家電おすすめ『家電批評』2023年ベストバイを発表!

2023年も『家電批評』はさまざまな家電製品をテストしてきました。そこでテストしてきた製品を振り返り、絶対におすすめしたいものをピックアップ。「家電批評2023年ベストバイ」として発表します。

自分へのご褒美にも、大切な人へのギフトにもおすすめなベスト家電カタログです!

【家電批評2023年ベストバイ】の記事一覧はこちら

【家電批評2023年ベストバイ】の記事一覧はこちら 衣類スチーマーおすすめ イメージ

今回は「家電批評2023年ベストバイ」の「衣類スチーマー」部門でベストバイになった、立ち上がりが早くて忙しい朝でもサッと服のシワを伸ばせる、ティファール「アクセススチーム イージー DT7131J0」​です。

家電おすすめティファール「アクセススチーム イージー DT7131J0」​

  • ティファールアクセススチーム イージー DT7131J0
  • 実勢価格: ¥6,570

史上最速15秒の立ち上がりで忙しい朝に助かる!

高級ブランドの洋服ではなくても、しっかりとシワを伸ばせば高見えするもの。忙しい朝にアイロンがけの時間をつくるのはむずかしいという人は、ぜひとも衣類スチーマーを使ってみてください。

干していたシャツをハンガーにかけたままスチームを当てるだけなので、あっという間にシワ伸ばしが完了します。スーツや厚手のコート、ニットなどに使えるのもアイロンに対するアドバンテージです。

そこでおすすめなのが、ティファール「アクセススチーム イージー DT7131J0」​。たった15秒で立ち上がるので、忙しい朝でも使いやすいです。しかもスチーム量が多いので、短時間でシワ伸ばしが完了します。

サーモカメラで撮影すると、スチームの温度は最高65℃に達し、広範囲にムラなく当たっていました。付属のスチームボンネットを取り付ければ、シルクなどのデリケートな素材にも使用できます。

トリガーを2回連続で引くと7分間スチームが出続けるのもうれしい機能。ハンドル型で持ちやすいこととあわせて、手や指への負担が小さくなっています。

スチームを当てることで、除菌や脱臭、花粉物質の低減効果が期待できるのもポイント。お出かけ前の新習慣になりそうです。

おすすめポイント
  1. スチーム量が多く広範囲に均一に当たる
  2. たった15秒で準備完了
がっかりポイント
  1. スチーム量が多いので、衣類が濡れることがある
111mm
奥行
141mm
高さ
258mm
重量
910g(約)
コードの長さ
3m(約)
タンク容量
150ml(約)
スチーム量
21g/分(約)
型番
DT7131J0

家電おすすめ「家電批評2023年ベストバイ」に選ばれた理由とは?

温度が高く、スチームが均一に当たる!

温度が高く、スチームが均一に当たる! 衣類スチーマーおすすめ イメージ

スチームの温度は最高65℃と高めです。シャツに当てた箇所をサーモカメラで撮影すると、広範囲に均一に当たっていることがわかります。これにより、短時間でシワが取れました。

スチームが多めに噴出!

スチームが多めに噴出! 衣類スチーマーおすすめ イメージ

スチームの量は多めで、目視でもわかるほど吹き出します。メーカー公表では21g/分。本体下部のタンクには水が150ml入り、7分の連続運転が可能なので、時間を気にせず使えます。

石井和美 氏
家電レビュー歴10年以上のプロレビュアー
石井和美 氏 のコメント

スチームの量が多め。衣類は濡れやすいので、スチームボンネットを装着するといいでしょう。

以上、「家電批評2023年ベストバイ」の「衣類スチーマー」部門で選ばれた、ティファール「アクセススチーム イージー DT7131J0」​の紹介でした。

忙しいお出かけ前にも、すぐに立ち上がって豊富なスチームでサッとシワが伸ばせるのが助かる、おすすめの衣類スチーマーです。

引き続き、「家電批評2023年ベストバイ」をご紹介していきますので、お楽しみに!

家電おすすめ衣類スチーマーの売れ筋ランキングもチェック!

衣類スチーマーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。