家電忙しい時に限って毛玉やシワが…
衣類のケアグッズで即解決!

多忙な日々を送る人は、衣類一枚一枚をケアする時間はなかなか取れないもの。いざ洋服を着ようとするとシワや毛玉だらけ、時間がないのに、このままでは外出できないなんてこともあるのではないでしょうか。

そんなピンチを解決してくれる衣類ケアグッズが、「毛玉取り」とシワが取れる「衣類スチーマー」です。ここでは、それぞれ実際に使ってみておすすめできる逸品をご紹介します。

家電厄介な毛玉をカット!
毛玉取りは衣類ケアの必需品

まずは「毛玉取り」から。空気が乾燥する季節は、静電気が起きやすく毛玉ができやすい時期です。

ちょうどセーターやニット生地素材を着る機会が増えてくるタイミングですが、どんなオシャレな服でも毛玉だらけだと安っぽく見えて台無しですよね。そんなときは毛玉取りがあれば便利です!

毛玉をケアすれば長くきれいに着られます。

かつて毛玉取りといえば、コンセントに繋いで服を平たいところに置いてから使うタイプが多かったのですが、最近は充電式のコンパクトなものが増えました。服を着たまま毛玉が取れるので、さっと使ってお出かけできます

そんな毛玉取りのなかで編集部がオススメするのが、テスコムの「毛玉クリーナー KD900」。Amazonで人気の毛玉取り4製品のうち、最も早くキレイにできました。

家電毛玉がわずか1分でキレイに
KD900は仕上がりも優秀でした

テスコム:毛玉クリーナー KD900:家電

テスコム
毛玉クリーナー KD900
実勢価格:4180円

こちらが毛玉取り3製品中1位に輝いたテスコム。過去、雑誌『MONOQLO』2018年5月号でベストバイに輝いた毛玉取りの最新機種「KD900」です。

前の機種「KD778-H」のテストでは、大事な服の繊維を傷めずに2分で毛玉を取りきりました。

最新機種の「KD900」も生地を傷めないので、カシミヤのニットのような繊細な冬服にも安心です。

コードレスで使い勝手良し。

こちらは充電コードレスと、交流コードの両用が選べるのが大きな特徴です。充電式の場合はケーブルがなく、取りにくい脇などの場所の毛玉も狙い打ちでき、服を着たままでも使うことができるからとても便利。

交流コードを使用する場合は、電源アダプターをコンセントに挿しながら長時間使うことができます。

でも、「充電式で毛玉がちゃんと取れる? AC電源や電池式の方が取れるんじゃない?」という疑問もごもっとも。そこで、アマゾンで人気の他社モデルと比較してみました。

比較に使用したのは、テスコムの「KD900」とその前機種「KD778-H」、電池式、手動式の4製品です。

テスコム:KD778-H:家電

テスコム
KD778-H
実勢価格:2910円

テスコムの前機種はAC電源を使用するのでパワーに優れますが、充電式の最新機種「KD900」に比べてケーブルが邪魔になるデメリットもあります。毛玉がごっそり取れる大型カッター仕様。

ティファール:JB1010J0:家電

ティファール
JB1010J0
実勢価格:2326円

電池式代表は、スタイリッシュなデザインが特徴のティファール。生地を傷めないようにガードが付いていたり、取り外し安いダストボックスなど使い勝手にも配慮されています。

グリーナー:アルティメットファズリムーバー 毛玉取り器:家電

グリーナー
アルティメットファズリムーバー
毛玉取り器
実勢価格:3980円

手動式代表のグリーナーは、生地の素材に合わせて3種類のエッジを使い分けるタイプ。電源・電池を使用しないので外出先でも使えるのが利点です。

それでは実際に毛玉を使ってテスト開始! 「KD900」を含めた以上の4種類の毛玉取りそれぞれの刃の高さをそろえて、用意した生地の毛玉をカットします。

その上で、キレイに取れるまでのスピード仕上がり具合を検証しました。

[テスコムKD900:1分/ 評価S]

まずは充電式のテスコムの最新機種から。わずか1分で毛玉がごっそり取れました。また、唯一生地を傷めずに、繊維の絡まった毛玉をキレイに取ることができました。毛羽立ちがなく触り心地も新品同様に!

[テスコム KD778-H:1分40秒 /評価A ]

次に、AC電源タイプのテスコム前機種。軽くこするだけでサクサク毛玉が取れます。スピード、仕上がりともに満足です。

[ティファールJB1010J0:2分30秒/ 評価B]

電池式のティファールは使いやすく、それなりに毛玉は取れますが仕上がりはイマイチでした。

[グリーナー:3分40秒/ 評価C]

手動のグリーナーは生地にやさしいのかと思いきや、逆に4商品中一番傷む結果になりました。

検証の結果「KD900」は毛玉の取れるスピードは1位、さらに服を着たままで使えるコードレス仕様も、忙しい朝にはありがたいアイテムです。

ただAmazonのレビューでは、毛玉がたくさん取れる分ゴミ捨ては小まめにやる必要があるのと声もありました。ですがそれを踏まえても、買ってよかったと絶賛されています。まさに一家に一台、まさにお出かけ前の必需品といえます。

家電ビジネスパーソンにオススメ
頑固なシワもサッとキレイに

衣類のケアといえばもう一つ、「シワ」の問題が挙げられます。通勤前にスーツやブラウスのシワに気づくも時間がない!というときはアイロンをかけるヒマなんてないですよね。

そんなときにオススメなのが衣類スチーマーです。

東芝:コードレス衣類スチーマー  La・Coo S(ラクーエス) TAS-X4:家電

東芝
コードレス衣類スチーマー
La・Coo S(ラクーエス) TAS-X4
実勢価格:1万414円

シワ伸ばしに超便利な「衣類スチーマー」についにコードレスが登場。実際に試してみると、シワ伸ばし能力は十分合格点でした。

スチーム性能は文句なしです。

事前に仕込んだガンコなシワをあえて作りテストしましたが、とりにくいボタンの間のシワも、キレイにまっすぐになりました。

「コードがない」のが想像以上に便利。

コードレスなので、家の中で持ち歩いて出社前にサッとかけられるのが便利です。

蒸気量も申し分なしです。

コードレスでもスチーム量はほかと比べても問題ありません。

以上、衣類ケア製品を紹介しました。毛玉取りやスチーマーは従来簡易的な位置付けで、大きな効果を期待できるものではありませんでしたが、今回の2点は検証結果にもあるとおり性能も抜群。必ずや活躍してくれるはずです。