<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『MONOQLO』2019年11月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

普通のビールはお酒の中でも
特に糖質が高いんです~!

ビール缶1本分(350ml)には、約10g程度の糖質が含まれています。これはごはんでいうとお茶碗約1/5杯(30g)と同じ。お酒で比べると同じ量でワインは1~3g、焼酎やブランデーは0gなので、ビールは最も糖質が高いお酒なんです。

ここに唐揚げなどのおつまみを加えてしまうと、さらに糖質がアップしてしまうので、糖質制限中ならビールは避けた方がベターと言えます。

糖質オフの発泡酒ならOK
気になる人工甘味料も許容範囲

それでも、仕事終わりや食事の際の一杯目のビールは我慢していても飲みたくなることありますよね。そんな時には糖質オフの発泡酒を選べば、問題を解決できます! ちなみに、糖質オフのビールは発泡酒の分類になるため、ここでは発泡酒という表記で紹介させていただきます。

発泡酒は人工甘味料を入れることで糖質オフを実現しています。人工甘味料というとちょっと心配ですが、人工甘味料の量は少ないため、発泡酒に含まれる程度の量なら許容範囲。とはいえ、飲みすぎはNGなので調整しましょう。

糖質オフと糖質ゼロの違い!

「糖質オフビールと糖質ゼロビールがあるけど、意味は同じだよね?」と勘違いしている方が多くいらっしゃいます。結論からいいますと、2つの意味は全く異なります。2つの意味を理解し、購入時に迷わないようにしましょう。

食品表示法では、以下のように決められています。

「糖質オフ飲料=飲料100ml当たり糖質量が2.5g以下のもの」

「糖質ゼロ飲料=飲料100ml当たり糖質量が0.5未満のもの」

このように、糖質オフと糖質ゼロの意味は全く異なります。糖質オフと糖質ゼロでは、100ml当たりの糖質量が2gも異なるのです。ここから言えることは、糖質を徹底的にカットして健康やダイエットに専念したいという方には、糖質ゼロビールがおすすめです。ただ、糖質ゼロビールはかなりさっぱりとした味なため、物足りないという方は糖質オフビールを選ぶのがおすすめです。

糖質オフビールの選び方

1 糖質量で選ぶ
糖質量は缶の側面に記載されていることがほとんどで、簡単に確認することができます。健康に気を遣っているという方やダイエットをしているという方は、迷っている商品の糖質量を見比べてみて、糖質量がより少ないものを選びましょう。缶の表面の、「糖質○○%オフ」という記載はあまり参考になりません。あくまでも参考程度で、基本的には缶の側面の糖質量を確認するようにしましょう。

2 性質で選ぶ
従来の糖質オフビールに含まれるプリン体は、尿酸値を気にしている方にとっては天敵ですよね。そこでおすすめしたいのが、プリン体ゼロの糖質オフビールです。プリン体ゼロの記載は、缶の表面になされていることが多いのでわかりやすいです。尿酸値を気にしているという方は、ぜひプリン体ゼロの性質がある糖質オフビールを選んでみてください。

3 成分で選ぶ
糖質オフビールには、甘味料をはじめとした添加物が含まれていることが多いです。しかし、商品によってはその添加物を抑えて作られたものもあります。そのため添加物を取り入れたくないという方には、添加物無しの糖質オフビールを選ぶことがおすすめです。

4 味や香りで選ぶ
糖質オフビールは、一般的なビールと比べて風味の豊かさにか欠ける傾向があります。

ですが近年では風味にこだわった糖質オフビールが発売されており、その再現性もとても高いです。ですからより従来のビールに近い味を楽しみたいという方には、風味にこだわった糖質オフビールを選ぶことがおすすめです。風味の良し悪しの確認には、商品の口コミやラベルの情報のほか、このおすすめランキングも参考にしてみてください!

