キッチン家にあるいつもの緑茶の茶葉が…
お茶漬けにも抹茶塩にも大変身!

急須でお茶を入れる時に使う、緑茶の「茶葉」。そのままお茶として飲むのが一般的ですが、「お茶ミル」を使うと、さらにお茶の栄養を摂取できるほか、料理のレパートリーも増えるってご存知ですか?

茶葉がサラサラの粉末になるまでしっかりと挽けて、取っ手が握りやすく使いやすい、おすすめのお茶ミルをご紹介します。

キッチン石臼挽きでウチの茶葉が
粉末茶やお茶漬けに大変身!

京セラ: セラミックお茶ミルCM-50GT:調理器具

京セラ
セラミックお茶ミルCM-50GT
実勢価格:3209円

こちらは家にある緑茶の茶葉を挽き、サラサラ粉状にできる手動ミルです。中に茶葉を入れて、取っ手をくるくると回すだけで茶葉が粉末状になります。

粗さを調節できるつまみが付いているので、好みに応じて粗く挽いたり細かく挽くことができます。お茶の舌触りも変わるので、こだわりたい人は注目したいポイントです。

実際の出来上がりはこんな具合。

こちらは細挽き。抹茶風の仕上がりになりました。

回転寿司でおなじみの粉末茶が、自宅で簡単にできてしまうんです。そのままお湯に溶かせば、香り豊かな緑茶が味わえます!

塩に混ぜれば抹茶風塩、スイーツに混ぜて緑茶風味のケーキに…と、料理のレパートリーも一層増えますよ。

中でも、とくにおすすめしたいのが「お茶漬け」

キッチンお茶の香りの豊かさは格別!
香りを味わうお茶漬けが完成

挽きたてなので、少量の茶葉でも開封したてのような爽やかな香りが楽しめます

市販のお茶漬けに追加しても良し(写真は、永谷園ののり茶漬けに、梅干しをトッピングしています)、さらにこだわるのであれば、自分でオリジナルのお茶漬けを作っても楽しいですよ!

一点ご留意いただきたいのが、手動であること。一度にたくさん挽くものではありませんが、少し労力と時間がかかりますのでご注意くださいね。

また茶葉は緑茶のみで、玄米茶や麦茶などのお茶は使えないので、無理やり挽かないようにしてください。

お茶が好きな方や、料理が好きな方にはぴったりのアイテム。ぜひ毎日の健康維持に役立ててくださいね。