家電おすすめ『家電批評』2023年ベストバイを発表!

2023年も『家電批評』はさまざまな家電製品をテストしてきました。そこでテストしてきた製品を振り返り、絶対におすすめしたいものをピックアップ。「家電批評2023年ベストバイ」として発表します。

自分へのご褒美にも、大切な人へのギフトにもおすすめなベスト家電カタログです!

【家電批評2023年ベストバイ】の記事一覧はこちら

【家電批評2023年ベストバイ】の記事一覧はこちら イメージ

今回は「家電批評2023年ベストバイ」の「FDM式 3Dプリンター」部門でベストバイになった、初めての人も安心して使えるアンカー「AnkerMake M5」です。

家電おすすめアンカー「AnkerMake M5」

  • アンカーAnkerMake M5
  • 実勢価格: ¥79,992検証時価格: ¥99,900

初めて買うならコレがベスト!

アンカー「AnkerMake M5」は、3〜5万円で買える家庭用プリンター5製品の比較でベストバイになった製品。

特徴は、アプリ連携機能と初心者でも安心の使い勝手のよさ。アプリから印刷の進捗と様子を確認でき、任意で停止等の操作が可能です。

また、面倒なレベリング操作もオートで完了。レベリングとアプリ連携をすれば、すぐに始められるハードルの低さは大きな魅力です。

印刷スピードも速いです。大きいものや厚みのあるものも素早く、かつ高精度で印刷が可能。これから3Dプリンターを始める人にもおすすめです。

おすすめポイント
  1. 印刷スピードがかなり速い
がっかりポイント
  1. 稼働音がやや大きい
502mm
奥行
438mm
高さ
470mm
重量
12.6kg
タイプ
FDM方式
型番
V8111

家電おすすめ「家電批評2023年ベストバイ」に選ばれた理由とは?

印刷スピードの速さと精度を両立!

印刷スピードの速さと精度を両立! イメージ

やや糸引き(印刷時にできるくもの巣のような症状のこと)はあるものの、そのほかに目立つミスはほぼなし。

また、比較した他製品は同様のデータからの出力に30分以上かかりましたが、アンカー「AnkerMake M5」は15分ほどで完了。この速さで精度も高いのは驚きです。高さがあるものの印刷も安定しています。

えふてぃー 氏
3DプリンターYouTuber
えふてぃー 氏 のコメント

印刷速度を速くすると精度も落ちがちですが、これなら安心です

見やすいマニュアルで工具も充実している!

見やすいマニュアルで工具も充実している! イメージ

日本語対応の取扱説明書。写真付きでわかりやすいです。

見やすいマニュアルで工具も充実している! イメージ2

充実の工具類。これなら、初心者も安心です。

えふてぃー 氏
3DプリンターYouTuber
えふてぃー 氏 のコメント

最初から工具一式がついていると初心者のハードルがぐっと下がります!

アプリ連携で遠隔操作でき、進捗のチェックが可能!

アプリ連携で遠隔操作でき、進捗のチェックが可能! イメージ

専用アプリで印刷終了までの残り時間と進捗がカメラ越しにチェックできます。途中でミスが見つかった場合はアプリから停止などの操作も可能です。

えふてぃー 氏
3DプリンターYouTuber
えふてぃー 氏 のコメント

アプリから遠隔操作できるのは超便利! 外出中にプリントするのに重宝します

八橋秀行
家電批評編集部 編集部員
八橋秀行 のコメント

印刷のミスが見つかったとき、すぐに停止できたので、材料のロスも回避できました

以上、「家電批評2023年ベストバイ」の「FDM式 3Dプリンター」部門で選ばれた、アンカー「AnkerMake M5」の紹介でした。

高精度かつ高速で使えて、使い勝手も良し。3Dプリンターを使ってみたいけど難しそう……と思っていた初心者にもおすすめの3Dプリンターです。

引き続き、「家電批評2023年ベストバイ」をご紹介していきますので、お楽しみに!

家電おすすめ3Dプリンターの売れ筋ランキングもチェック!

3DプリンターのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。