家電おすすめ『家電批評』2023年ベストバイを発表!

2023年も『家電批評』はさまざまな家電製品をテストしてきました。そこでテストしてきた製品を振り返り、絶対におすすめしたいものをピックアップ。「家電批評2023年ベストバイ」として発表します。

自分へのご褒美にも、大切な人へのギフトにもおすすめなベスト家電カタログです!

【家電批評2023年ベストバイ】の記事一覧はこちら

【家電批評2023年ベストバイ】の記事一覧はこちら スマートロックおすすめ イメージ

今回は、「家電批評2023年ベストバイ」で「年間ベスト・オブ・5つ星家電」に選ばれた、 スイッチボット「SwitchBotロック」です。解錠方法が豊富で基本性能も優秀なスマートロックです。

家電おすすめスイッチボット「SwitchBotロック」

  • スイッチボットSwitchBot ロック
  • 実勢価格: ¥9,584

簡易オートロック爆誕で心の安心と便利さをゲット!

スマートロックは、スマホで玄関の施錠や解錠を管理し、工事不要でオートロック化できるアイテムです。

スイッチボット「SwitchBotロック」は、スマートロックを5製品で比較検証したところ、ベストバイとなった製品。特におすすめの使い方は、「SwitchBotロック」と「指紋認証パッド」のコンビ使い。

スマホが鍵の代わりになるのはもちろん、 指紋認証パッド(最大100個の指紋を登録できる)を用意すれば、パスワードやカードキーで解錠ができるなど、開閉方法は多岐に渡ります。

また、一時的に「合鍵」のようにパスの付与もでき、友人や親戚の来客時にも役立つんです。

さらに、外出時には自動で施錠する設定も可能。外出先からスマホで解錠や施錠状況も把握できます。

これを使えば、子どもに鍵を持たせなくてすみますし、「鍵閉めたっけ……」などの不安から解放されます。今よりもっと、安心した生活を送れるのではないでしょうか。

ただし導入を検討する際は、自宅のドアの鍵が対応してるかは要チェックです。

おすすめポイント
  1. 開閉方法が豊富
  2. 関連のスマートホーム製品と連携しやすい
がっかりポイント
  1. ハンズフリー機能を搭載していない
59mm(約)
奥行
73.2mm(約)
高さ
111.6mm(約)
重量
253g
型番
W1601700

家電おすすめ「家電批評2023年ベストバイ」に選ばれた理由とは?

解錠方法が豊富なうえ、設置もラクちん!

スマートロック自体には合鍵機能が備わっていませんが、別売りの「指紋認証付きパッド」をつければ、パスワードまたは指紋認証で合鍵を作ることができます。

  • スイッチボットSwitchBot 指紋認証パッド
  • 実勢価格: ¥8,400
38mm(約)
奥行
36mm(約)
高さ
112mm(約)
型番
W2500020

パスワードを設定できる

パスワードを設定できる スマートロックおすすめ イメージ

パスワードは有効期限も設定可能。一時的な鍵の付与に便利です。

指紋認証を使えば、ピッと即解錠!

指紋認証を使えば、ピッと即解錠! スマートロックおすすめ イメージ

パスワードも便利ですが、数字を打つ手間はかかってしまいます。指紋認証なら、登録した指の指紋を読み込ませるだけで解錠できて、非常に便利。

実際に使ってみた感想ですが、ポケットやカバンから鍵を探す手間がなくなり、想像以上にストレスフリーでした。両手に荷物を持ちながらでも簡単に解錠できるのも快適です。

指紋認証を使えば、ピッと即解錠! スマートロックおすすめ イメージ2

指紋の感度が悪いときは、指紋情報を追加で補足が可能。指紋は最大100個登録でき、一人で10本すべての指を登録しても余裕があります。

土屋慶祐
家電批評編集部 デスク
土屋慶祐 のコメント

指紋認証はハンズフリー機能並みに便利です。

設置もテープで簡単にできる

設置もテープで簡単にできる スマートロックおすすめ イメージ

設置方法は両面テープでドアの鍵に取り付けるだけと、簡単です。

以上、「家電批評2023年ベストバイ」で「年間ベスト・オブ・5つ星家電」に選ばれたスマートロック、スイッチボット「SwitchBotロック」の紹介でした。

後付け自動ロックの決定版。ちょっとの外出でも鍵をしめなくていいので、日常生活を快適にしてくれます。

引き続き、「家電批評2023年ベストバイ」をご紹介していきますので、お楽しみに!

家電おすすめスマートロックの売れ筋ランキングもチェック!

スマートロックのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。