5 アルコール度数で選ぶ
糖質オフビールは従来のビールと比べて、アルコール度数が幅広いです。アルコール度数は高くて6%、低くて3%に設定されており、2倍の差があります。従来のビールだとアルコール度数を選ぶことはできませんが、サワーのようにアルコール度数を選ぶことができるのは、糖質オフビールならではの魅力ですね。その時の状況に合わせて、アルコール度数の高いものや低いものを選んでみてください。

旨いダイエットビールは?
飲み比べてみた結果を発表

糖質オフの商品が注目され、ここ数年ではアサヒやキリン、トップバリュなどのプライベートブランドなど多くの会社から糖質オフの発泡酒が発売されています。うれしい半面、これでは数が多すぎてどれがよいのか選びきれません。そこで、今回は実際に商品を購入して飲み比べてみました!

ビアバー 「sansa」店主の橋本一彦さんに協力していただき、プロの舌で採点してもらいました。

採点項目は以下の4項目。これらを総合してランキングにしました。

チェック項目1:おいしさ[10点満点]

チェック項目2:バランス[10点満点]
味だけではなく、のどごしのよさ、香りのよさなどもチェック。

チェック項目3:糖質[5点満点]
今回のテーマが糖質オフなので、糖質は低い方が◎です。

チェック項目4:コスパ[5点満点]
自宅で飲むなら価格も気にしたいところ。コスパがよければ財布にも優しいです。

それでは、採点結果とともに 1位から発表していきましょう。

濃厚な麦芽エキスを抽出!
「クリアアサヒ 贅沢ゼロ」

アサヒビール:クリアアサヒ  贅沢ゼロ:お酒

アサヒビール 
クリアアサヒ
贅沢ゼロ
実勢価格:118円

※セット商品のリンクに移動します。

▼テスト結果
おいしさ :7点
バランス :8点
糖質   :5点
コスパ  :4点
糖質   :0g
カロリー :136.5kal

総合   : 24点

橋本一彦 氏
ビアバー「sansa」店主
橋本一彦 氏 のコメント

麦汁の味と香りがしっかりしていますね!

最高評価に輝いたのは、麦の香りとエキスを抽出した「アサヒビール クリアアサヒ 贅沢ゼロ」でした。キレのあるのどごしでもっとも飲みやすく、苦みも程よくあと味も良いと好評! ビールらしいうまみを感じられました。

ポイント1:おいしさ
すっきりした味わいでしっかりとした飲みごたえと、うまみを感じられます。麦のうま味がしっかりで、雑味が少なくあと味◎。麦芽をふんだんに使用しているからうまみが強いです。

ポイント2:バランス
のどごしがよく麦の香りも十分と、全体的なバランスが優秀と高評価。ビールらしさを味わえ、アルコール6%でちゃんと酔えます!

ポイント3:糖質
麦汁自体にある糖質を独自の製法でゼロにしています。このおいしさでゼロは優秀。

ポイント4:コスパ
ほかの発泡酒と同様の価格。これならストックしておきやすいです

人工甘味料は使ってません
「金麦 リッチモルト 糖質75%OFF」

サントリービール:金麦 リッチモルト 糖質75%OFF:お酒

サントリービール
金麦 リッチモルト 糖質75%OFF
実勢価格:119円

※セット商品のリンクに移動します。

▼テスト結果
おいしさ :6点
バランス :9点
糖質   :3.5点
コスパ  :4点
糖質   :1.75~2.8g
カロリー :105kal

総合   : 22.5点


第2位はサントリーの「金麦 リッチモルト 糖質75%OFF」です。麦芽をふんだんに使った金麦で、独特の香りで甘みと苦味を感じつつも味にキレがありました。100%天然水を使用しており、人工甘味料や香料もゼロなので体にも優しいです。

ホップの芳醇な香りを感じる
「淡麗 グリーンラベル」

キリンビール:淡麗 グリーンラベル:お酒

キリンビール
淡麗 グリーンラベル
実勢価格:138円

※セット商品のリンクに移動します。

▼テスト結果
おいしさ :7.5点
バランス :7点
糖質   :3.5点
コスパ  :3.5点
糖質   :1.75~3.85g
カロリー:98kal

総合  : 21.5点


第3位はキリンの「淡麗 グリーンラベル」。糖質オフのビールといえば、この商品が先駆けです。ホップの効きとフルーティーな風味で香りのよさはベスト! のどごしも味わいも爽やかで飲みやすいです。

