家電おすすめ『家電批評』2023年ベストバイを発表!

2023年も『家電批評』はさまざまな家電製品をテストしてきました。そこでテストしてきた製品を振り返り、絶対におすすめしたいものをピックアップ。「家電批評2023年ベストバイ」として発表します。

自分へのご褒美にも、大切な人へのギフトにもおすすめなベスト家電カタログです!

【家電批評2023年ベストバイ】の記事一覧はこちら

【家電批評2023年ベストバイ】の記事一覧はこちら コーヒー豆焙煎機おすすめ イメージ

今回は「家電批評2023年ベストバイ」の「年間ベスト・オブ・5つ星家電」に選ばれた、自宅でコーヒー豆を焙煎できて、家庭でワンランクアップのおいしいコーヒーを飲めるダイニチ「家庭用コーヒー豆焙煎機 MR-F60A」​です。

家電おすすめダイニチ「家庭用コーヒー豆焙煎機 MR-F60A」​

  • ダイニチ家庭用コーヒー豆焙煎機 MR-F60A
  • 実勢価格: ¥34,760検証時価格: ¥34,760

趣味のコーヒー時間がレベルアップする焙煎機!

おいしいコーヒーを淹れる方法のひとつが、自身で生豆(「なままめ」または「きまめ」)を焙煎すること。手網に生豆を入れて火にかける方法もありますが、常にコンロの前で手を動かす必要があり、焙煎ムラができる可能性があります。

そこでおすすめなのが、生豆を入れたら自動で焙煎し、豆本来の味を引き出せるダイニチ「家庭用コーヒー豆焙煎機 MR-F60A」です。

生豆を入れ、焙煎レベルを5段階から選ぶと、焙煎運転を15分間、冷却を10分間行って焙煎が終了。焙煎したコーヒー豆を見ると、ムラのない均一な茶色になっていました。浅煎りや深煎りもしっかりできます。

ただし、稼働音はやや大きく、周囲に香りも漂うので夜中の稼働は注意が必要です。

使用後は、上ブタのゴミを捨てるだけなのでお手入れもラクちん。コーヒーを趣味にしている人は、趣味の時間がいっそうはかどるアイテムです。

おすすめポイント
  1. 焙煎したての豆を楽しめる
  2. 焙煎度合いを変えられる
  3. スイッチがわかりやすい
がっかりポイント
  1. 稼働音が大きめ
241mm
奥行
186mm
高さ
280mm
重量
2.3kg(約)
消費電力
1300W
電源コードの長さ
1.3m
趣味のコーヒー時間がレベルアップする焙煎機! コーヒー豆焙煎機おすすめ イメージ

豆本来の味を引き出します!

三輪徳子 氏
カフェ・トロワバグ オーナー
三輪徳子 氏 のコメント

昔の焙煎機はもっと高かったので、この価格でも納得です。

家電おすすめ「家電批評2023年ベストバイ」に選ばれた理由とは?

均一にムラなく焙煎できる

均一にムラなく焙煎できる コーヒー豆焙煎機おすすめ イメージ

まずは生豆を入れます。

均一にムラなく焙煎できる コーヒー豆焙煎機おすすめ イメージ2

焙煎レベルを5段階から選ぶと、違いがちゃんとわかります。

三輪徳子 氏
カフェ・トロワバグ オーナー
三輪徳子 氏 のコメント

深煎りのコーヒー豆は酸味が抑えられて、苦味が引き立っていました!

お手入れも楽にできる!

お手入れも楽にできる! コーヒー豆焙煎機おすすめ イメージ

焙煎後の片付けはも簡単。チャフコンテナセット(上蓋)にチャフ(焼けたコーヒー豆の薄皮)が溜まります。裏返してゴミ箱に捨てるだけです!

三輪徳子 氏
カフェ・トロワバグ オーナー
三輪徳子 氏 のコメント

事前にコーヒー豆の大きさが同じぐらいのものを選別すると、煎りムラを防げてコーヒーの味も安定します。

以上、「家電批評2023年ベストバイ」の「年間ベスト・オブ・5つ星家電」に選ばれた、ダイニチ「家庭用コーヒー豆焙煎機 MR-F60A」​の紹介でした。

「自家焙煎で淹れたコーヒーってこんなにおいしいの!?」と驚くはず。一度使えば、週末などのコーヒーを楽しむリラックスタイムに新定番となること間違いなしです!

引き続き、「家電批評2023年ベストバイ」をご紹介していきますので、お楽しみに!

家電おすすめコーヒー豆の売れ筋ランキングもチェック!

コーヒー豆のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。