メンズヤーマン「ミーゼ ニードルヘッドスパリフト アクティブ MS-32G」

  • ヤーマンミーゼ ニードルヘッドスパリフト アクティブ MS-32G
  • 実勢価格: ¥21,299

頭皮をしっかりとつかみあげてほぐす!

ヤーマン「ミーゼ ニードルヘッドスパリフト アクティブ MS-32G」は、使い勝手がベストなおすすめヘッドマッサージャー。

ヘッドスパにより、頭皮をもみほぐして血行促進を促せます。本製品は、頭皮をしっかりつかみあげて、つまむようなもみ心地が特徴。

もむ強さは3段階で選択でき、突起が異なる2種のブラシは取り外しも簡単と、使い勝手の面も優秀でおすすめ。手にしっかりとフィットする持ちやすさも高評価です。

おすすめポイント
  1. ブラシの交換が手軽にできる
  2. しっかり頭皮をつまんでほぐせる
  3. 持ちやすい
がっかりポイント
  1. 2万円は高めかも
97mm(約)
奥行
105mm(約)
高さ
103mm(約)
重量
287g(約)
防水性能
◯(IPX7)
使用可能部位
頭、顔、首、肩
型番
MS-32G

手にしっかりフィットする

手にしっかりフィットする メンズヘアケアおすすめ家電おすすめ イメージ

指がしっかりと本体のくぼみにフィットするので、持ちやすいです。

中山壮太
家電批評編集部
中山壮太 のコメント

少し重さがあり、長時間持つのはツラいですが、その分頭皮にしっかりと突起が当たります。サイズも手のひらにフィットして持ちやすいです。

メンズテスコム「マイナスイオン ヘアードライヤー TD430B」

  • テスコムマイナスイオン ヘアードライヤー TD430B
  • 実勢価格: ¥3,480

多機能で高い汎用性。家族みんなで使える!

テスコム「マイナスイオン ヘアードライヤー TD430B」は、コスパがベストだと評価されたドライヤーです。

他社の同価格帯のモデルと比べて圧倒的に多機能! ダイヤルで風の範囲を調節でき、スイッチの組み合わせで多彩な使い方が可能なのでおすすめです。

特筆すべきは、速乾性と仕上がりの両立。朝の急ぎのときなど時間のない人は重宝するはず。高温が出せるため、くせ毛直しにもおすすめです。

おすすめポイント
  1. 温風温度、風速は比較した8機種でNo.1
  2. 高い次元でバランスが取れた万能機
215mm(フード付き)
奥行
95mm(フード付き)
高さ
298mm(フード付き)
重量
540g(フード付き)
風量
1.8m³/分
温風温度
115℃(約)(DRY‐HIGH・室温30℃のとき)
型番
TD430B-P

用途別に温度や送風を設定できる

用途別に温度や送風を設定できる メンズヘアケアおすすめ家電おすすめ イメージ

高温と低温が選択できます。

用途別に温度や送風を設定できる メンズヘアケアおすすめ家電おすすめ イメージ2

風量も3段階で調節できます。冷風は別ボタン式で便利です!

福島康介 氏
美容師 Sugar.c サロン代表
福島康介 氏 のコメント

設定のバリエーションが多いので、使う人が限定されにくいです。それぞれに合った温度や風量で使える汎用性の高さがいいですね!

メンズルメント「コードレス ストレートヒートブラシ LM-CSHB01」

  • ルメントコードレス ストレートヒートブラシ LM-CSHB01
  • 実勢価格: ¥6,970

髪をとかすだけでうねりを即効リセット!

ルメント「コードレス ストレートヒートブラシ LM-CSHB01」は、扱いやすさがベストなヒートブラシ。

ヒートブラシは熱の力で髪をとかしますが、本製品は最高温度200℃まで5段階の調節ができるのが特徴。うねっていた髪がストンと落ちるようにまっすぐになり、仕上がりも良好なのでおすすめです。

ブラシの横幅が広く、髪の広範囲を一気にとかすことができる点も、忙しい朝に最適です。

おすすめポイント
  1. ボリュームダウンしやすい
  2. 絡まりやすい髪もとかしやすい
  3. ボタンを操作しやすい
がっかりポイント
  1. 長時間使うには重い
  2. ブラシが熱い
サイズ
約W43×D43×H199mm
重量
約222g(本体のみ)
設定温度
120/140/160/180/200℃
充電時間
約4時間
連続使用時間
約20〜40分(使用状況によって異なります)
型番
LM-CSHB01

誤操作しにくいボタン配置!

誤操作しにくいボタン配置! メンズヘアケアおすすめ家電おすすめ イメージ

丸みを帯びた太めの持ち手が握りやすく、指に触れにくいボタン位置のため、誤操作も起こしにくいです。ただ、割と重みがあるので、人によっては長時間使うとややツラいかもしれません。

建部博
MONOQLO編集長/家電批評統括編集長
建部博 のコメント

どちらかといえば、うねって絡まりやすい髪や広がりやすい髪を上から抑えてボリュームダウンさせるのに向いています。

以上、おすすめのヘアケア家電3選、使いやすいヘッドマッサージャーとヒートブラシ、コストパフォーマンスが高いドライヤーの紹介でした。

暑さでだらしなくなってしまいがちな季節だからこそ、ベストバイな家電で清潔感をキープしましょう。

メンズドライヤーの売れ筋ランキングもチェック!

ドライヤーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。