無印良品そっくりさんは
買っていい? ダメ?

「無印良品に行けば何でも揃うから」と、つい足が向いてしまいますが、最近では、ニトリやIKEA、ホームセンターなどからも、パッと見そっくりなアイテムが目白押しなんです。しかも価格は無印よりも安い! そこで編集部では、それらの品質や使い勝手を徹底比較しました。今回比べた書類トレーは、驚きの結果が! なお、価格は検証時の編集部購入価格です。

[結論]使い勝手抜群!
書類トレーはカインズが買い!

たくさんの資料を種類別にわけて収納することができる書類トレー。今回の比較では、ちょっとしたつくりの違いが大きな差をつける結果となりました。今回比べたのはこちらです。

左の無印トレーはホワイトグレー、右のカインズはまっ白で統一されています。どちらも事務用品っぽくなく、インテリアにマッチします。

無印良品:ABS樹脂 A4書類トレー

無印良品
ABS樹脂 A4書類トレー
実勢価格:1190円
サイズ:幅24×奥行32×高さ4.5cm

カインズ:デスクトレー DT-OW

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

カインズ
デスクトレー DT-OW
実勢価格:398円
サイズ:幅26×奥行33×高さ6.2cm

それでは両者のつくりについて比較を見ていきましょう。

[比較 使いやすさ]たった1.7cmの
高さの違いでカインズに軍配!

頻繁に使う書類トレーは、使いやすさを重視したいところです。そこで今回は、実用シーンを想定して3段に重ねた上で、書類の取り出しやすさというポイントを比較しました。

こちらは無印です。

一段の高さは4.5cmと狭く、見るからに書類が取り出しにくいです。中の書類も見えません。特に2段目は取り出すのにひと苦労……。さらにスタッキングの溝が浅く、ずれやすいのも難点です。

そしてこちらがカインズ。一段の間隔は6.2cmと広めなので取り出しやすくなっています。わずか1.7mmの違いでこんなにも使い勝手に違いが出るとは驚きです!

無印は極限までムダをなくしたオシャレなデザインで、ぱっと見は良さそうなのですが、実際に使ってみると、使いにくさが際立ちました。書類トレーを買うなら、見た目はもちろん、使い勝手の点でカインズが断然買いです!

ちなみに、ニトリの書類トレーも比較しましたが……。

[ニトリ]使い勝手はいいのに
カラーが安っぽすぎてあと一歩

ニトリのトレーは、棚の間隔が6cmと、広めな点はいいのですが、微妙にくすんだホワイトカラーなので、ちょっと安見えしてしまって残念です。

ニトリ:A4ファイルトレー(オールホワイト)

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

ニトリ
A4ファイルトレー(オールホワイト)
実勢価格:410円
サイズ:幅26×奥行34.5×高さ6cm

以上、書類トレーの比較についてご紹介しました。なんと今回は、無印の使いにくさが露見するというまさかの結果に! 実際に使ってみなければわからない良し悪しがありますので、ぜひご参考になってください。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。