家電おすすめ『家電批評』2023年ベストバイを発表!

2023年も『家電批評』はさまざまな家電製品をテストしてきました。そこでテストしてきた製品を振り返り、絶対におすすめしたいものをピックアップ。「家電批評2023年ベストバイ」として発表します。

自分へのご褒美にも、大切な人へのギフトにもおすすめなベスト家電カタログです!

【家電批評2023年ベストバイ】の記事一覧はこちら

【家電批評2023年ベストバイ】の記事一覧はこちら 4Kプロジェクターおすすめ イメージ

今回は、「家電批評2023年ベストバイ」で数々の製品を制して選ばれた、XGIMI「HORIZON Ultra」です。ベストバイを獲得し続けてきた同メーカーの「HORIZON Pro」の上位機種で、さらなる進化を遂げた最強4Kプロジェクターです。

家電おすすめXGIMI「HORIZON Ultra」

  • XGIMIHORIZON Ultra
  • 実勢価格: ¥237,830検証時価格: ¥279,800

総合評価: 4.08

画質
 4.50
音質
 4.17
設置性
 3.50
接続性
 3.50
操作性
 3.00
機能性
 4.75

異次元の明るさを体感したい人は買うべき1台!

XGIMI「HORIZON Ultra」は、2021年に発売して以来ベストバイを獲得し続けた同メーカーの「HORIZON Pro」の上位機種に当たります。

『家電批評』の編集部員8人によるモニターテストを行い、どれだけ進化をしているのかを検証したところ、結果は流石のひと言でした。

「HORIZON Pro」から800ISOルーメンも輝度が上がっただけでなく、長焦点ホームプロジェクター初のドルビービジョンにも対応。さらに、色彩の鮮やかさやコントラストの向上にも余念がありません。

画質も音質も「HORIZON Pro」を寄せつけないクオリティ。特に驚いたのは輝度の高さで、電気がついたままの明るい部屋でもプロジェクターが十分楽しめます。音質は、低音がよくなり映画を楽しめるほどの迫力がありました。

異次元の明るさによる画質の綺麗さを体感したい人におすすめの一台です。

おすすめポイント
  1. とにかく明るい
  2. 音質も向上
  3. 接続方法が豊富
がっかりポイント
  1. リモコンは進化しておらず暗いとボタンが見えにくい
265mm
奥行
224mm
高さ
170mm
重量
5.2kg
輝度
2300ISOルーメン
OS
Android TV 11.0
スピーカー出力
12W✕2
型番
HORIZON ULTRA
異次元の明るさを体感したい人は買うべき1台! 4Kプロジェクターおすすめ イメージ

編集部員8名で画質と音質のモニターテストを実施。画質・音質ともに同メーカーの「HORIZON Pro」を越える結果となりました。

決めては明るさです。スペック値で比べると「HORIZON Pro」は1500ISOルーメン、「HORIZON Ultra」は2300ISOルーメンと差は歴然。実際に見ても「HORIZON Ultra」のほうが圧倒的に明るいです。

音質は画質以上に点数上で差が出る結果で、特に低音がよく出ている印象。その効果で映画の効果音の迫力がよりダイナミックに感じられました。

家電おすすめ「家電批評2023年ベストバイ」に選ばれた理由とは?

明るい部屋でも映像が明瞭!

明るい部屋でも映像が明瞭! 4Kプロジェクターおすすめ イメージ

とにかく驚いたのは輝度の高さ。セッティング中、部屋を明るくしたままでも映像がクッキリ見えて、その場にいた編集部員が「すごい!」と声をあげるほどでした。

建部博
MONOQLO/家電批評 編集長
建部博 のコメント

解像度とクリアさがいい。白飛びが抑えられたりと色の不自然さも軽減されてます。

阿部淳平
家電批評 編集長代理
阿部淳平 のコメント

明るい! ハイライトが伸び、明るい部分がきちんと表現されていて自然な印象。

明るい部屋でも映像が明瞭! 4Kプロジェクターおすすめ イメージ2

「HORIZON Pro」にはない標準モード。色が少し落ち着いた印象で再現度という意味ではこちらのほうが高そう。

明るい部屋でも映像が明瞭! 4Kプロジェクターおすすめ イメージ3

シネマモードでは彩度がアップ。色が鮮やかになり、雲や海を見ると赤色が乗っています。ただし、映画を見ると若干過剰すぎるのではという声もありました。

高音も大幅に進化! サウンドバー不要で楽しめる

プロジェクターの問題としてあげられる音質面も、サウンドバーなしで十分楽しめるレベルにまで進化。

特に複数の編集部員が挙げていたのが、人の声にハリがあり聞こえやすくなった点です。また、低音の迫力や指向性も感じられるようになり、映画を楽しめる合格ラインまできたのではないかと感じるほどでした。

加藤直樹
家電批評 編集部員
加藤直樹 のコメント

音の広がりと低音がPro比べても断然こちらが上。低音は特に響きが良い。

山内薫平
家電批評編集部
山内薫平 のコメント

細かい音は聞き分けられるし、迫力もあります。人の声や他の音も聞きやすい。

「Ultra」が高いと思うなら「Pro」もおすすめ!

  • XGIMIHORIZON Pro
  • 実勢価格: ¥148,417検証時価格: ¥197,890

総合評価: 3.70

画質
 4.17
音質
 3.33
機能性
 3.50
接続性
 3.50
操作性
 3.00
機能性
 4.50
おすすめポイント
  1. 映像が鮮やか
  2. 入出力端子が充実している
がっかりポイント
  1. 暗い部屋ではリモコンが操作しづらい
218.4mm
奥行
136.2mm
高さ
208.4mm
重量
2.9kg
輝度
1500ISOルーメン(2200ANSIルーメン)
OS
Android TV 10
スピーカー出力
8W✕2
型番
HORIZON PRO

「HORIZON Ultra」に王座は奪還されましたが、「HORIZON Pro」も画質の良さは十分。人によっては「こっちのほうが自然な鮮やかさ」との声もあるほどです。

八橋秀行
家電批評編集部 編集部員
八橋秀行 のコメント

「Ultra」は夕焼けの赤、青、紫の境界がはっきりしすぎて、逆に違和感を感じました。

金額的に「HORIZON Ultra」が高すぎると思う人は「HORIZON Pro」を選ぶのもアリです。

以上、「家電批評2023年ベストバイ」の4Kプロジェクター部門に選ばれた、XGIMI「HORIZON Ultra」​の紹介でした。異次元の明るさを体感できる、おすすめの一台です。

引き続き、「家電批評2023年ベストバイ」をご紹介していきますので、お楽しみに!

家電おすすめプロジェクターの売れ筋ランキングもチェック!

プロジェクターのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。