家電おすすめ『家電批評』2023年ベストバイを発表!

2023年も『家電批評』はさまざまな家電製品をテストしてきました。そこでテストしてきた製品を振り返り、絶対におすすめしたいものをピックアップ。「家電批評2023年ベストバイ」として発表します。

自分へのご褒美にも、大切な人へのギフトにもおすすめなベスト家電カタログです!

【家電批評2023年ベストバイ】の記事一覧はこちら

【家電批評2023年ベストバイ】の記事一覧はこちら デスクトップMacおすすめ イメージ

今回は「家電批評2023年ベストバイ」の「デスクトップMac」部門でベストバイになった、高性能で拡張性も高い最強デスクトップMac、Apple「Mac mini M2 Pro 搭載モデル」です。

家電おすすめApple「Mac mini M2 Pro 搭載モデル」

  • AppleMac mini M2 Pro 搭載モデル
  • 実勢価格: ¥177,333検証時価格: ¥184,800

※Amazonリンク先は10コアのものとなります。

クリエイティブな用途もストレスフリーでこなせる!

2023年2月にデスクトップ派Macユーザー待望の新型「Mac mini」が登場。1世代前より採用されたAppleシリコンを「M2」と「M2 Pro」に強化した2モデルが用意されました。

なかでも『家電批評』イチオシなのはApple「Mac mini M2 Pro 搭載モデル」。12コアCPUの性能によって、動画編集ではより上位のデスクトップ機「Mac Studio」(最小構成時)に匹敵するほどのスムーズさです。

また、Thunderboltポートが4つ搭載されており、M2モデルよりも拡張性がアップしています。このポートを使えば最大3台のモニターに出力可能となり、マルチモニター環境の構築も簡単です。

価格はネックですが、高負荷な作業をするならベストな選択です。

おすすめポイント
  1. 「M1
  2. SSDの読み書き速度が下位モデルより高速
  3. モニター3台に同時出力が可能
がっかりポイント
  1. アップグレード構成によっては上位機種の「Mac Studio」との価格差がわずか
19.7cm
奥行
19.7cm
高さ
3.58cm
重量
1.28kg
型番
MNH73J/A
橋詰高志 氏
カメラマン・映像編集
橋詰高志 氏 のコメント

4K動画の編集をするなら、M2でも16GBメモリにしたいです。

おすすめ構成

CPU:12コア、GPU:19コア 16GBメモリ・1TB SSD

家電おすすめ「家電批評2023年ベストバイ」に選ばれた理由とは?

4K動画の編集もラクにこなせる!

優秀:4K動画マルチ編集

優秀:4K動画マルチ編集 デスクトップMacおすすめ イメージ

16GBメモリなだけあり、4Kフル画質で3トラックの同時編集を行っても非常にスムーズ。プレビューもカクつきがなく快適でした。

動画のシーク

動画のシーク デスクトップMacおすすめ イメージ

シークバーもまったくラグはなく、シームレスに反映されます。動作が軽快で作業時にストレスを感じることはないでしょう。

色調補正

色調補正 デスクトップMacおすすめ イメージ

色調補正のフィルタをかけてもプレビューやLumetriスコープにスムーズに反映され、編集作業に支障をきたしません。

なお、 Lumetriスコープとは、表示中のフレームや色合いや、明るさのバランスを確認できる「Adobe Premiere」のグラフ表示機能のこと。色調補正を行うと、補正に応じてグラフ表示も変化します。

トリプルモニター出力も可能な豊富なインターフェース

トリプルモニター出力も可能な豊富なインターフェース デスクトップMacおすすめ イメージ

M2 ProモデルはM2モデルの倍となる4つのThunderbolt 4ポートを搭載。最大3台のモニターに出力可能(M2は2台)で、240Hzのゲーミングモニターにも対応と、拡張性の高さも魅力です。

以上、「家電批評2023年ベストバイ」の「デスクトップMac」部門で選ばれた、Apple「Mac mini M2 Pro 搭載モデル」の紹介でした。

性能も拡張性も最強な、デスクトップMac。クリエイティブな用途もストレスフリーで行いたい人におすすめの1台です。

引き続き、「家電批評2023年ベストバイ」をご紹介していきますので、お楽しみに!

家電おすすめデスクトップパソコンの売れ筋ランキングもチェック!

デスクトップパソコンのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。