アウトドア薄切り肉より遥かにラク&美味しい
カタマリ肉バーベキューのススメ!

薄いバラ肉、ソーセージ、野菜…。いつもの食材を使ったバーベキューも楽しいけれど、少し物足りない…なんて時にオススメなのが、カタマリ肉を使った豪快バーベキュー!

「カタマリ肉…? やってみたいけど、バーベキュー上級者じゃないと難しいんでしょ?」って、そんなことありません。下ごしらえも焼き方もカンタンで、初心者でもすぐにマネできるレシピをご紹介します!

シリーズで紹介しているカタマリ肉を使った最強バーベキューメニュー。ローストビーフ、シュラスコに続き、今回はスペアリブが登場!豪快メニューを振る舞い、家族や友人と盛り上がってくださいね。

前回に引き続き、フードアクティビストの松浦達也さん直伝、初心者でも真似できるレシピを伝授します。

ほんの少し調味料にもこだわると、バーベキューの格はワンランクアップ!オススメ調味料も合わせてご紹介します。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

アウトドア驚くほど柔らかジューシーになる
豚肉×マーマレードの意外コンビ!

スペアリブは、下ごしらえが簡単で味のバランスがよいママレードダレで焼くのがオススメ。

「えぇ、マーマレード!?」と思うなかれ! 驚くほど、やわらかく濃厚な味に仕上がるんです。

肝心なのは焦がさないこと。それだけ意識すれば、美味しく焼くのが難しそうな骨付き肉も見事に焼き上がります。


[松浦流・スペアリブBBQレシピ]
濃厚ジューシー!スペアリブのママレード焼き


▼材料
[食材]
スペアリブ……食べたい量に応じて準備

★“スペアリブ選び”のコツ

肉選びのポイントは赤身と脂身。赤身はピンク色脂身は白い方が新鮮です。冷凍の場合は、旨味成分であるドリップ(赤い肉汁)が少ないものを選びましょう。

[調味料]
ママレード:丸大豆醤油(2:1の割合で混ぜ合わせて塗りダレを作ります)

★プロおすすめ調味料:ママレードの場合

スドージャム:信州須藤農園 100%フルーツママレード:食品

スドージャム
信州須藤農園
100%フルーツママレード
実勢価格:712円

内容量:430g

砂糖を使わず濃縮果汁を使用している、果実と果汁の自然な甘さが特徴のママレード。醤油と合わせるだけで、スペアリブにぴったりのソースに仕上がります。

▼作り方
[手順1]

まずは下ごしらえから。スペアリブの裏側にある薄皮を剥がします。骨離れがよくなり食べやすくなるため、欠かせないひと手間です。

店によっては処理済みということもあります。

調味料を混ぜ合わせたソースを全体にまんべんなく塗るだけで準備完了。一晩漬け込むのもアリ。

[手順2]
弱火ゾーンで骨の面から焼き始めます(火力の違うゾーン作りについてはVol.3の基本テクご参照)。蒸し焼きにして、5分~10分に1回様子を見て、焦げないようにひっくり返します。

蒸し焼きをする際は、リッドという蒸し焼き用のフタがあると便利です(プロおすすめのリッドについてはVol.3のおすすめ調理グッズご参照)。

[手順3]
乾いてきたら“ソース追い塗り”がポイント。
様子を見てソースを塗ると、しっかり味が付くうえに、乾燥してジューシーさが失われるのを防ぐ効果もあります。

[手順4]
30分程度かけて、じっくりと焼いていきます。ソースが塗ってあるため、焦げないようにたまに様子を見ましょう。

豚はしっかり火が通らないと食べられませんので、しっかり焼くことが大切です。中心温度計があれば必ずチェックしましょう。

中心温度70℃がおいしく食べられる目安です(中心温度計の利便性についてはVol.3の調理手順をご参照)。

焼き上がったら、切り分けて完成! 見た目もゴージャスな一品にテンションも上がります。

「肉にマーマレード、イケる」と感動の編集スタッフ。

スペアリブは弱火で蒸し焼きにして、こまめにソースを塗ることで、ジューシーさを維持することができます。手づかみでワイルドに食べれば、ジューシーで濃厚な美味しさが口いっぱいに広がります。

アウトドアすぐにマネしたいRITZアレンジ
プロ推薦の“上に乗せたい”素材2選

スペアリブが焼き上がるまでは約30分。待っている間もお酒と会話を楽しめるように、気軽にサクッと食べられるオードブルを準備しておくのがプロ流。

おなじみ「RITZ」を使った、松浦さんイチオシのオードブルをご紹介します。バーベキューにピッタリの厳選素材を使えば、メインの肉料理への期待も高まります。

“RITZ”にクリームチーズをのせたら、厳選素材をトッピング!

モンデリーズ・ジャパン:ナビスコ リッツクラッカーS:食品

モンデリーズ・ジャパン
ナビスコ リッツクラッカーS
実勢価格:258円

内容量:128g(枚数目安:13枚×3パック)

香ばしくてサクサクのクラッカー。そのままでも、様々な素材をのせるオンザリッツでも、手軽にディップでも…と、アレンジ自在。

▼プロ厳選!RITZに載せるオススメ素材①

ISフーズ(アイエスフーズ):国内産カタクチイワシ使用 手造りあんちょび:食品

ISフーズ(アイエスフーズ)
国内産カタクチイワシ使用
手造りあんちょび
実勢価格:864円

内容量:70g

瀬戸内海をはじめ、西日本各地で水揚げされる新鮮な片口いわしを使用。1尾1尾丁寧に手作業で捌き、こだわりの瀬戸内海産の塩と国産ハーブや数種類のスパイスで塩漬けし、長期間熟成させることで旨味が凝縮されています。よい塩加減で味が強すぎず、味の濃い肉を食べる前に最適!

▼プロ厳選!RITZに載せるオススメ素材②

イナウディ(INAUDI):乾燥トマト オイル漬け:食品

イナウディ(INAUDI)
乾燥トマト オイル漬け
実勢価格:1504円

内容量:180g

肉厚のサンマルツァーノ種のトマトを天日乾燥し、オレガノとバジリコとともにオリーブ油に漬け込んだ、うま味たっぷりのドライトマト。地中海の香り豊かな香草が入っており、風味が豊かです。バーベキューへの期待感をあおってくれるトマトの風味がたまりません!

以上、オリジナルのママレードソースを使ったスペアリブのレシピと、肉を食べる前に楽しめるオードブルのご紹介でした。

カタマリ肉を使ったレシピの紹介は、次回がラスト!

最後は鶏肉を丸ごと使ったビア缶チキンが登場します。引き続き、プロオススメの調味料や便利グッズの紹介もありますので、ご期待ください。


本記事のレシピは、プロ監修のもとで作成していますが、季節やお肉の鮮度・種類によって異なるので十分に注意し、自己責任のもとで調理してください。