発泡感しっかりでのどごし爽やか
「淡麗 プラチナダブル」

キリンビール:淡麗 プラチナダブル:お酒

キリンビール
淡麗
プラチナダブル
実勢価格:138円

※セット商品のリンクに移動します。

▼テスト結果
おいしさ :6点
バランス :7点
糖質   :5点
コスパ  :3.5点
糖質   :0g
カロリー :108.5kal

総合  : 21.5点


同率3位となったのは同じキリンの淡麗シリーズから「淡麗 プラチナダブル」でした。もたっとした厚みは感じるものの、のどごしスッキリ。プリン体と糖質はゼロで、キレが良く爽やかな飲み口です!

5位: 香りも味も軽く薄さが目立った
「スタイルフリー 糖質ゼロ」

アサヒビール:スタイルフリー 糖質ゼロ:お酒

アサヒビール
スタイルフリー
糖質ゼロ
実勢価格:140円

※セット商品のリンクに移動します。

▼テスト結果
おいしさ :5.5点
バランス :4点
糖質   :5点
コスパ  :3点
糖質   :0g
カロリー :84kal

総合   : 17.5点


第5位は「アサヒビール スタイルフリー 糖質ゼロ」。糖質はゼロなのですが、人工甘味料独特の甘さを感じてしまいました。ただ、飲み心地は軽さを感じてスッキリした味わいです。

6位: ベリーのような香りがする
「のどごしZERO」

キリンビール:のどごしZERO:お酒

キリンビール
のどごしZERO
実勢価格:115円

▼テスト結果
おいしさ :4点
バランス :4点
糖質   :5点
コスパ  :4点
糖質   :0g
カロリー :94.5kal

総合   : 17点


第6位はキリンの「のどごしZERO」です。人工甘味料不使用でプリン体と糖質もゼロ。ブルーベリーのような独特のフレーバーがあり、苦味はないのですが、ビールとしては今ひとつでした。

7位: コスパは◎ 苦みがちょっと弱い
「麦爽快70%オフ」

ノルレェイクインターナショナル:麦爽快70%オフ (マルエツPB):お酒

ノルレェイクインターナショナル
麦爽快70%オフ
(マルエツPB)
実勢価格:86円

▼テスト結果
おいしさ :4点
バランス :4点
糖質   :3点
コスパ  :5点
糖質   :3.68g
カロリー :115.5kal

総合   :16点


第7位はマルエツのプライベートブランド「ノルレェイクインターナショナル 麦爽快70%オフ」です。苦味も甘みも薄いと味の評価は厳しめ。もう少し風味が欲しいと今ひとつ物足りない印象でした。

8位: コスパは良いがパンチ力なし
「バーリアル糖質50%OFF」

トップバリュ:バーリアル糖質50%OFF :お酒

トップバリュ
バーリアル糖質50%OFF
実勢価格:84円

▼テスト結果
おいしさ :4点
バランス :4点
糖質   :2点
コスパ  :5点
糖質   :7g
カロリー :112kal

総合  : 15点


惜しくも最下位となってしまったのは「トップバリュ バーリアル 糖質50%OFF」でした。ほどよい炭酸で、苦味と甘みを低めにしているためパンチが足りないのが惜しい! ビールと呼ぶには物足りなさが目立ってしまいました。

ベストは「クリアアサヒ」も
甲乙つけがたい結果に

以上、糖質オフ発泡酒のおすすめランキングでした。糖質オフの代表格、発泡酒は種類も増えて激戦区。それだけに甲乙つけがたい結果となりました。

味のキレとのどごしのよさを重視したいなら贅沢ゼロが第一候補ですが、上位製品はどれも優秀なので、好みと気分で飲み分けるのもアリ!ただし、飲みすぎないよう注意が必要です。また、おつまみを食べ過ぎてはダイエットにならないので食事にも気をつけておきましょう。