副菜が同時に調理できるほか、冷凍食材と常温食材を同時に調理することだって可能です!

スマホアプリと連携させれば、献立決めもラクラク。外でもおすすめメニューの閲覧やレシピの検索ができるので、通勤途中や仕事の休憩時間などにサクッと献立決めができます。

選んだメニューを外出先からヘルシオに送信することができ、調理の際、加熱設定の手間が省けて便利です。

また、レシピの材料の中ら必要なものだけを選んで「買い物リスト」を作成することができるので、材料の買い忘れが防げます。

帰宅したらレシピ通りに材料をセットして、ボタンを押すだけです。買い物の時間やあれこれ悩む時間が短縮されるので、毎日の食事作りがうんとラクになります。

以上、Wi-Fi機能を搭載した調理家電のご紹介でした。

「忙しくても食事ははちゃんと作りたい」という方は、ぜひ、ヘルシオのクラウドサービスと放ったらかし調理機能を活用してみてください!